【2018年版】ボラボラ島の季節・シーン別服装|ボラボラ島の服装

●ボラボラ島旅行中どんな服装が気候的に快適なのかわからない

●ボラボラ島旅行中は避けたほうがいい服装とかあるの?

こういった疑問にお答えします。

ボラボラ島の季節別服装

ボラボラ島の気候


南太平洋のジュエリーと呼ばれるボラボラ島は、フランス領ポリネシアのソシエテ諸島の一つです。

タヒチから北西277.36㎞の位置にあります。

ボラボラ島は熱帯気候に属し、1年に夏と冬の2つの季節があります。

南半球にあるボラボラ島の季節は北半球にある日本とは逆になります。

夏は11月から4月までで、雨季とも呼ばれます。

この期間は雨が多く、湿度が高くなり、それに伴い不快指数も高くなります。

雨は午後から夜にかけて集中して降ることが多いと記録されています。

蚊が多く発生する時期でもあります。

11月から4月がハリケーンのシーズンとされていますが、ハリケーン(サイクロン)は毎年定期的に発生するわけではありません。

夏の平均気温は27度から30度で、2月と3月が一年を通して一番暑いと言われています。

一日の気温の変化はあまりなく、夜になって急に気温が下がることはありません。

冬は5月から10月までで、乾季とも呼ばれます。

雨がほとんど降らず、ほぼ毎日青空が広がり、平均気温は24度から28度と快適な温度になります。

気候が良く、お祭りや行事が多いこの時期がボラボラ島観光のベストシーズンと言われています。

海水の温度は一年を通して26度から28度です。


時期を選ばずにいつでも泳げます。

ボラボラ島の夏の服装(11月~4月)


雨季のため観光のオフシーズンですが、この時期に観光される際は軽量のウオータープルーフ・ジャケットや薄手のセーター等をご用意ください。

基本的にボラボラ島の冬の服装を参考にしてください。


ボラボラ島の冬の服装(5月~10月)


ボラボラ島の冬の平均気温は24度を下回ることがないので、この時期でも基本的に夏と同じ服装で過ごすことができます。

ビーチが中心のボラボラ島ホリデーに欠かせないのがビーチウエアです。

ビーチで過ごす時間が多いので、水着を数点持参することをお勧めします。

現地では“常に水着を着用している”人が多くみられ、女性であれば水着の上からサマードレスやシャツドレスなどを羽織り、男性であればTシャツやショートパンツなどを上から着用するのが基本のスタイルです。

肩や背中をカバーすることで日焼けの防止になります。

フットウェアには歩きやすいスニーカーやサンダルをご用意ください。

その他、サングラスや帽子も日差しの強いボラボラ島では役に立ちます。

ボラボラ島唯一の山、標高700mのオテマヌ山でハイキングや四駆でのサファリ等のアクテイビティに参加する際はウオーキング用の靴が必要です。

虫よけスプレーもご持参ください。

通気性の良さと着心地の良さを考慮すると、一年を通して軽量なコットン素材の洋服がボラボラ島の気候とのんびりとした環境に適しています。

そんなボラボラ島の服装のキーワードはカラフルなカジュアルスタイルです。



ボラボラ島で注意すべき服装

規則とまではいきませんが、夜にホテルやその他のレストラン(ファーストフード・レストランは除く)で食事をする際、男性の場合はカジュアルになりすぎるTシャツの代わりにポロシャツあるいはアロハシャツ等の襟のあるトップを着用してください。

ショートパンツは避け、スラックスやチノパンツ等をはくことが望ましいとされています。

女性の場合はTシャツを着ていてもアクセサリー(ネックレスやブレスレット)を合わせることで、外食用のスタイルに早変わりです。

ボラボラ島の美しい砂浜にはサンゴのかけらがたくさん混じっています。


砂浜を歩く際にはビーチサンダル、海に入る際にはリーフシューズ(マリンシューズ)をはき、サンゴのかけらから足を守りましょう。



ボラボラ島の服装に関する持ち物リスト

トップス・ボトムス

ボラボラ島の季節に応じて服装を調節しましょう。

ボラボラ島で宗教施設等を訪れる予定がある場合は露出のない服装を用意しましょう。

圧縮袋

圧縮袋があると衣類の体積を劇的に減らすことができるので、衣類の量が多い方におすすめ。

下着

ボラボラ島滞在日数分あることが望ましいです。
ボラボラ島に長期滞在する場合は宿での洗濯も検討しましょう。

パジャマ

ボラボラ島の場合、宿によって用意されているがあります。

その他ツアーに必要な服装

ボラボラ島でマリンアクティビティ等自然体験型のアクティビティなどをされる方は、アクティビティに必要な服装は別途準備しましょう。

ツアーでアクティビティ参加を検討されている方はタビナカで探すのがおすすめ。

タビナカのツアーは種類が豊富で日本語ガイドもついているので海外旅行初心者でも安心して楽しむことができます。

首枕・腰枕

ボラボラ島までの行き帰りのフライトで寝る場合は首枕があると快適に寝ることができます。



ボラボラ島に必要な持ち物

クレジットカード

ボラボラ島旅行ではパスポートとクレジットカードが2大必需品です。

■ネットの意見

名無しさん@おーぷん :2018/03/09(金)10:07:54

クレカとパスポートあればいい

名無しさん@おーぷん :2018/03/09(金)10:11:20

この前おんJに海外旅行にクレカ必要ないって豪語してる奴いて引いたわ

無しさん@おーぷん :2018/03/09(金)10:08:57
最低限はスマホ・クレカ・パスポート・現金やろな。あとはどうにかなる

それほどクレカが必要と言われる理由は

  1. 両替するよりも手数料をかなり低く抑えられる。
  2. 手持ちの現金が減るので盗難の被害を抑えられる。
  3. 金欠になる心配がない。

です。

クレカを持っていくのはほぼ常識なので1枚は用意しましょう。

 

エポスカード

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 作ると2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

エポスカード補足

エポスカードのポイントがもらえるのは期間限定かつWebからの申し込みのみなので、ポイントがもらえるタイミングで申し込みをおすすめします

\期間限定!WEB申し込みのみポイントでポイントプレゼント中/



▼ボラボラ島用おすすめクレジットカード

\期間限定!今年度最大金額ポイント還元キャンペーン中/