2020年最新版|タイ航空マイルのマイルの賢い貯め方

マイルを貯めて特典航空券に交換して使うのは、マイラーの一番の楽しみでもあります。
マイルはそれぞれの航空会社独自のマイレージプログラムがあり、それを理解すればマイルを何倍もの価値で利用することができます。

本記事では、「タイ航空のマイル」についてお得なマイルの貯め方を深堀りしてお伝えします。

タイ航空の基礎情報とマイル

タイ航空はタイを代表するフラッグキャリアで、2019年10月30日からは新たに仙台-バンコクを就航を開始して、ますます身近になりました。

タイ航空の基礎情報
・名称:タイ国際航空
・設立:1960年
・ハブ空港:スワンナプーム国際空港
・航空会社コード:TG
・就航地:国内/11都市、海外/61都市
・マイレージプログラム:ロイヤルオーキッドプラス(以下ROPと省略する)
・アライアンス:スターアライアンス
・公式サイト:https://www.thaiairways.com/
・ツイッター:https://twitter.com/ThaiAirways/

マイルを上手に貯めるコツは、マイレージプログラムにあります。

タイ航空のマイレージプログラム

タイ航空のマイレージプログラムの「ROP」は、2歳以上なら誰でも会員になることができます。
またタイ航空はスターアライアンスに加盟しているので、そちらかもマイルを貯めることができます。

・タイ航空のマイルを貯めるには
1.ROPでマイルを貯める
2.スターアライアンスでマイルを貯める

これ以外にも提供クレジットカードや、提携サービスの利用によってマイルを貯めることができます。

アライアンスは日本でいえばANAがスターアライアンスに加盟しているので、ANAマイルとタイ航空のマイルでは相互利用ができます。

タイ航空のマイルの貯め方

ROPとマイレージクラブ、どちらでマイルを貯めたほうが、タイ航空のフライトにはお得なのでしょうか。

タイ航空の特典航空券をタイ航空のマイル、アライアンスのANAマイルを使った場合で比べてみました。

日本(羽田、成田、福岡、名古屋、大阪、札幌、仙台)~バンコク間に必要なマイル数は、タイ航空とANAでは異なります。(2019年11月現在)

タイ航空:片道(往復)

エコノミークラス:22,500(45,000)
プレミアムエコノミークラス:30,000(60,000)
ロイヤルシルククラス:47,500(95,000)
ロイヤルファーストクラス:67,500(135,000)

ANA:往復

エコノミー/35000
ビジネス/60000
ファースト/120000

ANAマイルでは片道だけの発券はできませんが、往復で計算するとANAマイルのほうがコスパがいいようです。

タイ航空のフライトマイル

フライトマイルは、購入になった航空券のサービスクラスと飛行距離に応じてマイルが加算されます。タイ航空では、マイル獲得の対象にならない予約クラスもあります。

・ロイヤルファーストクラス:(F)/250%、(A・P)/200%
・ロイヤルシルククラス:(C・D)/150%、(J・Z)/125%
・プレミアムエコノミー:(U)/110%(S・N・Q)/50%(G・T・O・W)/25%
・エコノミー:(Y・B)/110%、(M・H・Q)/100%(T・K・S)/75%、(G)/50%、(V・W)/25%、(L)/0%
・対象外の予約クラス:(O・I・X・E・N・R)/0%

タイ・スマイルでもタイ航空のマイルを貯めることができる

タイ・スマイルはタイのLCC航空会社、2012年の運航当初はタイ航空のLCCブランドとしてサービスを開始して、現在ではタイ航空とは独立して運航しています。

ですがタイ・スマイル運航フライトでも、ROPマイルを貯めることができます。

タイ・スマイルで貯まるフライトマイル
・プレミアムエコノミー:(U)/110%
・エコノミークラス:(Y・B)/110%、(M・H・Q)/100%、(T・K・S)/75%、(G)/50%、(V・W)/25%、(L)/0%
・対象外の予約クラス:(O・I・X・E・N・R)/0%

スターアライアンスで貯める

ROPのマイルは、お支払いになったスターアライアンス加盟航空会社運航便の予約クラスコードに応じて獲得できます。

・ファーストクラス:150%
・ビジネスクラス:125%
・エコノミークラス:100%

どちらの航空券も割引運賃で購入の場合は、実飛行マイルの一部のみ加算されるか、あるいはマイル獲得の対象にならないことがあるので留意しておきましょう。

まとめ

タイはアジアの中でも、根強い人気のある国です。リピート率も高くタイ航空に馴染みのある人も多いのではないでしょうか。

日本に滞在しているなら断然ANAマイルを貯めて、タイ航空の特典航空券に交換したほうがコスパがいいです。
日本なら陸マイラーとしてもANAマイルを貯めやすく、エコノミークラスなら往復で35000マイルで交換できます。

自分のライフスタイルに合わせて、最適な方法を見つけてください。

海外旅行保険代を無料にするコスパ最強カード

エポスカード

クレジットカードは海外旅行の必需品とはいっても、どのクレジットカードを作ると得するのかわからないという人も多いのではないでしょうか。

そんな方に胸を張っておすすめできるのが、百貨店マルイが発行しているエポスカードです。雑誌やトラベルブロガーに海外旅行用コスパ最強カードとして頻繁に取り上げられています。

海外旅行に行く際は海外旅行保険に加入する必要があることは理解しているけど、実際お世話になることはないと思いながら海外旅行保険代として渋々5,000円程度払っていませんか?

また、持っているカードに海外旅行保険について記載があったとしても、旅費をそのカードで決済した場合に限るといったややこしい条件がついていて、海外旅行保険が適応されているのか不安に思う場合もありますよね。

エポスカード年会費が永年無料であるにも関わらず、海外旅行保険(三井住友海上火災保険提携)が無条件・無料で付帯しているのでカードを作ってしまえば、カードを使う使わないに関わらず、これらの悩みを今後将来に渡って解決してくれます。

年会費無料のカードで海外旅行保険が自動付帯しているものはほぼなく、下記のメリットもあるので、エポスカードは海外旅行に最適かつ国内でも使えるコスパ最強カードと言われています。

  • 海外で一番普及しているVISAブランド
  • 即日発行可能(ネット申し込み→店舗受け取り)
  • 今なら2000円分のポイントが貰える
  • デザインがスタイリッシュ
  • 継続利用でゴールドカードの年会費が無料になる可能性あり

クレジットカード選びや海外旅行保険選びのために時間を毎回使い続けるのをやめるために、年会費無料のエポスカードをサクッと5分で作りましょう。

\今なら2000円分ポイントもらえる/

カテゴリー