2019年最新版|ハワイアン航空のマイルを貯める方法

日本人に大人気のハワイ、リピート率も高く長年日本人に愛されているリゾートアイランドです。
そんな日付変更線を超えての空の旅で利用したいのが、1929年に創立されたハワイで最も歴史が長く最大の航空会社ハワイアン航空ではないでしょうか。

本記事では、ハワイアン航空のマイルを貯め方について深堀りしてお伝えします。

ハワイアン航空の基礎情報とマイル方法

instagram-image

airplane_photo_collection

ハワイ州には 8 つの島があり、そのうち 6 島が観光客を受け入れています。人口の最も多いオアフ島には、ハワイ州の州都ホノルルと常に観光客で賑あってるワイキキビーチがあります。

ハワイアン航空は、ホノルルのダニエル・K・イノウエ国際航空を拠点とするハワイの国際航空、ここ数年は日本からのハワイ便の数を増やしており、利用する機会も増えたのではないでしょうか。

現在、ハワイから日本、韓国、オーストラリア、などの直行便も運航しており、ハワイ州の島間便は1日約170便運航しています。

・名称:Hawaiian Airlines
・2レターコード:HA
・アライアンス:非加盟
・マイレージプログラム:HawaiianMiles(ハワイアン・マイルズ)

アライアンスには非加盟ですが、マイルを貯める方法はたくさんあります。

ハワイアン航空のマイルの貯め方

ハワイアン航空には、「HawaiianMiles」というマイレージプログラムがあります。
日本からは、ハワイ行きのフライトしか出航していません。ですのでハワイアン航空のマイルを貯める人は、日本からハワイ行きをよく利用する人、ハワイ諸島間線をする人には最適なマイレージプログラムになります。

ハワイアン航空のマイルを貯める

instagram-image

hiroaki9440

ハワイアン航空は残念ながらアライアンスに非加盟ですが、JALと提携(コードシェア)をしているのでJALのマイレージプログラムを利用して、ハワイアン航空の特典航空券と交換することや、マイルを貯めたりと相互利用できます。

その他にも、ハワイアン航空のマイルを貯める方法はたくさんあります。

・ハワイアン航空のフライトの利用
・ハワイアン航空と提携している航空会社の利用
・提携クレジットカードの利用

その他にも提携しているホテルやレンタカー、Hawaiian Airlines クルーズ バケーションなどでもマイルを獲得することができます。

ハワイアン航空のマイルの積算率

ハワイアン航空の積算率は、エコノミーで100%、ビジネスクラスで150%あります。

またハワイアン航空はエコノミークラスをメインキャビンと呼び、Super Saverとは閑散期、Flexとは繁忙期のことで、特典航空券に必要なマイル数が異なります。

ハワイー日本(片道)の特典航空券に必要なマイル
・ハワイアン航空のマイルを使う場合
エコノミークラス
Super Saver/40,000マイル
Flex/80,000マイル
ビジネスクラス
Super Saver/65,000マイル
Flex/130,000マイル

・JALマイルを使う場合
エコノミークラス
東京(羽田・成田)、札幌(新千歳)−ホノルル45,000
大阪(関西)−ホノルル/47,000

ビジネスクラス
東京(羽田・成田)、札幌(新千歳)−ホノルル/80000
大阪(関西)−ホノルル/85,000

ハワイアン航空のマイルのメリット

・ハワイアンマイルズの有効期限
・ブラックアウト期間なし(ご予約不可日)
・片道だけの特典航空券の利用可能

ハワイアン航空のマイルの有効期限は18ヵ月間なので、日系の航空会社の36ヵ月間と違うので注意が必要です。
18ヵ月間ではマイルを貯める前に失効してしまうのでは…と不安になりますが、ハワイアン航空のマイルはこの18ヵ月間にマイル数の変動があれば、その時点から18ヵ月間更に延長されるので実質無制限に貯めることができます。

フライトに乗らなくても、提携クレジットカードを使えばそれだけでマイルの有効期限が延長されます。クレジットカードがなくても、ハワイアンマイルズの会員なら500マイル単位で購入も可能、ハワイアン・マイルズの会員からマイルをプレゼントでも大丈夫です。

ハワイアン~日本で貯まるマイル数

路線(片道):獲得マイル数/ビジネス クラスで貯まるマイル
ホノルル~東京(羽田):3,850/5,775
コナ~東京(羽田):4,010/6,015
ホノルル~大阪(関西):4,113/6,169
ホノルル~札幌(新千歳):3,748/5,622
ホノルル~東京 (成田):3,819/5,728

まとめ

日本滞在の方はハワイアン航空の提携しているJALマイルを利用して、ハワイアン航空の特典航空券に交換したほうがコスパがいいです。

両者では同じ航路でも必要なマイル数が違い、ハワイアンマイルズがJALマイルよりもお得になることもありますが、総合的にJALマイルの方がマイルを貯めやすく、お得にハワイアン航空を利用することができます。

ハワイアン航空は2020年8月1日~30日の間、関空~ホノルル線を増便して1日2便体制で運航することを発表しました。

夏休み期間中のハワイ渡航需要に対応するもので、特典航空券もこれで取りやすくなるでしょう。

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

26歳未満の人にとっての海外旅行用のカードはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード一択です。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは通常年会費が3,000円(税抜)かかりますが、26歳未満の人は26歳になるまで年会費が無料で、有料会員と同じ特典を受けれます。

特に海外旅行保険は手厚く、補償額は年会費無料のカードの5〜6倍にもなります。(傷害死亡・後遺障害で比較)

その他にも26歳未満であれば年会費無料でゴールドカードクラスの特典を多数受けられますので詳しくはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイトをご確認ください。