親日の国台湾へ行こう!台湾旅行へ行く前にやるべき準備をまとめました!

日本から飛行機で約4時間ほどで行ける国、台湾。

気楽に行ける海外ということで日本人からも非常に人気があります。

楽しみな台湾旅行を充実させる為にも、事前の準備が必要ですよね。

今回は台湾旅行へ行く為の必要な準備をお教えしたいと思います。

台湾旅行へ行く準備。その前に知っておきたい事

台湾への旅行を決める時からすでに準備は始まっています。

まずは台湾という国について知っておきましょう。

台湾とは?

台湾は日本の最南部の島である「与那国島」の隣にある隣国です。

国の大きさは大体、九州と同じくらいです。

これを台湾本島と呼び、この台湾本島を中心に点在する島々を合わせて台湾と呼びます。

人口はおよそ2300万人で、人口密度は過密です。

日本と比べるとおよそ2倍近くの人口密度で、世界で見ると第15位です。

気候

台湾は北回帰線を境に、北部と南部とで分かれています。

北部が亜熱帯地域、南部が熱帯地域に属しています。

ですが決して年中常夏といったわけでもありません。

冬季になると10度を下回る事もあります。

夏季には30度にもなる日があります。

台湾は年間を通して湿度が高めとなっていますので、夏季はかなり蒸し暑いといわれています。

台湾の公用語

台湾で用いられる公用語は中国語が標準語となっています。

過去には日本が統治していた時代がありますので、高齢の方でしたら日本語が話せる人もいます。

台湾旅行に行く為に絶対に必要な準備

台湾の事が分かったら、必ずこれだけは絶対に準備をして下さい。

パスポート

台湾へ旅行に行く時には必ずパスポートが必要です

パスポートの取得には申請してから約1週間ほどかかります。

不備がある場合はもっと日数がかかってしまうので、余裕をもって申請して下さい。

すでにパスポートを取得済みの人は、パスポートの残存有効期限を確認することが大事です。

残存有効期限が1年未満になると切替発給申請が可能になりますので新しいパスポートへと切り替えましょう。

ビザの発行

台湾に旅行へ行く時にはビザの必要はありません

観光、商用、親戚などの訪問でしたら基本、90日以内はビザがなくても滞在出来ますよ。

入国カード

instagram-image

xiaoqian.kiki

台湾に入国するには入国カードでの申請が必要となります

一見、大変そうに感じますが、台湾への入国申請をオンラインですることが可能です。

台湾への入国カード申請ページがインターネットにありますのでアクセスして申請を済ませておくことが必要です。

 

航空券やホテルの手配

instagram-image

zhongbenlixing9829

台湾へ行く手段や現地での宿泊施設は必ず決めておかなくてはいけません。

旅行会社のパッケージツアーに申し込んでしまえばパックになっていて非常に便利です。

が、個人で手配するとなると情報収集を怠ってはいけません。

観光雑誌やネットなどたくさんの情報を精査し、それらをしっかりと確認したのちに航空券やホテルの予約をして下さいね。

海外旅行保険

instagram-image

world_journect

台湾へ旅行に行く時には必ず入っておきたいのが海外旅行保険です。

旅行中に起こりうるトラブルに備えておきましょう。

例えば

・ケガや病気になったとき

海外旅行先で病院に行き治療を受けると、その場では日本の健康保険は使えません。

高額な医療費を実費で払うのは難しいことですよ。

・スリや盗難にあった時

台湾へ旅行中にスリや盗難にあう可能性もあります。

そんな時に海外旅行保険に入っていれば損害額を補償してくれる保険もあります。

・購入品の破損

台湾旅行に来た記念にお土産を買いますよね。

しかし買った品物が壊れるなど破損してしまった場合でも、保障してくれる保険もあります。

この様なトラブル以外でも、あらゆる事に対応してくれる海外旅行保険です。

必ず加入したいものです。

ではどのような保険に加入すればいいのか。

実は、クレジットカードには旅行保険サービスが付いているものがあるのです。

あえて海外旅行保険単体に加入するよりは、クレジットカードについている保険の方がお得だったりします。

海外での買い物にはクレジットカードが便利ですし、台湾に行く前にはぜひクレジットカードを用意しましょう。

カード会社によって旅行保険の種類や内容も違ってきますので、きちんと確認することが必要ですね。

台湾旅行に行く為に持っていくものを準備する

instagram-image

duct_store_insta

台湾旅行へ行くための書類や手配が終わったら、持っていくものを準備しましょう。

絶対に必要な持ち物

・パスポート

・航空券

・現金

・クレジットカード

・携帯電話及びスマホ

・予約の一覧書

これらは絶対に持って行かないといけません。

必ず家を出る時には現物を実際に手に取り、目で見て最終的なチェックをしましょう。

台湾で人気の夜市では現金でないと買えない屋台も多くみられます。

必ず現金は持っていきましょう。

 

準備しておきたい持ち物

 

・下着や着替え

台湾は気温の変化があったり、建物の中の冷房が強かったりします。

体温調節が出来るように、羽織れるものがあるといいですね。

・洗面用具

海外ですのでホテルのアメニティが自分に合うかどうかは分かりません。

ぜひ自分に合ったものを持って行ってください。

 

・日用品

重宝するのがウエットティッシュです。

除菌のできるものだと更によいでしょう。

・常備薬

ちょっとしたけがや体調不良の時に使えるもので十分です。

それ以外には自分が普段飲んでいる薬を忘れないようにしましょう。

・筆記用具

書類への記載やメモに使えるので便利です。

・カメラやビデオ

台湾での楽しい思い出を記録しましょう。

・各種充電器

カメラやビデオ、スマホなど充電が必要なものには必ず充電器を持っていきましょう。

・変圧器

台湾では基本的に日本と同じAタイプのコンセントです。

ですのでそのまま使えますが、一部対応していない電化製品があるかもしれません。

念のためあると便利かもしれません。

・サングラスやマスク

台湾の紫外線も強めです。

サングラスで目を守りましょう。

気になる場所ではマスクも必要ですのであると便利でしょう。

・レンタルWi-Fi

海外でもネットを使いたい人には必需品です。

日本でレンタルした方が安く済む場合もあるので比較し検討しましょう。

・ガイドブック

ガイドブックには地図もついているので持っていくと便利です。

・スーツケースやかばん

これらの荷物はスーツケースや旅行かばんに入れていきましょう。

 

まとめ

instagram-image

rili.tokyo

台湾へ旅行に行くときに必要な準備についてまとめてみました。

日本から非常に近い国、台湾ですがやはり日本とは違う習慣や文化です。

事前に準備をしっかりとして、台湾で困ることを少しでも減らしておくことが楽しい旅行への第一歩です。

ですが、もしも忘れてしまったものがあったら現地調達をしてみましょう。

それもいい思い出となるかもしれませんよ!

ぜひ楽しい台湾旅行にしてくださいね!!

海外旅行おすすめクレカ1位

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

海外旅行おすすめクレカ2位

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

26歳未満の人にとっての海外旅行用のカードはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード一択です。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは通常年会費が3,000円(税抜)かかりますが、26歳未満の人は26歳になるまで年会費が無料で、有料会員と同じ特典を受けれます。

特に海外旅行保険は手厚く、補償額は年会費無料のカードの5〜6倍にもなります。(傷害死亡・後遺障害で比較)

その他にも26歳未満であれば年会費無料でゴールドカードクラスの特典を多数受けられますので詳しくはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイトをご確認ください。

カテゴリー