マイルを貯めるにはどういう方法があるの?基本的なマイルの貯め方

マイルは貯めることで、特典航空券をはじめ、各航空会社セレクションの商品などへの交換ができます。このほかにも、航空会社によってTポイントや楽天Edy、Suicaといった電子マネーへの交換もできます。

マイルは、飛行機に乗ることでためられるイメージも強いかと思いますが、実際のフライト以外でもためることが可能です。

今回は、初心者の方でも分かる、基本的なマイルの貯め方について詳しくご紹介します。

マイルの貯め方【基本編】

instagram-image

rabbitsskimo

マイルとは?

そもそもマイルとは、各エアラインのマイルプログラムで獲得できるポイントのようなものです。このポイントを、フライトの距離にあたるマイルとして貯められるサービスです。

世界中には数多くのエアラインがありますが、各社独自にマイレージを貯めるサービスがあります。例えば日本では、全日空(ANA)は「ANAマイレージクラブ」、日本航空(JAL)は「JALマイレージバンク」と呼ばれるマイレージサービスがあります。

全日空の飛行機に乗った際はANAマイレージクラブ会員としてマイルを獲得することができ、日本航空の飛行機に乗った場合はJALマイレージバンク会員としてのマイルを貯めることになります。全日空の飛行機に乗り獲得したマイルを、JALマイレージバンクでためることはできません。

マイルを貯めるために必要なこと

マイルを貯めるには、まず、エアライン各社のマイルサービスに加入する必要があります。飛行機に乗ったからといって自動的に貯まるわけではありませんので、利用するエアラインが提供しているサービスをチェックして、事前に会員登録を済ませましょう。

日本を含め、世界中のどのエアラインも会員登録は無料です。飛行機に乗る際はぜひ利用するエアラインのマイル会員に登録しましょう。登録は、空港やインターネットで簡単にできます。

飛行機に乗ってフライトマイルを貯める

マイルを貯める基本中の基本です。国内線、国際線に関わらず、どのフライトでもマイルを獲得できます。貯められるマイル数はとてもシンプルで、フライトの距離となります。

ただし、注意したいのが、獲得できるマイル数は利用する航空券の種類、座席のクラスによって異なる点です。航空券を購入する際、早めに買うと安く手に入るものもあれば、当日割引なしの通常の運賃で購入する場合であったり、ツアーに航空券込みになっているなど、多くの運賃タイプがあります。

例えば、分かりやすく国内線で片道500マイルのフライトがあるとします。エアライン各社のルールによりますが、割引なしの通常の運賃で購入すると500マイル、割引で購入したものはその50%である250マイル、チケットが込みになったツアーなどの場合は25%にあたる125マイルが付与されることとなります。

ANAやJALのマイルは、それぞれのフライトでなくても、アライアンス加盟エアラインのフライトマイルも、同一マイルとして貯めることができます

ANAは世界最大級のスターアライアンス、JALはワンワールドに加盟しています。例えば、海外旅行でルフトハンザ ドイツ航空に乗る機会があったとします。ルフトハンザ ドイツ航空はANAが加盟するスターアライアンス加盟エアラインですので、ルフトハンザ ドイツ航空に乗った際のマイルはANAのマイルとして貯めることが出来るということになります。

マイルの貯め方【応用編】

instagram-image

shu_ya112

マイルは、飛行機に乗ること以外でも貯めることができます。

航空会社直営のショップ、サービスを利用して貯める

多くの航空会社では、空港やオンラインで自社でのショップが運営されており、ショップでの利用金額によってマイルが付与されます。また、提携先のサービスを利用することでマイルを貯められるシステムもあります。

ここでは、全日空を例として見てみます。全日空にはA-styleというオンラインショップがあり、このオンラインショップでの買い物の金額に応じてマイルが貯められます。また、海外旅行でよく利用されることも多い、機内販売もマイルの対象になります。

このほかにも、エアラインと提携しているホテルもあり、ホテルごとに貯められるマイル数が決められていますので、旅行時には確認をして活用したいですね。

クレジットカードのポイントをマイルに換える

現在はキャッシュレス決済が推進されていることもあり、クレジットカードを保有、活用している方も多くいらっしゃると思います。クレジットカードには、発行元のカード会社が展開しているポイントサービスがあり、ほとんどのカード会社のポイント交換先に航空会社のマイルが設定されています。

どれくらいのポイント数でどれくらいのマイルに交換できるかは各カード会社によりますので、自分が使っているカードのポイントプログラムを確認してみましょう。

マイルは主にフライトで貯めるイメージも強いかと思いますが、日常的に使うクレジットカードのポイント、つまり、日常生活での出費をマイルとして貯められるのは嬉しいですね。

クレジットカードは国内だけでなく、海外旅行でもよく使うという方も多いのではないかと思います。日本よりもはるかにキャッシュレス化の進んだ国も多く、海外旅行では必須の決済方法です。海外旅行となるとある程度まとまった金額を使うことも多いので、ポイント=マイルを貯められるチャンスでもあります。

航空会社提携クレジットカードでもっと貯められる

クレジットカードには必ずそれぞれポイントを貯めるプログラムがあるので、そのポイントをマイルへ交換することで基本的にはどのカードでもマイルは貯められますが、航空会社提携のカードを保有するとさらにマイルが貯めやすいシステムとなっています。

カード保有者のみマイルが加算されるサービスや、カードの種類によってマイル加算率が高く設定されているものなどもありますので、航空会社提携のカードを持つことでより効率的にマイルを貯めることができます。

まとめ

instagram-image

shu_ya112

航空会社のマイルの貯め方について基本的な方法をご紹介しました。飛行機に乗らずとも、日常的に貯めることもできるので、ぜひ各社のマイルプログラムに登録して、計画的にマイルを貯めてみましょう。

海外旅行おすすめクレカ1位

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

コロナの影響もあり、なかなか旅行に行けないかと思いますが、日常使いでもかなりお得なカードなので、旅行を見据えて海外旅行保険がついたクレジットカードを前もって用意しておきましょう。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/


カテゴリー