南米旅行に行くなら何を持って行く?持ち物リストを大公開!

日本の裏側にある南米、日本からもなかなか行きづらい土地であることからどんなところかわからないという方も多いでしょう。そんな南米に行く場合いったいどんな持ち物を持って行くべきなのでしょうか。こちらでは、南米旅行に行く予定の方必見の南米旅行必須アイテムをご紹介致しましょう!

南米旅行の持ち物をチェックする前の準備

南米旅行へいく際の持ち物をこちらでご紹介する前にまずは持ち物とは別に南米旅行にいくための準備を行うようにしましょう。持ち物の準備をしようとする前に南米旅行を決めたらすぐにチェックすべきポイントをご案内致します。

パスポートの有効期間

instagram-image

kazumasa_22

海外旅行へ行く時パスポートが必須であることはご存知でしょう。しかし、パスポートには有効期間というものがあります。作った日時から5年、10年とそれぞれ有効期間があります。持っているからと安心せず、旅行を決めたらパスポートの有効期間をチェックしましょう。

場合によっては、パスポートの有効期間から3カ月の猶予がなくては旅行へ行くことができないというケースもあります。余裕のある有効期間のパスポート、そして不安な方はパスポートの更新をしてから旅行に出かけましょう。

海外旅行損害保険

instagram-image

kix_hoken

パスポートの有効期間をチェックしたらお次は海外旅行の損害保険も考える必要があります。海外旅行保険は、必須でありませんがあまり情報の多くない土地などに行く場合は、海外旅行保険に加入することをおすすめ致します。

南米では、スリや置き引きの被害だけでなく日本とは違い、ひったくりや恐喝などの危険もあります。保険に入っておくことで被害が少なく済む場合があります。何があるかわからないという点を踏まえてしっかりチェックしておくと良いでしょう。

辺鄙な場所に行くなら予防接種も重要

南米は、衛生面も日本とは違います。そのため、主要都市以外にジャングルの奥地などに行く予定の方は予防接種も重要です。南米での流行病や感染病をチェックして予防接種を受けてから旅行へ行くようにしましょう。

南米旅行に持っていくべき必須の持ち物

南米旅行が決まってからの前準備をチェックしたところでお次は必ず持って行くべき必須アイテムをご紹介いたします。持ち物準備に悩むという方必見、現地に着いてから忘れたことに気付く前に是非、確認してみて下さい。

持ち物リスト①クレジットカード

海外旅行に行く上で必要なアイテムといえばクレジットカードです。南米では、あまり使わないイメージのあるクレジットカードですが、いざという時や空港、ホテルなどでは必須アイテムとなりますので、海外で使えるクレジットカードを用意しておきましょう。

持ち物リスト②日除けグッズ

instagram-image

mucchan07

日差しの強い南米、南米には日本よりも湿度の低い地域から湿地帯まで場所によっても様々ですが、日除けのグッズはどこに行っても必須アイテムとなります。帽子だけでなく、紫外線が強いのでサングラスや日焼け止めクリームなどを準備しておくと良いでしょう。

持ち物リスト③常備薬

instagram-image

yokimoko2016

南米に限ったことではありませんが、環境が変わると体調を崩しやすくなります。そのため、飲み慣れた常備薬を準備しておくことをおすすめします。南米にはまだまだ発展途上な国もありますので、現地で購入できない場合や入手が大変という場合もあり、前もって準備しておくことをおすすめします。

持ち物リスト④変圧器&変換プラグ

instagram-image

n7373a

南米でスマホやカメラを充電する際、必要なアイテムとなるのが変圧器と変換プラグです。使用機器によっては海外でも使えるものもあるため、変圧器は必要に応じて用意すると良いでしょう。場所によってコンセントの形も変わりますので、訪れる国で使える変換プラグを用意しておきましょう。

持ち物リスト⑤雨具

南米では、季節によって雨が降ることがあります。そのため、雨具の用意をしておくと良いでしょう。折りたたみ傘や場合によってはレインコートを用意しておくのもおすすめです。100均などに売っている使い捨て出来るようなタイプを用意するのもおすすめです。

持ち物リスト⑥ポケットwifi

instagram-image

junpyang

南米でスマホを使用する場合wifi環境が必要となります。そのため、ポケットwifiを準備しておくと良いでしょう。最近では、SIMフリーのスマホを使用して現地でSIMカードを購入することも可能ですので、必要に応じて変えてみると良いでしょう。

持ち物リスト⑦スニーカー

instagram-image

letforeverbe1106

南米を訪れる目的として、ペルーにあるマチュピチュやボリビアのウユニ塩湖、ブラジルのジャングルなど足場の悪いところに行く方も多いでしょう。そんな時には履き慣れた汚れてもよいスニーカーを用意しておくことをおすすめします。現地で捨てて帰ってもよいようないらないスニーカーを履いていくのも良いでしょう。

まとめ

instagram-image

camel_loop

いかがでしたか?南米旅行に持って行くべき持ち物はどれも必須アイテムであることがよくわかったのではないでしょうか。また、旅行に行く前に準備しておくべきこともご一緒にご紹介させて頂きましたので、これから南米の地へ旅行に出かける予定の方は是非こちらを参考に持ち物の準備へ取り掛かってみてはいかがでしょうか。

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

26歳未満の人にとっての海外旅行用のカードはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード一択です。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは通常年会費が3,000円(税抜)かかりますが、26歳未満の人は26歳になるまで年会費が無料で、有料会員と同じ特典を受けれます。

特に海外旅行保険は手厚く、補償額は年会費無料のカードの5〜6倍にもなります。(傷害死亡・後遺障害で比較)

その他にも26歳未満であれば年会費無料でゴールドカードクラスの特典を多数受けられますので詳しくはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイトをご確認ください。