香港国際空港から入国なしでマカオに行けるフェリーがおすすめ

香港国際空港から入国なしでマカオに行けるフェリーがおすすめ

香港とマカオはセットで回る方も多いですが、マカオだけ行きたいという方もいらっしゃいますよね?

日本からもマカオ行きフライトは出てますが、本数が少ないので利便性としてはイマイチ。

でも香港行きなら、フライトも多く地方からも運航しているので、香港経由でマカオに行くのがおすすめです。

そこでもっともおすすめなのは、香港国際空港から直接フェリーに乗るアクセス方法。

香港にいったん入国しなくてもマカオに行けるんです。

そんなおすすめなフェリーについてご紹介します。

香港からマカオへ行く3つのルート!フェリーは3か所から

香港とマカオは中国の特別行政区に指定されていますが、入国するにはそれぞれの都市で入国審査があります。

つまり空港外に出るためには、いったん入国審査を受ける必要があるんです。

マカオだけに行きたい場合、香港もマカオも入国審査を受けると余計に時間がかかり、移動の疲れも増します。

今回ご紹介する3つのルートのうち、2つは香港への入国審査が必要。

ただし1つは入国審査が不要なんです。

そのことも考慮してルートを検討しましょう。

2018年10月に開通した港珠澳大橋をシャトルバスで渡る

世界で最長の海上橋でもある港珠澳大橋は、完成までに約9年もかかった大作です。

全長約55㎞もある橋をシャトルバスを使って横断する方法。

今回の3つのルートの中でいちばん安い料金でマカオに行くことができます。

  • 6:00~23:59・・・65HKドル(約880円)
  • 0:00~5:59・・・70HKドル(約950円)

※2019年8月10現在:1HKドル=13.46円

なんと1,000円以下でマカオに渡れるんです。

料金をおさえたい方にはおすすめな方法。

ただし、香港に入国する必要があるため、その分時間がとられてしまうというデメリットも発生します。

香港とマカオ、両方楽しみたい方はいちばん安く行ける方法ですよ。

直行便がない飛行機は時間が想像以上にかかる

香港までフライトし、乗り継ぎでマカオに行こうとする場合、直行便はないため必ず1回は乗り継ぎが入ってしまいます。

その時間はトータルで4~5時間ですが、香港とマカオの距離は約65㎞。この距離を4~5時間かけて行くのは時間の無駄ですよね。

泉州や福州など、いったん中国本土で乗り継ぐためメリットはほとんどありません。

香港国際空港から直行で行けるフェリー

最後はいちばんおすすめのフェリーです。

香港国際空港以外にも、2つのフェリーターミナルがあります。

そちらは、香港の入国審査が必要なので、香港に行かない方にはおすすめできません。

その点、香港国際空港から出るフェリーは、入国審査をせずフェリーターミナルまで通過

また所要時間も約1時間なので、移動時間も苦ではありません。

マカオへは香港の入国なしでフェリーで行ける!

香港への入国審査がないトランジット扱い、。

時間も短縮でき、わずらわしさも少ないので多くの観光客も利用している方法です。

それでは詳しく説明していきますね。

空港内に直結しているフェリーターミナル

香港国際空港に到着してから、空港からいっさい出ることなくいけるフェリーターミナル。

ターミナルは「SkyPierⅡ」という名称です。

空港からフェリーターミナルまでの行き方はとても簡単

  1. 空港到着したら「Transfer Areas Ferry Transit E2」を目指して進む
  2. フェリーの乗り継ぎカウンターがあるのでチェックインを済ます
  3. セキュリティを通過する
  4. APNのシャトルに乗ってフェリーターミナルへ向かう

フェリーの乗車券は、事前予約しておいてもいいですが、当日カウンターで購入しても問題ありません。

ちなみに運航しているフェリー会社は次の2社。

  • ターボジェット
  • コタイ・ウォータージェット

預け入れ荷物があった場合はどうしたらいいのかという点ですが、指定の航空会社に乗っていれば、荷物はフェリーに積み替えてくれるんです。

おもな指定航空会社は以下の通りです。

  • JAL
  • ANA
  • キャセイパシフィック航空
  • 香港エクスプレス

など。

日本から直行便で飛んでいる航空会社は、指定されているので安心ですね。

ターボジェットの料金設定

instagram-image

tomokadodomi

ターボジェットには2種類の料金が設定されています。

  • エコノミー・・・270HKドル(約3,700円)
  • スーパークラス・・・435HKドル(約5,900円)

スーパークラスには、飲み物や食事が無料提供。

またVIP待合ラウンジも無料で使えるのでおとくです。

船内には、免税品も販売している売店もあるので1時間の船旅もあっという間に時間が過ぎてしまいますよね。

【公式:ターボジェット】

コタイ・ウォータージェットの料金設定

instagram-image

tomo.s.omot

こちらも2種類の料金設定になっています。

  • エコノミー・・・270HKドル(約3,700円)
  • ファースト・・・408KHドル(約5,500円)

ファーストならVIP待合ラウンジが使えるのはもちろん、無料WiFiサービスも提供しているので、インターネットも楽に使えます。

【公式:コタイ・ウォータージェット】

香港国際空港からマカオへフェリーで行くときの注意点は3つ

便利に乗り継ぎができるフェリーですが、飛行機の乗り継ぎとは多少違いがでてきます。

そのため次の3つについては注意が必要です。

航空券と同日でないとフェリーには乗れないのでフライト時間にも気を配る

意外な落とし穴ですが、香港に到着した同日にフェリーに乗り継ぐ場合でないと、このフェリーは利用できません。

そのため、マカオに行かれる場合は到着時間も視野に入れる必要があります。

また、フェリーの出発時刻も確認しておきましょう。

フェリーに乗るためには60分前までにチェックインが必要。フェリーカウンターと入国審査は近いので間違わないこと

フェリーカウンターへのチェックインは、フェリー出発の60分前と決まっています。

これは預け入れ荷物を移動する時間も含まれているため、時間は守るようにしましょう。

各航空会社が定めているフェリーまでの乗り継ぎ時間は2時間20分~。

個人で航空券・フェリーのチケットを購入される方は、この時間を目安にチケットを購入してください。

航空機遅延のデメリットを考えると、当日フェリーチケットを購入した方が無駄がありませんよ。

また、フェリー乗り継ぎカウンターと香港への入国審査の場所はとても近いため、誤って入国審査の方へ回らないようにしてください。

一度入国審査を受けてしまうと、空港からフェリーでマカオに向かうことはできません。

香港入国をしてしまった場合は、シャトルバスが安いのでそちらを利用しましょう。

預け入れ荷物は忘れずに申告をする

フェリーカウンターでチェックインするときには、次の3つの提示が必要です。

  • パスポート
  • 到着時のフライト航空券の半券
  • 荷物のクレームタグ

航空券の半券とクレームタグで、係員の方が預け入れ荷物をフェリーまで乗せてくれます。

クレームタグの提示忘れは、乗り継ぎで荷物が運ばれません。

香港国際空港に置き去りになりますので、くれぐれもご注意を。

フェリーのチェックインが済むまではなくさないでおきましょう。

まとめ

マカオだけに行きたいという方は、断然香港国際空港からのフェリーがおすすめです。

香港の入国審査を受けなくていいので、時間の短縮にもなりますよ。

マカオは香港とはまた違った雰囲気で、カジノも盛んな都市。

異国情緒あふれる街並みとカジノ、思う存分楽しんでくださいね。

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/