香港の気温や降水量・それぞれの時期の服装と香港旅行のベストシーズンは?

香港に旅行等で訪れる前に知っておきたい香港の月ごとの平均気温や、気候の特徴、そしてどんな服を持っていったらいいかまた、香港旅行するベストシーズンなどもまとめてみました。

香港の降水量や気温やについて

 

香港は沖縄より低緯度に位置していて、亜熱帯気候に属しています。そのため1年の半分が暖かいです。夏は暑いといっても35度を超える事はほとんどありませんが、冬は日本よりも暖かくて10度を下回る事はありません。あまり寒くならないので、暖房設備が整っていない場所もあり、日本より寒く感じることも場所場所によってはあります。4月から9月までは雨季にあたり、7月ごろまでの時期は湿度が90%以上、とても高くしかもとても暑いので不快日が続きます。

香港の季節と気候・気温の特徴

instagram-image

hongkong_gourmet


香港は、亜熱帯気候に属していて夏が長いのですが、そんな香港にも短いながら冬があって日本よりは緩やかですが、四季があります。
春から夏にかけては高温多湿で蒸し暑い日が続いて秋から冬は温暖で乾燥していて比較的過ごしやすい季節となっています。

春の頃3月から5月

この頃は、曇が多い日どんよりした日が続きます。香港は4月ごろから雨季に入り気温が上がってくるため蒸し暑さを感じることが多いです。

夏の頃6月から8月


7月頃までの時期には湿度が90%を越えていて、どんより淀んだような不快な気候です。その後は真夏がやってきて晴れの日が多くなったります。そしてこの時期には、日本よりも激しい雷雨や台風の日があったりします。

秋の頃9月から11月

この頃まだ日差しが強く暑い日もありますが、秋も後半の11月になってくると雨も少なく過ごしやすい日が続きますら。旅行をするなら、ここのシーズンがベストです。

冬の頃12月から2月

香港の冬は日本の冬と比べると暖かく、寒さに強い人ならば半そでを着て過ごせるほどなので過ごしやすいです。しかし旧正月の前後の時期となるととても寒くなり、気温が10度ほどになることがあります。冬にあまり備えていない香港では東京より日本よりも寒い目に会ってしまうことがあります。


気温や季節の特徴からみた香港旅行のベストシーズン

春から夏までの間は湿気が多く、更に夏はとても蒸し暑いので、気温が少し落ち着いてカラリとした晴れが多い秋のシーズンが香港旅行のベストシーズンです。この時期には、香港名物である夜景もきれいに見られることができる日が多いです。

温度や気候から見た香港旅行に適した服装と衣類系の持ち物

香港に行くのに何を着ていったらいいか?どんな衣類を備えたらいいかをまとめました。


春の頃3月から5月


3月は日中は半袖で過ごすことができますが、夜には冷え込む日もあるので長袖のカーディガンなどのアウターがあると便利です。
5月は半袖で大丈夫ですが、やはり朝晩の冷え込みに備えてカーディガンなどを1枚持参すると良いでしょう。この時期は雨が多いので、折り畳み傘があると安心です。

 

夏の頃6月から8月


こちらは夏服で大丈夫です。室内の冷房が強いところが多いので冷房の寒さに敏感な人は、ストールやカーディガンを準備しておくと良いでしょう。


秋の頃9月から11月


9月は蒸し暑く夏と変わらない半袖などで過ごすことができます。10月からは爽やかな晴天が続くので半袖と長袖朝晩の冷え対策に羽織るカーディガンのようなものがあると便利で快適に過ごせます。


冬の頃12月から2月


よほど寒がりでない限り厚手のコートは必要ありませんが、上に着るジャケットやセーターくらいのものは準備しておきたいところです。日本で考えるほど厚手のものは必要ないと思います。

 

香港の気温や気候を知って香港をエンジョイ

香港は一年中を通して魅力に溢れている都市です。気温や季節の特徴を知って、その時期にしか味わえない香港を味わいましょう。

海外旅行保険代を無料にするコスパ最強カード

エポスカード

クレジットカードは海外旅行の必需品とはいっても、どのクレジットカードを作ると得するのかわからないという人も多いのではないでしょうか。

そんな方に胸を張っておすすめできるのが、百貨店マルイが発行しているエポスカードです。雑誌やトラベルブロガーに海外旅行用コスパ最強カードとして頻繁に取り上げられています。

海外旅行に行く際は海外旅行保険に加入する必要があることは理解しているけど、実際お世話になることはないと思いながら海外旅行保険代として渋々5,000円程度払っていませんか?

また、持っているカードに海外旅行保険について記載があったとしても、旅費をそのカードで決済した場合に限るといったややこしい条件がついていて、海外旅行保険が適応されているのか不安に思う場合もありますよね。

エポスカード年会費が永年無料であるにも関わらず、海外旅行保険(三井住友海上火災保険提携)が無条件・無料で付帯しているのでカードを作ってしまえば、カードを使う使わないに関わらず、これらの悩みを今後将来に渡って解決してくれます。

年会費無料のカードで海外旅行保険が自動付帯しているものはほぼなく、下記のメリットもあるので、エポスカードは海外旅行に最適かつ国内でも使えるコスパ最強カードと言われています。

  • 海外で一番普及しているVISAブランド
  • 即日発行可能(ネット申し込み→店舗受け取り)
  • 今なら2000円分のポイントが貰える
  • デザインがスタイリッシュ
  • 継続利用でゴールドカードの年会費が無料になる可能性あり

クレジットカード選びや海外旅行保険選びのために時間を毎回使い続けるのをやめるために、年会費無料のエポスカードをサクッと5分で作りましょう。

\今なら2000円分ポイントもらえる/

カテゴリー