2019年最新版|イオンカードの海外旅行保険についての注意点

キャッシュレス化が日本でも進み、クレカを新たに作る人も多いのではないでしょうか。

特典としてポイント/マイルが有名ですが、無料ラウンジや海外旅行保険などの特典もついていることも存知でしょうか。

最近は海外に旅行される方も増えているので、お使いのクレカの特典に海外旅行保険があるのか確かめてみましょう。

クレカの発行会社、カードのバリエーションなどによって細かく利用規約が違うので注目が必要です。

本記事では、イオンカードの海外旅行保険について深堀りしてお伝えしたいと思います。

イオンカードの海外旅行保険って何?

instagram-image

ykn_merchan305

海外旅行保険は一般的には損害保険会社が提供しているサービスですが、クレカの特典として海外旅行保険をついている場合があります。

もしものときに保険があるとないとでは、今後の人生も大きな影響を与えることにもなります。ただ、毎回、損害保険会社が提供しているサービスに加入するのはコスパが悪いです。

そこで、クレカの特典でついている海外旅行保険でも十分の補償内容があることをお伝えします。

イオンカードのバリエーションによって保険の内容も違うので、「海外旅行保険が付いてるから安心」と考えず、補償内容と支払リミットをしっかりと確認しておきましょう。

・イオンゴールドカード(利用付帯)

・イオンSuicaカード(自動付帯)

・KNTカード(自動付帯)

イオンゴールドカード

イオンカードゴールドカードは、イオンカードの上位カードなので補償内容も充実していています。

海外での治療費は日本の保険が効かないので高額ですが、以下の支払リミットが無料で付帯できるのは心強いです。

ただし保険適用は、利用付帯になることに留意が必要です。

・保険のバリエーション:支払リミット

傷害による死亡・後遺傷害:最高額5,000万円

傷害による治療費用   :1事故のリミット300万円

疾病による治療費用   :1疾病のリミット300万円

携行品損害       :年間リミット30万円

賠償責任        :1事故のリミット3,000万円

救援者費用など     :年間リミット200万円

イオンSuicaカード

イオンカードの通常カードのすべてに、海外旅行保険が付帯されているわけではないので注意が必要です。

また補償内容、支払リミットも少額です。もしも海外で入院などした場合は、この保険内容だけでカバーしきれない可能性が高いです。

・保険のバリエーション:支払リミット

傷害による死亡・後遺傷害:最高額500万円

傷害による治療費用   :1事故のリミット50万円

疾病による治療費用   :1疾病のリミット50万円

KNTカード

近畿日本ツーリストのサービスで、日本国内の旅行でポイントを貯めるのに最適なカードです。

海外旅行保険は付帯されていますが、補償内容は充実していません。

・保険のバリエーション:支払リミット

傷害による死亡・後遺傷害:最高額2,000万円

 

イオンカードの海外旅行保険の自動付帯と利用付帯について

instagram-image

urizunsavings

海外旅行保険の保険適用には、自動付帯と利用付帯と別れているので注意が必要です。

・自動付帯:海外旅行の際に、自動で海外旅行保険が付帯されている。期間が決まっているので注意が必要、一般的には最長で30日間である。

・利用付帯:保険適用には、日本出国前に海外旅行に伴う「海外旅行ツアー」または「公共交通乗用具」の利用が必要です。

公共交通乗用具とは、海外旅行の際に自宅を出発して公共交通機関を利用した運賃のことであり、保険適用には出国前の決算である必要があります。

例えば自宅から空港までのタクシー代、リムジンバス代、電車の切符代、渡航先への航空券の購入の支払いなどを言います。

イオンゴールドカードは利用付帯のため、海外旅行前に保険適用になるように前もってクレカを利用するのを忘れないようにしないといけません。

イオンカードはおすすめ

イオンカードの魅力は海外旅行保険だけでなく、「お客様感謝デー」のように毎月二回あるお買い物代金が5%OFFになる特典がありなど、普段使いに最適のクレカです。

新規入会のお得なプロモーションも頻繁にあるので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

通常のイオンカードの特典に加えてさらにお得なサービスが追加されるゴールドカードは、イオンカードを使うなら是非とも切り替えたいものです。

・ゴールドカードを発行の条件:直近1年間のカードショッピング100万円以上あること(他に所定の条件を満たされた方)

海外旅行保険の補償内容も大きく異なるので、とてもお得なカードです。

まとめ

instagram-image

honeybread1124

イオンカードには「海外旅行保険」が付属されていますが、すべてのイオンカードに付帯されているわけではありません。

またイオンカードのバリエーションによって補償内容と支払リミット、適用条件など細かな違いもあります。メインカードのクレカとして使っている人も多いので、もしものときにしっかりとサポートが受けられるように、この記事を参考にしてください。

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

26歳未満の人にとっての海外旅行用のカードはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード一択です。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは通常年会費が3,000円(税抜)かかりますが、26歳未満の人は26歳になるまで年会費が無料で、有料会員と同じ特典を受けれます。

特に海外旅行保険は手厚く、補償額は年会費無料のカードの5〜6倍にもなります。(傷害死亡・後遺障害で比較)

その他にも26歳未満であれば年会費無料でゴールドカードクラスの特典を多数受けられますので詳しくはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイトをご確認ください。