海外旅行で変圧器は必要?日本の家電を海外でも使う方法

海外旅行するときに気がかりになるのが、日本の家電の充電や使用が旅行先の現地でできるかどうかです。
「日本の家電は海外と電圧が違うから使えない…」ってことは広く認知されているが、海外で変圧器が実用的かどうかは、一度海外旅行に行って滞在してみないとなかなか実感できるものではありません。

この記事では海外旅行で変圧器は必要なのか?日本の家電を海外でも使う方法などもお伝えします。

海外旅行では変圧器は必要?

instagram-image

satotch626

「日本の家電は海外と電圧が違うから使えない…」ってのは少し昔の考え方で、スマホやノートパソコンなどは変圧器なしでも海外で普通に使えることが多くなってきました。

そこで知っておくべき、日本の家電を海外で使用するときに守るべき規定は2つだけでいいのです。

・電圧が一致(ユニバーサル使用)している
・コンセント(プラグ)の形状が一致している

この2つを条件を満たすことで、日本の家電も確実に海外旅行先で使用することができます。

日本と世界の電圧の違い

日本の家電の電圧は、100Vで統一されています。
しかしながら世界では「100~240V」までの電圧が使われているので、旅行先の電圧を確かめることが不可欠です。

例えば日本人観光客がよく訪れる韓国の電圧は、220Vです。ですが220Vで一本化されているわけではなく、場所によっては110Vの所も一部あります。しかし主流は、220Vになります。

またハワイでは120Vで一本化されていますが、日本の100Vとは違います。「20Vの差なら大丈夫じゃなの」と考える人もいますが、高確率で家電は壊れるでしょう。

日本の100Vというのは世界的には珍しく、使っているのは日本と北朝鮮ぐらいだと言われています。
ですが滞在先のホテルによっては、日本の家電に合わせた電圧が使えるようになっているコンセントの差込口などもよく見かけることがあります。

ユニバーサル使用なら変圧器は不要

電圧が統一されている日本では、大抵の人が変圧器を使う機会がありません。なので電圧に対して疎い人が、多いのです。

そこで海外に行く前に「電圧が異なるなら変圧器を購入しようか…」とお考えの前に、お使いの電子機器の入力(INPUT)の値を確認してみましょう。

入力が100V~240Vまでフィトしている機器をユニバーサル仕様といい、アダプターの中に電圧を変換する機能があるので、ワールドワイドにどこでも変圧器なしで使えることができます。

例えばスマホ、デジカメ、タブレット、ノートパソコンなどは、ユニバーサル仕様になっていることが多いです。
この場合はコンセントの指し口(プラグ)が合えば、使用することができます。

海外旅行で大活躍の変換プラグ

ユニバーサル仕様の日本の家電を利用するためには、渡航先のコンセントの形状をしっておく必要があります。
種類もAタイプ、Bタイプ、Cタイプ、SEタイプなど様々で、一本化されていない国もあります。変換プラグ自体は、電化量販店や空港などで、1,000円以下で購入可能です。

もしもコンセントの形状が統一されていない国に渡航する場合は、マルチタイプの変換プラグを用意しておくと現地で慌てて変換プラグを探す手間もなくなるでしょう。

海外旅行で変圧器を利用したい

instagram-image

satotch626

ユニバーサル仕様の家電が増えてはいますが、すべての商品が対応しているわけではありません。
特に女性の場合はヘアドライヤーやヘアアイロンなどを、海外旅行に持参したい人もたくさんいます。

しかしヘアドライヤーなどの消費電力が高く日本の商品は1,200Wあるタイプが主流なので、容量がある変圧器が必要になり重量も重くなります。

どうしてもこのような消費電力が高い家電を使いたい場合は、国内でユニバーサル仕様の商品を探すか、現地で購入する方がコスパがいいでしょう。

昔と違い海外の家電も、日本と負けず劣らず使えるものが増えています。

海外旅行に変圧器を使う場合

それでも日本製の家電を海外で使いたい場合は、変圧器を購入しましょう。

変圧器の定格容量以内であるように、事前に使用する家電の消費電力を確認しましょう。
できればある程度変圧器の定格容量には余裕をもたせて商品を選ぶようにして、オーバヒートなので故障になる原因を減らしておきましょう。

とくにヘアドライヤーのように熱量を調整できる製品は、一時的に使用電力も高まります。

まとめ

海外旅行の際の悩みになりやすい家電の問題、最近はユニバーサル仕様が増加して100V~240Vまで対応しているものが増えてきてますが、まだまだ対応していないものが多いのが現状です。

とくにヘアドライヤーや炊飯器などは、日本製品がいいって方もたくさんいます。
そんなときに便利なのが変圧器、もしも1週間ほどの短い日程なら無理に買わなくていいですが、長期滞在するなら必要性も高まります。

ただ高価な買い物になるので使いたい家電の消費電力を十分カバーできる製品を選ぶようにして、大切に使っていきましょう。

 

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/