2019年版|コスパ最強のLCCジェットスター のマイルを徹底解説

日本人にも馴染みのあるLCC「ジェットスター」は日本をはじめ、オーストラリア、香港、フィリピン、台湾など、アジア太平洋地域のさまざまな都市へ格安で空の旅が楽しめます。

LCCといえばコスパがいい代わりにマイルが貯まらないイメージですが、はたしてジェットスターでマイルを貯めることができるのでしょうか…
本記事では、ジェットスターのマイルを貯めるにはどうしたらいいのか深堀りしてお伝えします。

ジェットスターの基本情報とマイル

instagram-image

jetstar_japan

2019年に「世界で安全なトップ10ローコストキャリア」「ベスト・ローコストエアライン賞 – オーストラリア/太平洋地域」などを獲得し、過去にも何度も受賞歴があります。
国内ではLCCシェア率No.1で、他航空会社、旅行会社のWeb価格より10%も最低価格保証のサービスが好評です。

「ジェットスター・ジャパン」として日本を拠点するグループもあり、日本国内線でも利用する機会が増えています。国内ではLCCとして最大級のネットワークがあり、国内線24路線、国際線13路線があります。

ジェットスターの基本情報
・名称:ジェットスター航空(Jetstar)
・設立:2004年~
・ハブ空港:メルボルン空港
・マイレージプログラム:カンタス・フリークエントフライヤー
・ラウンジ:カンタスクラブ
・アライアンス:未加盟
・グループ:ジェットスター航空(JQ)、ジェットスター・アジア航空(3K)、ジェットスター・パシフィック航空(BL)、ジェットスター・ジャパン(GK)

それでは、ジェットスターのマイルの貯め方を詳しくみていきましょう。

ジェットスターのマイルの貯め方

ジェットスターはカンタス航空の完全子会社のLCCなので、マイレージプログラムはカンタス・フリークエントフライヤーになります。

フリークエントフライヤーのマイルを使えば次のことができます。

・特典航空券の交換
カンタス航空、ジェットスター、ワンワールド加盟航空会社、その他提携航空会社のフライトを片道、往復、周回で利用できる。

・アップグレード
カンタス航空が運航する国際線、国内線フライトで、空席状況に応じてアップグレードができる。

・ホテル宿泊
Qantas.comでホテルの予約する時に、宿泊代金の全額または一部がポイントでお支払い可能になる

カンタスフリークエントのマイルでジェットスターの特典航空券に交換する

instagram-image

myuuchan926

カンタスフリークエント・フライヤープログラムには、「クラシック・フライトリワード」「ポイント・プラス・ペイ-フライト」の2種類あります。

クラシック・フライトリワードとは特典航空券として開放している路線に対して、ポイント・プラス・ペイ-フライトは販売用の空席がある場合に交換可能な特典航空券です。

日本~オーストラリア間の特典航空券に必要なマイル数は以下になります。(ゾーン5:片道マイル数/ 3,601-4,800)

・ジェットスター・クラシック・フライトリワード
エコノミー: 24,000
ビジネス :48,000

・ポイント・プラス・ペイ-フライト
エコノミー :35,000
プレミアム・エコノミー:52,500
ビジネス :65,000
ファーストクラス:95,000

ジェットスターのマイルのメリット

ジェットスターでマイルを貯めるメリットは、たくさんあります。

・家族間でポイント移行が可能
1回につき5,000~600,000ポイント移行が無制限で可能です。(12ヵ月間の上限600,000ポイント)

・ポイントを購入可能
ポイントが不足している場合は、最大で150,000ポイントをご購入できる。

ジェットスターの提携航空会社:マイレージプログラム
・日本航空:JALマイレージバンク
・カンタス航空:カンタスポイント
・エミレーツ航空:エミレーツ・スカイワーズ
・ベトナム航空:ロータスマイル

ジェットスター・ジャパンで対象となる運賃タイプをご利用になれば、JALマイルを貯めることができます。注意ポイントは、ジェットスター・ジャパンでしか対象にならないことです。

ジェットスターの特典航空券獲得に必要なマイル

instagram-image

tktktk55555

ジェットスター・ジャパンの特典航空券は、5,000マイル(片道)からに交換可能です。特典航空券の有効期限は、旅行開始日から1年間となります。

国際線(往復):21,000
東京(成田)~台北、香港、マニラ、上海
大阪(関西)~台北、香港、マニラ
名古屋(中部)~台北、マニラ

国内線(往復):10,000
国内線 A区間

国内線(往復):12,000
国内線 B区間

東京~大阪間を、片道5,000マイルから利用できるのでお得です。

ジェットスターの提携航空会社

ジェットスターと提携航空会社では、マイルを相互利用や加算ができるようになります。

運賃タイプ別マイル積算率
エコノミー(Starter):積算不可
エコノミー(Starter Plus):25%
エコノミー(Starter Max):25%
エコノミー(Starter FlexiBiz):積算不可

まとめ

国内LCCで唯一3大都市(東京、名古屋、大阪)から運航しているジェットスターは、年々ネットワークを国内外へ拡大しています。国内線のLCCのシェア率も47%と高く、国内LCCを利用の約半数にジェットスターが利用されています。

LCCでマイルを貯めるなら、ジェットスターマイルがおすすめです。

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

26歳未満の人にとっての海外旅行用のカードはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード一択です。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは通常年会費が3,000円(税抜)かかりますが、26歳未満の人は26歳になるまで年会費が無料で、有料会員と同じ特典を受けれます。

特に海外旅行保険は手厚く、補償額は年会費無料のカードの5〜6倍にもなります。(傷害死亡・後遺障害で比較)

その他にも26歳未満であれば年会費無料でゴールドカードクラスの特典を多数受けられますので詳しくはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイトをご確認ください。