知っておかないとさあ大変なマレーシアのトイレの事情

マレーシアと言えば移住したい国ランキングでも上位にくる国で、物価が安く食べ物が美味しかったりするので、旅行先としても人気があります。そんな人気の地マレーシアですが、マレーシアのトイレ事情を知らないとちょっと大変です。知っておいた方がいいマレーシアのトイレ事情についまとめました。

マレーシアのトイレの種類

日本の和式トイレ洋式トイレではありませんが、マレーシアのトイレにも2種類のトイレがあります。その2種類はイスラム式のトイレ洋式のトイレです。

洋式のトイレ

様式のトイレは、日本にもある一般的な様式のトイレです。

イスラム式のトイレ

イスラム式のトイレは、日本で言う和式トイレと似たような形です。違いと言えば前に隠すフード部分がないのと、座る方向が違うことです。和式のトイは、ドアのほうに向かって座りますが、イスラム式のトイレはドアの方を見てしゃがみます。万が一ドアの鍵が壊れていて誰かが入ってきた場合には、その人とバッチリ目が合ってしまいます。なので、これはちょっと恥ずかしいです。イスラム式にも洋式どちらにもトイレのドアはありますが、何らかのトラブルで鍵が開いてしまった場合、外の人と目が合ってしまう可能性が高いのでイスラム色のトイレの方が恥ずかしい思いをする可能性が大です。また東南アジアマレーシアなので、鍵が壊れていたりすぐにドア自体が壊れそうなところも多いのでアクシデントが起こることが比較的多いです。

マレーシアでトイレがある場所

instagram-image

journey.kk01

旅をしていて急にトイレに行きたくなったら困るのが、「トイレはどこにあるか?」です。ここでは、知らないと困るマレーシアのトイレの設置場所についてまとめました。

マレーシアでトイレがあるところ

市内のショッピングモール、空港そしてバスターミナル、ホテル、高速道路のサービスエリア、レストラン、駅の構内などです。

これらのところにはトイレがあるので、クアラルンプール市内にいて電車やバスで移動してる間には突然トイレに行きたくなってもそれほど困る事はありません。日本人がトイレがあると思っていて、トイレがないところはコンビニエンスストアです。マレーシアのコンビニにはトイレの貸し出しを行っていない店が多いです。日本ではよほど田舎に行かない限りどこにでも歩いて行ける距離にコンビニエンスストアもあり、トイレに困ることはありませんが外国では事情がちがいます。クアラルンプール市内では比較的簡単にトイレはさがせるので問題はありませんがグラブタクシーなどで郊外に出かける際にはトイレに行くのがすぐには難しいところがあります。

トイレの清潔度

トイレの清潔度についてですがこれはトイレのある建物の築年数や、そのトイレのある所の高級度に比例しています。空港は建物自体が新しいので、トイレも清潔です。新しいMRTや電車の駅構内のトイレはとてもきれいで清潔感が高いです。古くからあるKTMの駅だと多少汚いところもありますが、問題になるほどではありません。高速道路のサービスエリアのトイレも大体はきれいです、ショッピングモールもクアラルンプール内のパビリオンなど近年作られた高級ショッピングセンターのトイレも清潔です。郊外の作られてから年数が経っているショッピングモールだと、多少清潔でないところもあります。一方清潔度に問題がありそうなのが、個人経営の古い店や屋台などのトイレです。ローカルなインド料理店さんのトイレなどは注意が必要で、できれば立ち寄りたくないところですそして。

マレーシアのトイレのポイント

ここからはマレーシアのトイレで困らないコツを紹介します。

トイレ個室内にトイレットぺーパーがあるのかを確認

クアラルンプールの中心街の高級ショッピングモールや高級ホテル空港などほとんどの場所では、トイレットペーパーが設置されていて安心です。けれども、クアラルンプールの中心街でさえもイレットペーパーがないところがまだあります。なので、ポケットティッシュを持っていくのは必須です。もしトイレットペーパーが個室内になかったら、トイレの入り口を調べてみましょう。入り口などに大きなトイレットペーパーが設置してある場合があります。そうしたらトイレットぺーパーをとって個室に入ってください。手にしていないと大変なことになります。

トイレがびしょ濡れ問題

instagram-image

ninja_malaysia

マレーシアではトイレに入ってビックリ!びしょ濡れなことがあります。これはしばしクアラルンプール中心街にある最新のショッピングモールのきれいなトイレなどでも起こる問題です。イスラムの人のトイレ習慣として、トイレットペーパーを使わないでにホースを使って直接お尻を洗う人がいます。なので、かなりトイレがびしょびしょな場合があります。床はもちろんのこと、便座まで濡れている、下手すると壁まで濡れているなどと言うこともあります。便座がびしょ濡れな時にはまず拭いてからでないと座ることができません。そんな状態なので、清潔に気をつけたい場合はアルコールのウェットティッシュを持っているとバッチリです。

マレーシアのトイレを攻略する

マレーシアのトイレには、イスラム式トイレと洋式トイレがあります。イスラム式のトイレではドアの方向を向いて座ります。マレーシアのトイレでは個室内にトイレットペーパーが無い場合もあるので、トイレットペーパーの有無は確認しましょう。マレーシアではびしょびしょなトイレに遭遇することがあります。アルコールのウェットティッシュも持っていると安心です。

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

MileagePlus JCBカード

MileagePlus JCBカードは海外旅行用のカードとして人気が急上昇しているカードです。

  1. 海外旅行保険が自動付帯で最高2000万円とかなり手厚い
  2. 作るだけで1000マイルもらえる 
  3. 買い物時に200円につき0.5マイル貯まる
  4. 20%キャッシュバックキャンペーンを実施

MileagePlus JCBカードはカードの名前の通り、マイルがどんどん貯まっていくカードです。

作った時点で1000マイルもらえて、HPにあるように後は日常利用すれば1年で東京⇔札幌や東京⇔大阪の往復航空券分(往復10,000マイル)と余裕で交換できます

日常利用でも得するように今流行りの20%還元キャンペーンも行っており、メインカードとして利用できる優秀なカードです。

年会費が1250円かかりますが、年会費無料のクレジットカードと比べると海外旅行保険の保証が圧倒的に手厚いところも人気の理由です。