奄美大島旅行に必要な持ち物リスト2022年最新版

奄美大島に旅行で行くことになってワクワクしているけどなんだか忘れ物をしてそうで不安という方も多いのではないでしょうか。特に奄美大島のような海が美しいところに行くと、マリンアクティビティをする方も多いため特にマリンアクティビティ関連で忘れ物をしていそうと感じる方も多いと思います。

今回は奄美大島旅行に必要な持ち物を貴重品や衣類、マリンアクティビティ関連などカテゴリーを分けて表形式でまとめていますので奄美大島旅行に行かれる前に是非参考になさってください。

奄美大島旅行の持ち物【貴重品編】

奄美大島は美しい自然が広がっているので普段都市部で簡単にできているATMでの現金の引き下ろしなどに意外と苦労するかもしれません。どこでも必要な分だけ現金をおろせると思わず、必要な金額を見積もって用意しておくほうが安心です。

また、運転をするのであれば免許証やETCカードを忘れずに持っていきましょう。航空券もメールで確認メールが届いていてそれさえあれば問題ない場合がほとんどですが空港についてからそのメールが見つからないという場合があるのでプリントアウトしたり、メールがすぐ出せるところにあるか確認をしておいたほうが安心です。

持ち物持ち物重要度機内持ち込み詳細情報
クレジットカード
(5.0 / 5.0)
現金
(5.0 / 5.0)
キャッシュカード
(5.0 / 5.0)
スマートフォン
(5.0 / 5.0)
免許証
(3.0 / 5.0)
保険証
(5.0 / 5.0)
学生証
(3.0 / 5.0)
ETCカード
(2.0 / 5.0)
航空券
(5.0 / 5.0)

国内旅行の航空券は比較サイトを使うと格安航空券が見つかるかも

航空券を予約する方法として、旅行代理店や航空会社の公式HP等いろいろな方法がありますが、航空券比較サイトを利用してオンラインで予約する方法が最も格安航空券を見つけられる可能性が高いです。

航空券比較サイトは多くありますが、小さい比較サイトの場合は比較で着る航空会社が絞られていたりするのでエアトリのような大手の比較サイトを利用することをおすすめします。

下の図はエアトリのサイトに2022年3月時点で記載されている航空券の最安値ですが、東京(羽田)発で北の札幌は5000円台、南の沖縄は6000円台となっており、驚きの価格になっています。

国内旅行におすすめのクレジットカード

国内旅行時はクレジットカードを下記の理由で必ず持っていくという人も多いです。旅行が好きな方で少し年会費がかかっても空港ラウンジや国内旅行保険などの特典があるカードがいいという方はANA AMEXカードがおすすめです。

また、年会費は払いたくないけど、クレジットカードは持っておきたいという方はエポスカードがおすすめです。エポスカードは空港ラウンジや国内旅行保険等の特典はありませんが、無料で海外旅行保険が付帯する珍しいカードですし、利用を続けていると利用金額によって年会費無料でラウンジ利用等もできるエポスゴールドカードの招待が届くこともあるので、作っておいて損はないカードです。

  1. クレジットカードがあれば多額のお金を持ち歩かなくても良い
  2. 支払明細が見れるので旅行後に割り勘をしやすい
  3. 旅費分カード決済すればポイントが貯まる
  4. 空港ラウンジが使える場合がある
  5. 国内旅行保険が付帯する場合がある
カード名ANA AMEXカードエポスカード
年会費7,700円(税込)永年無料
カードブランドAMEXVISA
ポイント還元率1.0%0.5~1.0%
発行スピード通常2週間程度最短即日
マイル交換ANA/JALANA/JAL
マイル交換レート1ポイント=0.5マイル1ポイント=0.5マイル
海外旅行保険利用付帯自動付帯
国内旅行保険利用付帯
空港ラウンジ無料
ETCカード発行手数料:935円
年会費:無料
発行手数料:無料
年会費:無料
詳細詳細を見る詳細を見る

奄美大島旅行の持ち物【荷造り編】

奄美大島に必要な持ち物はスーツケースに詰めて持っていかれる方が多いと思います。実際奄美大島についてからはマリンアクティビティをするために海に行ったり観光に回ったりすると思おうのですがその際はスーツケースではなく街歩き用のかばんを持って歩くことになるのでスーツケースにすべて入れて安心するのではなく、ついてから持ち運ぶことも考えてかばんやスーツケースを用意しましょう。

衣類がかさばってしまってスーツケースに荷物が入らない場合は圧縮袋を活用するのがおすすめです。手巻きタイプの圧縮袋であれば奄美大島から帰ってくるときも再度現地で圧縮することができるので是非活用を検討してみてください。

持ち物持ち物重要度機内持ち込み詳細情報
スーツケース
(3.0 / 5.0)
ネームタグ
(2.0 / 5.0)
トラベルポーチ
(2.0 / 5.0)
圧縮袋
(2.0 / 5.0)

奄美大島旅行の持ち物【衣類編】

奄美大島は季節にもよるのですが気温は基本的に温かいのでそれほどかさばる衣類を持っていく必要はありません。日差しが強いことがあるので帽子やサングラスなど暑さ対策はしっかりするようにしましょう。

