【2018年版】ダナンの季節・シーン別服装|ダナンの服装

●ダナン旅行中どんな服装が気候的に快適なのかわからない

●ダナン旅行中は避けたほうがいい服装とかあるの?

こういった疑問にお答えします。

ダナンの季節別服装

ダナンの気候


中国の人件費の高騰によるチャイナプラスワンとして、人気を集めたベトナムの中でも国内屈指のメインポートを擁するダナンは、日系企業の有力な進出先として知られています。

また、有名な経済誌フォーブスのUS版で、「世界の綺麗なビーチ6選」に入ったミーケビーチを擁し、新旧世界が融合するお洒落スポットのリバーサイドのバッタン通りもあります。


日本人の女性旅行者に人気のベトナム中部に位置するホイアンとフエにも近いことで、現在観光地としても注目されているのがダナンです。


熱帯モンスーン気候に属していて一年を通じて温暖な気候で、年間の月別平均最高気温が25℃~34℃、最低気温が19℃~26℃です。

ダナンがあるベトナム中部の雨季は9月~2月、湿度が低く気温ほど体感的に暑さを感じないのが3月~8月までの雨季といった2つの季節に分かれています。


大まかにいえば気温が低くなる11月~2月は更に肌寒く感じるハノイに行く際には、ダナンのその時期の通常の服装よりもう1枚以上、上に羽織るものが必要です。

一年中暑いホーチミンへ行くと、日中は長袖のシャツを脱いで半袖になるでしょう。


ダナンの雨季の服装(9月~2月)


ダナンは高温多湿の9月~10月、わりあいに涼しい時期の11月~2月と雨季が二つに分かれています。

ちなみに、日本の冬の時期の12月~1月が最も涼しく平均最高気温が25℃、最低気温が19℃なので、年末年始での旅行におすすめとも言えます。


9月~10月までは日本の夏の時と同じような服装になりますが、11月からは秋をイメージした衣替えが必要となります。

日中は半袖で大丈夫でも朝晩は冷えるので、上に羽織るアウターや軽く重ね着できるものがあると良いでしょう。

雨季と言ってもダナンでは乾季同様に日差しが強いので、お肌が気になる人は日焼け止めクリームなどを用意して、引き続き紫外線対策を行なってください。


気になるのが10月頃の台風の上陸なので、出発前と現地では天気予報のチェックもお忘れなく。

台風が去った11月~12月は雨季のピークとなり、東南アジアのほかの地域と違って日本の雨のイメージに近く、毎日降るといったわけではないです。


持ち運びしやすい傘やレインコートなど荷物にならない程度の雨具を、備えあれば憂いなしなしと言うことで用意しておくと安心です。

ダナンの夏の服装(3月~8月)


ダナンの乾季は連日30℃を超える暑さが続き、湿度も高めなのでタイのバンコク以北の12月~2月のような朝晩少し寒く感じるようなことはありません。

特に5月~8月が熱く日中は35℃前後まで気温が上がりますが、木陰に入ると海からの浜風が吹いてくるので、暑さを凌ぐには最適です。


乾季の時期の服装は日本の夏のイメージで問題なく半袖になりますが、日焼け対策として紫外線グッズやサングラス、帽子などを準備しておきましょう。

また、薄手の長袖のシャツや軽めのアウターは冷房対策だけでなく、日焼け止めにもなるので、ダナンの観光にもとても便利です。


ダナンの観光のベストシーズンは5月~8月と言われ、日本のゴールデンウィークやお盆休みといった大型連休の時には、日本人旅行者が特に増えます。

ただ、ホイアンの旧市街は冷房を付けないお店も多いので、観光では無理をせずにカフェで水分補給を定期的に取りましょう。



ダナンで注意すべき服装

ダナンでは国際的なコンベンションが開催され、外資系企業の進出も増加しているので、高級ホテルが市内に点在しています。

レストランでもドレスコードが設けられているところが中にはありますが、それほど厳格なルールではないようです。


ポロシャツやボタンダウンなどに長ズボンやスカート、ワンピースといった普段日本の夏の時期にお洒落をしているイメージで問題ありません。

サンダルはNGの可能性も高いですが、ビーチでは必須となりラフな服装でお出かけください。


また、寺院とは限らず一般的なダナンの市内観光ではほかのベトナムの都市部と同様に露出度の高い服装は目立ちますので、なるべく避けましょう。



ダナンの服装に関する持ち物リスト

トップス・ボトムス

ダナンの季節に応じて服装を調節しましょう。

ダナンで宗教施設等を訪れる予定がある場合は露出のない服装を用意しましょう。

圧縮袋

圧縮袋があると衣類の体積を劇的に減らすことができるので、衣類の量が多い方におすすめ。

下着

ダナン滞在日数分あることが望ましいです。
ダナンに長期滞在する場合は宿での洗濯も検討しましょう。

パジャマ

ダナンの場合、宿によって用意されているがあります。

その他ツアーに必要な服装

ダナンでマリンアクティビティ等自然体験型のアクティビティなどをされる方は、アクティビティに必要な服装は別途準備しましょう。

ツアーでアクティビティ参加を検討されている方はタビナカで探すのがおすすめ。

タビナカのツアーは種類が豊富で日本語ガイドもついているので海外旅行初心者でも安心して楽しむことができます。

首枕・腰枕

ダナンまでの行き帰りのフライトで寝る場合は首枕があると快適に寝ることができます。



ダナンに必要な持ち物

クレジットカード

ダナン旅行ではパスポートとクレジットカードが2大必需品です。

■ネットの意見

名無しさん@おーぷん :2018/03/09(金)10:07:54

クレカとパスポートあればいい

名無しさん@おーぷん :2018/03/09(金)10:11:20

この前おんJに海外旅行にクレカ必要ないって豪語してる奴いて引いたわ

無しさん@おーぷん :2018/03/09(金)10:08:57
最低限はスマホ・クレカ・パスポート・現金やろな。あとはどうにかなる

それほどクレカが必要と言われる理由は

  1. 両替するよりも手数料をかなり低く抑えられる。
  2. 手持ちの現金が減るので盗難の被害を抑えられる。
  3. 金欠になる心配がない。

です。

クレカを持っていくのはほぼ常識なので1枚は用意しましょう。

 

エポスカード

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 作ると2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

エポスカード補足

エポスカードのポイントがもらえるのは期間限定かつWebからの申し込みのみなので、ポイントがもらえるタイミングで申し込みをおすすめします

\期間限定!WEB申し込みのみポイントでポイントプレゼント中/



▼ダナン用おすすめクレジットカード

\期間限定!今年度最大金額ポイント還元キャンペーン中/