ワーキングホリデーに持っていくべき持ち物とは?部門別に詳しくご紹介!

ワーキングホリデーで海外に滞在する場合、初めての人は何を持っていけばよいのかわかりません。そこで、何を持っていくべきなのか、何があると便利なのかを具体的な持ち物についてご紹介します。

ワーキングホリデーに必要な持ち物とは

持っていくべき持ち物は、滞在する期間が長いほど多くなりますが、必須アイテムは滞在期間に関わらず同じです。忘れ物をして後悔しないためにも事前にしっかりと持ち物を把握しておくことが大切です。部門別に必要なものを見ていきましょう。

ワーキングホリデーに必要な持ち物:必需品

instagram-image

lafabriquecrevon

・パスポート
・航空券
・現金
・クレジットカード
・スマホ
・パソコン

ないと飛行機に乗ることができないのでパスポートは絶対忘れないようにしましょう。行きも帰りも必要になるので現地でもなくさないようにしなくてはなりません。また、現金だけでなくクレジットカードもとても重要な存在です。現金を現地のお金に変えるよりも手数料がかからず、身分証明書の代わりになることもあります。

現金だと盗まれたときどうしようもないですが、クレジットカードならすぐに止められるというメリットもあります。ただし必要最低限の現金はないと不安なので念のため持っておいた方がよいでしょう。スマホやパソコンは調べ物をしたり友人と連絡をとったりするために必要です。

ワーキングホリデーに必要な持ち物:衣類

instagram-image

clarice_nine

・下着
・半袖
・長袖
・パンツ
・ウィンドブレーカー
・パジャマ
・水着
・圧縮袋

衣類の中でも下着はマストアイテムです。長袖や半袖など普通の服は、忘れても最悪現地で購入することができますが、下着は自分に合ったものでないと生活しづらいからです。防寒対策としてウィンドブレーカーはあると便利でしょう。

パジャマはリラックスするために必要なアイテムです。ワーキングホリデーに訪れる国にもよりますが、周りが海に囲まれている場合は水着になる機会が多いため持っておくと安心です。滞在期間が長いと洋服の数も増えてしまうため圧縮袋を持っていきましょう。

ワーキングホリデーに必要な持ち物:日用品

instagram-image

yu19900911

・洗面用具
・化粧品(女性の場合)
・生理用品(女性の場合)
・折り畳み傘
・洗濯用具
・文房具

海外製のものは肌に合わないことが多いので洗面用具や化粧品は日本から普段使用しているものを持っていくことをおすすめします。特にシャンプーやボディーソープなどは馴染みあるものを使った方がよいです。女性の場合は生理用品も日本のものの方が安心です。海外のものだと質があまりよくないので荒れることがあるのです。

折り畳み傘や洗濯用具は使い慣れているものを持っていくと安心できますし、現地で余計なお金を使わなくて済みます。文房具も同じ理由で日本から持っていった方がよいアイテムといえます。

ワーキングホリデーに必要な持ち物:薬

instagram-image

matsunaga_yuka

・頭痛薬
・生理痛薬(女性の場合)
・胃腸薬
・絆創膏
・目薬

慣れない土地で体調を崩すのはとても辛いので、使い慣れた頭痛薬や胃腸薬が必要です。また、生理が重い人は生理痛薬を忘れないようにしましょう。海外のものより日本製の方が質が高くて信頼できるため、けがをしたときに備えて絆創膏は持っていくべきです。

目が乾燥しやすい人や現地が乾燥地域の場合は目薬も持参しましょう。使い慣れたものを持っていると気持ちが落ち着く効果もあります。

ワーキングホリデーにあると便利な持ち物

必須とまでは言えないけれどあると便利なアイテムがいくつかあります。

・ティッシュ
・裁縫道具
・クリアファイル
・おみやげ

日本ならタダで手に入るティッシュは、何かと役に立つので荷物の量に余裕がある場合はバッグに忍ばせておくと重宝します。裁縫道具は服がほつれたときや毛玉を取りたいときに役立ちます。ワーキングホリデーに行くと書類をもらう場合が多いためクリアファイルはあると便利でしょう。

ホームステイをする際にはおみやげがあると会話が弾みます。日本を知ってもらえるよい機会なので、住んでいる都道府県で作られているものを持っていくのがおすすめです。特に「和」を感じられるものだと喜ばれます。

ワーキングホリデーに持ち物を忘れたら

忘れ物がないかしっかりと確認をしながら荷造りをしても、必要な持ち物を入れ損ねてしまうことはあります。パスポートやクレジットカードはないと困りますが衣類や日用品は買うことができるので現地で揃えましょう。日本製のものは日本で買うよりも高い場合が多いものの、揃えることはできるはずです。

忘れ物をしたときは失敗を引きずらずに前向きに考えることが大切なのです。

まとめ

持っていくと便利なものはたくさんありますが、持っていきすぎるのも問題です。特に衣類は現地で買う機会が多いので余分に持っていく必要はないでしょう。忘れ物がないように、かといって荷物が多すぎないように工夫しながら荷造りをすることが大事です。ワーキングホリデーで過ごす時間が充実したものとなるようにしてください。

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/