パジャマやタオルは基本的に宿にありますがゲストハウスに泊まる場合などはない場合もあるのでどのような宿に泊まるのかによって持っていくべきかどうか検討しましょう。

持ち物持ち物重要度機内持ち込み詳細情報
トップス
(5.0 / 5.0)
ボトムス
(5.0 / 5.0)
下着
(5.0 / 5.0)
靴下
(5.0 / 5.0)
パジャマ
(2.0 / 5.0)
タオル
(2.0 / 5.0)
帽子
(3.0 / 5.0)
雨具
(3.0 / 5.0)
サングラス
(2.0 / 5.0)

奄美大島旅行の持ち物【生活用品編】

奄美大島でマリンアクティビティをする場合はシャワーをあびることが多いと思いますが、シャンプーがないと髪を洗っても海水のベタベタ感はなかなか取れません。100円ショップに行くとトラベル用の小分けボトルが売っているのでボトルに自宅のシャンプーやリンス、ボディーソープを持っていくとマリンアクティビティ後のシャワーでも使えますしホテルでも使えますのでおすすめです。

コンタクトレンズに関し手は海水がかかると傷んでしまう場合があるので予備を持っていくことをおすすめします。

持ち物持ち物重要度機内持ち込み詳細情報
マスク
(5.0 / 5.0)
常備薬
(5.0 / 5.0)
歯ブラシ
(3.0 / 5.0)
歯磨き粉
(3.0 / 5.0)
量による
シャンプー
(3.0 / 5.0)
量による
リンス
(3.0 / 5.0)
量による
ボディーソープ
(3.0 / 5.0)
量による
洗顔
(3.0 / 5.0)
量による
メイク落とし
(4.0 / 5.0)
量による
化粧水
(3.0 / 5.0)
量による
乳液
(3.0 / 5.0)
量による
メガネ
(5.0 / 5.0)
コンタクトレンズ
(5.0 / 5.0)
洗浄液
(5.0 / 5.0)
量による
ひげそり
(3.0 / 5.0)
整髪料
(3.0 / 5.0)
量による
化粧品
(5.0 / 5.0)
生理用品
(3.0 / 5.0)
日焼け止め
(3.0 / 5.0)
量による
虫除け
(3.0 / 5.0)
ウエットティッシュ
(3.0 / 5.0)
洗濯用洗剤
(2.0 / 5.0)
量による
ハンガー
(2.0 / 5.0)
オペラグラス
(2.0 / 5.0)
ガイドブック
(3.0 / 5.0)
トランプ
(2.0 / 5.0)

奄美大島旅行の持ち物【電子機器編】

奄美大島は美しい景色がたくさんあるのでカメラをお持ちの方はぜひ持っていきましょう。GoProがあるとマリンアクティビティ中も撮影ができるので面白い映像が撮れるかもしれません。スマートフォンでもきれいな写真を撮影することができますが、写真を撮っていると思った以上に電池を消費してしまい地図を調べる電池がないという状況にもなりかねませんのでモバイルバッテリーを持っていくと安心してスマートフォンで撮影をすることができます。

持ち物持ち物重要度機内持ち込み詳細情報
カメラ
(4.0 / 5.0)
Gopro
(2.0 / 5.0)
SDカード
(3.0 / 5.0)
スマホ充電器
(5.0 / 5.0)
モバイルバッテリー
(3.0 / 5.0)
延長コード
(3.0 / 5.0)
ドライヤー
(3.0 / 5.0)
ヘアアイロン
(3.0 / 5.0)

奄美大島旅行の持ち物【機内編】

奄美大島に飛行機で行かれる際にどれだけ快適に機内を過ごせるかが旅行自体の印象に影響を与えます。首枕やアイマスク、耳栓をお持ちの方は持っていくことで機内を快適に過ごすことができると思います。

持ち物持ち物重要度機内持ち込み詳細情報
首枕
(4.0 / 5.0)
アイマスク
(2.0 / 5.0)
耳栓
(3.0 / 5.0)
使い捨てスリッパ
(2.0 / 5.0)

奄美大島旅行の持ち物【マリンアクティビティ編】

奄美大島でマリンスポーツをされる場合は必要なアイテムを持っていくようにしましょう。水着やゴーグル、浮き輪は奄美大島でも購入することができますがイマイチなデザインのものを高めの値段で買うことになってしまう可能性が高いので奄美大島旅行出発前に用意されることをおすすめします。

持ち物持ち物重要度機内持ち込み詳細情報
水着
(4.0 / 5.0)
ゴーグル
(3.0 / 5.0)
浮き輪
(3.0 / 5.0)
バスタオル
(3.0 / 5.0)
シュノーケル
(3.0 / 5.0)
フィン
(3.0 / 5.0)
レジャーシート
(3.0 / 5.0)
ビーチサンダル
(3.0 / 5.0)
防水スマホケース
(3.0 / 5.0)
サンオイル
(3.0 / 5.0)
量による

カテゴリー