海外旅行で防犯対策ができるおすすめグッズ8選

海外旅行をお考えのみなさま、防犯についてはお考えでしょうか?

日本は世界的に安全性が非常に高いため、日本人は防犯対策にあまり関心がないことがあります。

日本人の旅行先として、人気のパリやローマなどのヨーロッパの国では、普通にスリが多発しています。

特に、日本人はそうした犯罪に遭いやすくなっています。

理由としては

・防犯に対する考え方が甘いこと

・日本人はお金をいっぱい持っていると思われていること

の2点が考えられます。

旅先ではいつどこで自分の持ち物が狙われているかわからないため、常に自分の荷物や貴重品には気を付けておくことが重要です。

今回ご紹介するような防犯グッズをしっかりと用意して、安全に海外旅行を楽しみましょう。

海外旅行防犯対策グッズ「パスポートケース」

海外旅行では、最悪の場合、パスポートとクレジットカードを持っていればなんとかなります。

しかし、そうしたパスポートやクレジットカードは盗難に遭う可能性がとても高いです。

特にクレジットカードで最近増え始めているのは、スキミングをして個人情報を抜き取ってしまうという被害が急速に増えています。

スキミングとは、クレジットカードやキャッシュカードなどの磁器カードを特殊な機械を使って抜き取り、全く同じ情報を持つクローンカードを複製する犯罪のことです。

そうしたスキミングに対しても、スキミング防止用のケースにクレジットカードやパスポートを入れておくと防ぐことができます。

また、こうしたケースにパスポートやカード類やお金関係をまとめておくことが、管理もしやすいので、是非持っておくといいでしょう。

特に、防水性や耐久性、通気性に優れているものを選ぶと、長く愛用できるでしょう。

 

海外旅行防犯対策グッズ「セキュリティワイヤーケーブル」

こちらは移動する際の防犯対策に効果抜群なグッズがセキュリティワイヤーケースです。

特に旅行先で電車移動などが多い方につかっていただきたいです。

セキュリティワイヤーケースは南京錠などと違い、カバンと固定物をロックすることができますので、防犯度が高いのです。

ワイヤーを必要な長さに伸ばしてロックすることができます。

事前に旅行先の情報先を調べて、スリなどが多い地域であれば、街歩き用のカバンのファスナーなどにもロックをかけていると安全です。

南京錠と合わせて使うと、さらに安全度があがります。

持ち歩くカバンの分だけ、持っておくといいでしょう。

 

海外旅行防犯対策グッズ「防犯ブザー」

日本では防犯対策として、子供に持たせる親御さんも増えてきた防犯ブザーですが、海外旅行に行く際は大人の方でも持っていくようにしましょう。

冒頭でも書いた通り、海外ではスリが横行しています。

そうしたスリに遭ったときに防犯ブザーを鳴らして、強盗を追い払ったことがあるという話はよく耳にします。

また、スリだけでなく、何かの犯罪に巻き込まれたときや巻き込まれそうなときに防犯ブザーを鳴らせば、周りの人に危険を知らせ助けを求めることができます。

海外では自分の身は自分で守ることになります。

人はとっさの時に声が出なくなってしまうものです。

ましてや言葉の分からない国では、言葉で助けを呼ぶことが難しいこともあります。

相当大きな音が出ますので、万が一の際にも周囲にSOSを発信することができます。

 

海外旅行防犯対策グッズ「TSAカードキーロック」

日本人に人気の旅行先ハワイやアメリカに行く際にはTSAカードキーロックを忘れないようにしましょう。

TSAカードキーロックとはカードで施錠する南京錠のことです。

クレジットカードサイズのカードがカギになっているため、お財布に保管することができます。

暗証番号を忘れてしまったり、カギを失くすなどのトラブルも防ぐことができます。

なにより、アメリカでは9.11の同時多発テロ以降、航空機への荷物の持ち込みの取り締まりを非常に強化しており、TSA職員が持ち主のいないところで中身をチェックしています。

その際に一切施錠しないことが求められています。

ですので、カギなどで施錠をしていると、カギを壊して強引にチェックされてしまいますが、運輸保安庁係官が錠機構を破壊することを認められているため、破壊されたり内容物の盗難があっても損害補償が一切ありません。

それでは、私たちのスーツケースなどが壊されてしまうことになりますので非常にこまります。

その解決策として出たのが、このTSAカードキーロックです。

ようするに、これであればTSA職員がロック解除できるため、スーツケースなどを壊されることなくチェックしてもらえるのです。

最近ではTSAロック付きのスーツケースも数多く購入することができます。

もしTSAロックが付いていない場合でも、TSAカードキーロックを使えば問題なしです。

 

海外旅行防犯対策グッズ「マネーバッグ」

先ほどから書いてある通り、海外ではスリや窃盗が大変多く、その場合、大変雑な場合も多く、とりあえず目に見えているバッグを盗むケースが多いです。

目に見えているカバンに大金や貴重品を入れてしまっておくと、大ピンチの場合が多いです。

そこで、海外旅行では定番グッズとも言えるマネーバッグです。

中に貴重品を入れて、腹巻のように服の下に巻いて、貴重品を守ります。

予備の現金やクレジットカード、パスポートなどをこのベルトにしまっておいて、服の下に装備するのが良いでしょう。

マネーバッグは外から見ても、一見何もないように見える優れものです。

ドミトリータイプなどセキュリティの低いホテルに泊まるときなどは、就寝時もこのマネーバッグをしたまま寝たほうが安全です。

邪魔くさいなど結局使わなかったという意見もありますが、少し面倒でもつけておくことをおススメします。

海外旅行防犯対策グッズ「パックセーフ」

あまり聞きなれないものかと思いますが、これはバックパックを守る商品となっています。

バックパックは世界一周旅行される方や整備されていない国に行く方が好んで使われますが、そうした方以外にも最近では荷物の持ち運びが便利という理由で使う方が増えています。

