2020年最新版|シンガポール航空 のマイル貯める方法

マイルを使って特典航空券に取り換えて飛行機に乗るのは、マイルをためる最大の楽しみ方です。

特に旅行好きの人は日系の航空会社けでなく、海外の航空会社に乗る機会も多いでしょう。

本記事で紹介するのは日本人にも人気で、世界的に優れた航空会社とし称されているシンガポール航空のマイルの貯め方についてお伝えします。

シンガポール航空の基礎情報とマイル

instagram-image

keisuke7g

シンガポールはアジアでも最も安全に観光ができる国として、日本人も多く観光に訪れる国です。

シンガポール航空は、シンガポールのフラッグキャリアでもあり、ハブ空港としてとして重要な役割をしているシンガポール・チャンギ国際航空から世界をつなぐ世界でも有数の規模を持つ航空会社です。

シンガポール航空のマイルをためることは、世界中の旅をもっと身近ににしてくれます。

シンガポール航空のマイルの貯め方

シンガポール航空のマイレージプログラムは、「KrisFlyer(クリスフライヤー)」と呼ばれ、入会無料で年会費もありません。

・マイレージプログラムとは?:マイレージサービスとは、航空会社が行うユーザーへのポイントサービスで、どこのマイレージプログラムでマイルをためるかが、マイルを使いこなすポイントにもなります。

シンガポール航空のKrisFlyerマイルをためるには、シンガポール航空のフライト以外にも、シンガポール航空が加盟する「Star Alliance(スターアライアンス)」と提携してある数多くの世界中の航空会社の飛行機のフライトでもKrisFlyerマイルをためることができます。

そこでシンガポール航空のマイルをためるには、次の2つの手段があります。

・KrisFlyerマイルをためる

・Star Allianceマイルをためる

KrisFlyerマイルをためる

シンガポール航空の、KrisFlyerマイルためるには次の方法があります。

・シンガポール航空のフライトでためる

・提携クレジットカードでためる

・提携金融金融の利用でためる

・ホテル・サービスアパートメントでためる

・アライアンスでためる

・陸上交通機関でためる

フライトに乗る以外にも提携クレジットカードなら、三井住友VISAカードの「World Present Point」をKrisFlyerマイルをに取り換えることができます。

またシンガポールに滞在者なら提携金融金融、指定のホテル・サービスアパートメントでKrisFlyerマイルをためることも可能です。

ですが一般的にKrisFlyerマイルは、シンガポールのマイレージプログラムです、シンガポールに滞在でなければフライト以外で貯めずらく、日本に滞在しているなら、Star Allianceマイルをためる方が簡単です。

なぜなら全日本空輸(ANA)はStar Allianceに加盟しているので、全日本空輸のマイルをためることで、シンガポール航空の特典航空券を取得するマイルにも利用できるからです。

シンガポール航空のマイル数

シンガポール航空の特典航空券をマイルで取り換えるには、全日本空輸のマイルをためるのが一番おすすめといわれるいます。その理由は2つあります。

・KrisFlyerマイルより全日本空輸のマイルの方が貯めやすい

日本に住んでいたら全日本空輸マイルのほうが、陸マイラーとして断然貯めやすいです。

・全日本空輸マイルのほうが少ないマイル数で特典航空券と取り換えができる

シンガポール航空の特典航空券に取り換えるために必要なマイル数は、KrisFlyerマイルと全日本空輸のマイルでは異なります。一般的に全日本空輸のマイルの方がどの利用クラスを使っても少ないマイル数で取り換え可能です。

例えば羽田空港~シンガポールのフライトに必要なマイル数(エコノミー)

・KrisFlyerマイル:50,000

・全日本空輸のマイル:30,000

全日本空輸のマイルを貯めてシンガポール航空に乗る場合のデメリット

全日本空輸のマイルの方が少ないマイル数で特典航空券に取り換えれるメリットがあるのですが、全日本空輸のマイルを経由すると利用不可のクラスがあります。

・スイートクラス

・ファーストクラス

・ビジネス(一部)

スイートクラスについて

シンガポール航空にはファーストクラスよりも上のクラス、スイートクラスが存在します。

エアバスA380という世界最大の機種を利用しており、世界初の総2階建てになっています。

このようなスイートクラスをマイルで取り換えてフライト利用したい場合は、KrisFlyerマイルを中心にためることをおすすめします。

まとめ

instagram-image

taromanma

日本人にも馴染みのあるシンガポール航空、一度は利用してみて快適な空の旅を楽しんだことのある人も多いのではないでしょうか。

アジアのハブ空港を持つシンガポールは、世界中へのフライト便があります。日本からシンガポールを経由して、シンガポール航空で目的地に旅行する人も多いのではないでしょうか。

シンガポールのマイルの貯め方知っていると、より世界中の旅を満喫できるようになるでしょう。

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

26歳未満の人にとっての海外旅行用のカードはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード一択です。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは通常年会費が3,000円(税抜)かかりますが、26歳未満の人は26歳になるまで年会費が無料で、有料会員と同じ特典を受けれます。

特に海外旅行保険は手厚く、補償額は年会費無料のカードの5〜6倍にもなります。(傷害死亡・後遺障害で比較)

その他にも26歳未満であれば年会費無料でゴールドカードクラスの特典を多数受けられますので詳しくはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイトをご確認ください。