海外転勤の準備はどうする?新生活をスムーズに過ごすために

ボーダレス化に伴い、現在では世界中にビジネスチャンスが広がっており、海外で仕事をするというのは当たり前の時代になって来ました。

海外出張に頻繁に出るという人も多く、海外の支社に勤務する、つまり海外転勤を命じられるという人の数も当然多くなっていますが、海外出張をするのと海外転勤するというのは全くことなります。

海外転勤するということは海外で生活をするということであり、準備しなければならないものがたくさんあります。

今回は、海外転勤の準備の際に必要なものについて解説していきます。

海外転勤の準備について

海外での勤務を命じられ、嬉しさを感じるとともに、不安な気持ちも多少なりとも持つはずです。

海外で問題なく仕事をし、更に生活をすることができるかどうかは、事前にしっかりとした準備をしておくことが大事です。

以下では、海外転勤の準備について解説していきます。

生活拠点の準備

海外で生活する上では、当然ながら生活の拠点である家についての準備をしなければなりません。

会社の方で準備してくれるケースがほとんどですが、だからといって会社に任せきりにするのはやめましょう。

インターネット環境や住宅周辺について事前にしっかりと確認する必要があります。

また、もし独身で現在一人暮らしをしているという方の場合は、日本で住んでいる場所の手続きをしないといけません。

賃貸の場合は解約をしなければいけませんし、水道などのインフラやインターネットについても解約しておかないと使ってもいないのに料金が引き落とされ続けるということになってしまいます。

また、日本から海外に行き生活をする場合、お住いの自治体に対して海外転出届けというものをする必要もあります。

日本を離れるということは、その自治体の住民ではなくなるということなので、こちらも忘れないようにしてください。

就労ビザ

就労ビザに関してもしっかりと事前に準備しておきましょう。

海外において長期滞在をするという場合には在留資格、すなわちビザの取得が必要です。

ビザの取得条件については国によって異なりますので、まずは滞在する期間について確認した上で取得申請を行いましょう。

家族の生活環境も考える

生活環境を整えることが大事ですが、もしご家族がおり、一緒に転勤先の国に連れて行く場合には、家族の生活環境も一緒に整えなければいけません。

お子様がいる場合には学校はどうするのかについても考えなければいけないですし、治安についても意識しなくてはいけません。

ご家族もつれていくのかどうかの判断も含めて、慎重に検討しなければならないポイントといえます。

生活用品

海外での長期の生活になれば、日々生活していく上で様々なものを使用します。

消耗品や食品に関しては現地で調達をするというのが基本ですが、家電から家具まで全て現地で購入するとなると、思わぬ出費になってしまうことがあります。

そこで、日本でも使用していて、現地でも使えそうなものはなるべく持っていくといいでしょう。

家電に関しては愛着の強いものもあるので、いくつかピックアップしておきましょう。

また、家電の場合は外国の電圧に対応していない可能性があるので、そのへんは注意が必要です。

世界的に販売されているパソコンやスマホであれば、世界各国の電圧に対応していますが、それ以外の日本製の家電の場合は現地で使用できない可能性が高いので変圧器を購入しましょう。

現地の電圧を調べ、それに対応したものを使ってください。

海外転勤の準備で欠かさず用意しておきたいもの

上記では海外転勤において考慮すべきポイントについて解説してきました。

しかし、これで準備万端というわけではなく、他にも用意しておくべきものがあります。

以下で解説するものは、なくても生活を送ることができるものではありますが、それでもあるのと無いのとでは大きな違いが出るため、確実に用意しておいてください。

海外対応のクレジットカードを持っておく

クレジットカードを持っておくことで、現地での買い物もスムーズに行うことができます。

現地通貨を使っての生活を送ることになり、慣れるまでは特に小銭の管理に手間取ってしまったり、言葉が通じずに会計に苦労するということがありますが、クレジットカードで決済を行うこで日本にいる時と同じようにスムーズに買い物をすることができます。

外国でも使用できるものを1枚持っておくだけで安心です。

海外旅行おすすめクレカ1位

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

海外旅行おすすめクレカ2位

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

26歳未満の人にとっての海外旅行用のカードはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード一択です。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは通常年会費が3,000円(税抜)かかりますが、26歳未満の人は26歳になるまで年会費が無料で、有料会員と同じ特典を受けれます。

特に海外旅行保険は手厚く、補償額は年会費無料のカードの5〜6倍にもなります。(傷害死亡・後遺障害で比較)

その他にも26歳未満であれば年会費無料でゴールドカードクラスの特典を多数受けられますので詳しくはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイトをご確認ください。

保険も重要

保険への加入も重要です。

日本企業に在籍したまま海外赴任となった場合には、海外旅行保険に加入することで現地でのトラブルを解決できます。

怪我や病気になった時の助けとして、保険の存在は非常に心強いものですので、加入をお忘れなく。

まとめ

海外転勤は何かと不安になることも多いですが、慣れてしまえばすぐに適応できるようになります。

今回解説した内容を参考にして、万全の状態で現地にいきましょう。

チェックリストを作っておくことで漏れなく準備することが可能です。

 

カテゴリー