中国留学に必要な持ち物は?万全の準備をしよう!

世界経済をリードする存在として、国際的にも様々な面で注目を集める中国。

10億人を超える人口を抱える中国。

つまり中国語を話すことができれば10億人以上の人とコミュニケーションが取れるということを意味し、それ故に留学先として中国を選択する人も増加しています。

留学をするにあたっては事前に準備をしておく必要がありますが、では中国に留学する際に必要になる持ち物はどんなものになるのでしょうか?

以下では、中国留学で必要なアイテムについて解説していきます。

中国留学に必要な持ち物

中国は日本から3時間ほどで到着しますが、とはいえ外国であるということに違いはありません。

外国での生活は、日本とは大きく異るものであり、何気ない日常を過ごす上でもその文化に対応する必要があります。

以下、中国留学で必要となる持ち物をリストアップしていきます。

パスポート・ビザ

まずは海外に行く上で欠かせないものがパスポート。

これは基本ですね。

パスポートを持っている人は問題ありませんが、持っていないという人はなるべく早く申請しておくことをおすすめします。

申請したその日に発行されるということはなく、時間的な余裕を持った上で申請を行いましょう。

留学をする際の申請書類にパスポート番号の記載を要求されることもあるので、気をつけてください。

そして、留学に欠かせないもう一つのアイテムがビザです。

留学の期間にもよりますが、中国の場合は15日を超える滞在の場合にはビザの発行を受ける必要があります。

短期留学の場合でも1ヶ月というのが一般的なため、ほとんどの方がビザの申請を行う必要があります。

ビザの申請方法としては、中国ビザ申請センターという場所に行く必要があります。

自分で申請しにいく、もしくはオンライン申請をおこなうことができる他にも、留学斡旋の仲介業者に代理で依頼することも可能です。

その場合には別途代行料金が発生しますが、スムーズに申請を行ってくれます。

ビザがなければ長期滞在できませんので、注意しておいてください。

インターネット環境(Wi-Fi)

今はインターネット無しで生活することはほぼ不可能となっており、海外にいる間も必ずインターネットを使う場面があります。

スマホを使う場合もそうですし、パソコンを使って留学先の課題をまとめたりするので、インターネット環境を整えておく必要があります。

まずは留学先の寮もしくはホームステイ先のインターネット環境を確認した上で、必要であればWi-Fiをレンタルしておきましょう。

グローバル対応しているWi-Fiであれば問題無く利用することができるので、もしステイ先にインターネット環境がある場合でも、外出先でも快適にインターネットを使うためにもレンタルをしておいた方がいいでしょう。

イモトのWi-Fi

ポケットWiFiのレンタルで旅行好きに人気なのがイモトのWi-Fiです。

イモトのWi-Fiの特徴は

  1. 安い
  2. とにかく安い
  3. 圧倒的に安い

です。

であれば、一緒にいる人全員使えて1000円/日程度しかかかりません。

値段が何よりやすい上に超大手がやっていて受け取りから返却までサポートがしっかりしています。

デメリットといえば予約が多く、直前の予約だと在庫切れになることです。

早めに予約すれば格安でWiFi環境を手にいれられるので早めの準備をおすすめします。

クレジットカード

クレジットカードも確実に持っていきたいアイテムです。

長期の留学であれば何かと買い物をする機会が増加しますが、クレジットカードがあれば簡単に買い物をすることができます。

中国のほとんどの店舗ではクレジットカードでの決済が可能になっているので、1枚あると便利です。

もちろん現金での決済もできますが、長期の滞在になると日本円を中国元に両替するという作業が手間ですし、買い物をする際にスムーズに決済することができずに戸惑ってしまうこともあります。

現金も少しは持っておくことをおすすめしますが、基本的にはクレジットカードで決済するということをおすすめします。

海外旅行保険代を無料にするコスパ最強カード

エポスカード

クレジットカードは海外旅行の必需品とはいっても、どのクレジットカードを作ると得するのかわからないという人も多いのではないでしょうか。

そんな方に胸を張っておすすめできるのが、百貨店マルイが発行しているエポスカードです。雑誌やトラベルブロガーに海外旅行用コスパ最強カードとして頻繁に取り上げられています。

海外旅行に行く際は海外旅行保険に加入する必要があることは理解しているけど、実際お世話になることはないと思いながら海外旅行保険代として渋々5,000円程度払っていませんか?

また、持っているカードに海外旅行保険について記載があったとしても、旅費をそのカードで決済した場合に限るといったややこしい条件がついていて、海外旅行保険が適応されているのか不安に思う場合もありますよね。

エポスカード年会費が永年無料であるにも関わらず、海外旅行保険(三井住友海上火災保険提携)が無条件・無料で付帯しているのでカードを作ってしまえば、カードを使う使わないに関わらず、これらの悩みを今後将来に渡って解決してくれます。

年会費無料のカードで海外旅行保険が自動付帯しているものはほぼなく、下記のメリットもあるので、エポスカードは海外旅行に最適かつ国内でも使えるコスパ最強カードと言われています。

  • 海外で一番普及しているVISAブランド
  • 即日発行可能(ネット申し込み→店舗受け取り)
  • 今なら2000円分のポイントが貰える
  • デザインがスタイリッシュ
  • 継続利用でゴールドカードの年会費が無料になる可能性あり

クレジットカード選びや海外旅行保険選びのために時間を毎回使い続けるのをやめるために、年会費無料のエポスカードをサクッと5分で作りましょう。

\今なら2000円分ポイントもらえる/

変圧器

日々の生活の中で家電を使うことにもなり、特にスマホの充電は毎日行うことになります。

しかし、日本で使用しているコンセントを中国に持ち込んだけれども使えなかったという事になってしまうと非常に戸惑ってしまいます。

そこで、まずは中国の電圧について理解しておく必要があります。

中国の電圧は220V (ボルト)となっています。

最近の家電は幅広い電圧に対応可能となっているものが多く、コンセントの部分の対応V を確認しておくといいでしょう。

例えば100~240といったような形で、220Vが範囲内に収まるようであればそのコンセントは中国でも使用可能です。

もし220Vに対応していないコンセントがあり、どうしても日本で使いたいという場合には変圧器を用意しておきましょう。

中国留学で持ち物が不足したら

完全に荷物を用意したと思っても、長期の滞在になると必ず不足するものがあったり、途中で必要になってくるものがあります。

中国留学で持ち物が不足した場合にはの対処法について解説します。

買えるものは買う

持ち物が不足した際には、慌てずに買えるものは買うという姿勢を持ちましょう。

中心街であれば衣服や家電、食料など必要なものは手に入れることができます。

買い物にいけば自然と現地人とコミュニケーションを取る機会も増えるので、それも勉強になります。

日本から送ってもらう

日本から必要なものを送ってもらうというのも手段の一つです。

どうしても現地で手に入れることのできないものであれば、国内にいる親族や友人を頼りにしましょう。

まとめ

中国は発展を遂げている国であり、普段の生活で不自由を感じることはあまりありませんが、それでもしっかりとした準備をしておかないと不便なこともあります。

必ず必要なもの、あったらいいものなどをリストアップした上で、万全の準備をして留学にいきましょう。

 

カテゴリー