荷物の持ち運びが楽でメリットの多いバックパックですが、荷物の取り出し口が自分から見えない背面にあるため、荷物が取られやすいのが難点です。

ナイフなどで切り裂かれて、荷物を盗られてしまうことも少なくありません。

そんな、バックパックを守るのが、このパックセーフです。

バックパックなどをステンレス製のメッシュで包むことで、ナイフなどで切り裂かれて中の荷物を盗られることを防ぐことができます。

また、このパックセーフをつけていることで、防犯意識が高いというアピールになるので、犯罪への遭遇率を下げることができます。

バックパックを使われている方はぜひつけてもらいたいグッズです。

 

海外旅行防犯対策グッズ「みはって!365」

こちらもスリに対する防犯グッズになります。

旅行者にとって荷物は守り抜かなければならない物です。

そんな時、海外にいても、スマートフォンが防犯アラームになってしまうのがこのアプリです。

大きな荷物を持っていけない場面などで役に立つアプリになります。

荷物の中にあらかじめアプリを起動したスマホをいれておくことで、第三者がその荷物を少しでも動かした時点で大きな警告音が鳴ります。

警告音が鳴ると位置情報があらかじめ登録したメールアドレスへ送信されます。

ただ、設定したパスワードを正確に入力しないと鳴りやまないので、日常生活で気を付ける必要があります。

人がいるところで誤作動してしまうと、大音量で周囲からの注目をあびてしまうので、気を付けましょう。

海外旅行防犯対策グッズ「海外旅行保険」

盗難などの被害はもちろん、現地で買ったものが壊れてしまった時のショッピング補償がついている保険もあります。

海外に行くなら入っておいたほうがいいです。

クレジットカード付帯のものなどもありますので、結局必要なのかどうか分からないという方も多いのではないでしょうか。

入っていないことで、万が一のときにトラブルになってしまうこともあるので、入っておいたほうがいいでしょう。

以前と違い、海外に気軽に行けるようになりました。

ツアーという形ではなく、自分たちで泊まる宿から、すべてを手配し、個人的に旅行を楽しむケースも増えてきました。

しかし、そうしたことで、いろいろな旅を楽しめるようになった反面、病気やケガ、盗難などトラブルに巻き込まれるケースも増えています。

そうしたときに、海外旅行保険に入っていると、トラブルを回避できる可能性があがります。

特に、すべての国ではありませんが、行先によっては高額な医療費が発生する場合があります。

このようなときにも海外旅行保険が役立ちます。

そして、医療費のほかに損害賠償補償、携行品の補償などがあります。

例えば、携行品の補償については、病気やケガに比べればマシですが、旅行に行って荷物が届かないという状況になってしまっては問題になってしまいます。

損害賠償補償についても、事故などで自分が加害者になってしまった場合、現地での対応は困難を極めます。

こうした際に、海外旅行保険に入っているとコールセンターで対応してくれるところがほとんどで、外国語に自信がない人にとっては大変助かることです。

そのためにも、海外旅行保険に入っておくとやはり安心です。

海外旅行を無料で付ける方法

海外クレカ1位:三井住友VISAクラシックAカード

メディアで海外用クレジットカードとしてほぼ必ず名前がでてくるのが三井住友VISAクラシックAカードです。
三井住友VISAクラシックAカードの特徴は下記の通りです。

  1. 年会費が初年度無料(2年目以降1500円)
  2. 国内旅行保険・海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. キャッシュレスで海外で治療がうけられる
  4. 海外旅行保険適応時に日本語でサポートが受けられる

三井住友VISAクラシックAカードのいいところは圧倒的な安心感です。

年会費無料のクレジットカードで海外旅行保険がついてくると記載されているものもありますが、適応のために条件があったり、現地で治療費を建て替える必要があったり(高額で払えないことが多い)、英語で会話する必要があったりと実際使って見ると使い物にならないことも多いですが、その点は三井住友VISAクラシックAカードは一切て抜きしていないので安心して利用することができます。

海外クレカ2位:REXカード

よくメディアで海外用最強クレジットカードとして三井住友VISAクラシックAカードと合わせて名前がでてくるのがREXカードです。
REXカードの特徴は、下記の通りです。

  1. 年会費が無料
  2. 年会費無料で海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 利用金額に応じた還元率が1.25%と超高還元
  4. 最大5000円分ポイントプレゼント

年会費無料のカードでありながら、海外旅行保険の補償額がしっかりしており、海外旅行保険の適応条件も特にないため非常に海外旅行者にとってお得なカードになっております。

また、REXカードがすごいところは還元率が0.5%のクレカが多い中、還元率1.25%という、相当すごい還元率なので、海外旅行関係なくメインカードとして利用すべきカードと断言できます。

危機感を持って行動を!

今回は防犯グッズをお伝えさせていただきましたが、海外旅行に行く際に、とにかく重要なのは、海外は日本とは違うということです。

日本人は、自分たちも普段安全なところにいるため、セキュリティに甘いところがあります。

そのようなことを一部の外国の悪い人は分かっているため、狙われやすいのが現状です。

いかに自分の荷物や貴重品をきちんと自己管理するかということではないでしょうか。

せっかくの旅行で、犯罪や事故などに巻き込まれてしまっては残念ですよね。

事前に防げるものはしっかりと防ぐことが重要ですので、自分自身で、楽しい旅行になるようにしましょう