サインに注意!海外でクレジットカードを使う際に気をつけるポイント

海外旅行に出かける際は、クレジットカードは便利です。支払い以外にも色々使えて重宝するのですが、ちょっとした文化の違いのせいで、トラブルになってしまうことも。

こちらでは、海外在住歴20年の筆者が、日本との文化の違いを踏まえて、海外でクレジットカードを使う際に、トラブルにならない術をご紹介します。

サインをしてないと海外ではクレジットカードを使えません!

とても便利なクレジットカードですが、新しいカードを使うときは、ちょっとした注意が必要です。それは、使う前にかならずサインをすることです。

もしも、盗難に遭って盗んだ人物が不正に利用した際に、カードに署名がされていなかった場合、不正利用の額はたとえ不正に利用した人物が使ったものであっても、所有者の責任となる可能性もあります

また、日本では、うっかりサインをしていないクレジットカードを使おうとする場面があっても、「こちらに記名をお願いします」とやんわりと注意されるだけで済みますが、海外ではそのままということはまずありません。

「すぐにここでサインをしてください」「身分証明書を見せてください」とその場でサインをすることを促されるばかりではなく、そのサインが本物と証明できるパスポートなどの公的な身分証明書の提示を求められることが普通です

もしも持ち合わせていない場合は、カードの利用を断られても文句は言えません。カードを利用する前には、必ず裏にきちんとサインをしたかどうか確認してからにしましょう。

 

クレジットカードを使えるのはサインした本人だけ

本来クレジットカードを使えるのは名義人、つまり裏にサインをした本人のみです。ところが日本では、夫名義のカードを妻が使っても、なんの問題もありません。夫婦間なので当たり前、夫婦は他人ではないという判断なので、利用先のお店で咎められることはまずありません。

しかし、海外ではたとえ夫婦間であろうとも、他人名義のクレジットカードを使うということはタブーです。そのため、夫婦でクレジットカードを共有されている場合は、海外旅行では名義人のみが使えるということを覚えておいてください。

一緒に旅行される場合は問題ないかもしれませんが、それぞれがカードが利用する予定であったり、現地で別行動をされる場合は、出発前に、ご自身の名義のクレジットカードを作るようにしたいものです。

また、もしも身分証明書の提示を求められてもすぐに出せるよう、カードを使う予定のあるときはパスポートを携帯することを忘れないようにしましょう

このように、普段日本でクレジットカードを利用されている方でも、海外では事情が少し違います。海外では各個人のクレジットカードが必要なため、くれぐれも現地でトラブルとならないよう、渡航前にご自身名義のカードを準備しておくようにしましょう。

海外ではクレジットカードのサインに注意!

前項で述べたように、身分証明書の提出を求められ、その際のサインとクレジットカードのサインが違う場合も問題になります。海外では、サインは書類ごとに代わるものではなく、同じものであることが普通だからです。

日本でも、例えば印鑑登録しているハンコと違う印鑑を持って行っても認めてもらえない、という状況だと思ってもらえばわかりやすいでしょう。

そのため、パスポートのサインと、クレジットカードのサインは、同じものに統一しておいたほうがトラブルにならずにすみます。また、名前をサインにする際も、筆記体とブロック体などと異なる字体にすることは避けましょう。また、誰でも真似しやすいサインは、悪意のある人に真似される可能性もあるので、できるだけ、特徴のあるものにしておくと安心です。

漢字でもローマ字でも構いませんし、姓名の両方、姓だけ、名だけ、ニックネームやイニシャルでも構いません。自分が書きやすく、いつ書いても同じように書けるものであり「自分」を証明する文字であれば決まりはないのです。

海外でクレジットカードの支払いのサインはかならず内容をチェックしてから!

日本でも稀にあるかもしれませんが、同じ商品の二重請求や、割引がされていないというトラブルは、日本より海外でのほうが頻繁に起きます。そのため、サインをする際は、必ず請求内容に目を通して、間違いがない場合にのみ署名するようにしましょう。

一旦サインしてまってからの変更は、場合によっては応じてもらえない可能性があります。

日本では、「捺印する」という特別な行為により、よりチェックする体制が整うのですが、サインはつい「なんとなく」してしまう可能性があるので、くれぐれも気を付けるようにしたいものです。

焦らずに、納得がいくまで確認してから署名をするようにしましょう

まとめ

日本は「家」という独自の文化があるため、クレジットカードの利用者についても曖昧な部分がありますが、海外では通用しません。ご利用の際はクレジットカードにしっかりとご自身の署名をして、金額を確認したうえでサインをするように心がけましょう。

海外旅行保険代を無料にするコスパ最強カード

エポスカード

クレジットカードは海外旅行の必需品とはいっても、どのクレジットカードを作ると得するのかわからないという人も多いのではないでしょうか。

そんな方に胸を張っておすすめできるのが、百貨店マルイが発行しているエポスカードです。雑誌やトラベルブロガーに海外旅行用コスパ最強カードとして頻繁に取り上げられています。

海外旅行に行く際は海外旅行保険に加入する必要があることは理解しているけど、実際お世話になることはないと思いながら海外旅行保険代として渋々5,000円程度払っていませんか?

また、持っているカードに海外旅行保険について記載があったとしても、旅費をそのカードで決済した場合に限るといったややこしい条件がついていて、海外旅行保険が適応されているのか不安に思う場合もありますよね。

エポスカード年会費が永年無料であるにも関わらず、海外旅行保険(三井住友海上火災保険提携)が無条件・無料で付帯しているのでカードを作ってしまえば、カードを使う使わないに関わらず、これらの悩みを今後将来に渡って解決してくれます。

年会費無料のカードで海外旅行保険が自動付帯しているものはほぼなく、下記のメリットもあるので、エポスカードは海外旅行に最適かつ国内でも使えるコスパ最強カードと言われています。

  • 海外で一番普及しているVISAブランド
  • 即日発行可能(ネット申し込み→店舗受け取り)
  • 今なら2000円分のポイントが貰える
  • デザインがスタイリッシュ
  • 継続利用でゴールドカードの年会費が無料になる可能性あり

クレジットカード選びや海外旅行保険選びのために時間を毎回使い続けるのをやめるために、年会費無料のエポスカードをサクッと5分で作りましょう。

\今なら2000円分ポイントもらえる/

カテゴリー