海外旅行のパッキングのコツとは?大事なポイント・注意点も一緒に

海外旅行のパッキングのコツとは?大事なポイント・注意点も一緒に

海外旅行前のとても大事な作業である、パッキング。

収納の仕方や持っていく荷物の量など、気を付けなければいけないポイントが沢山あるもの。

いつも時間が掛かってしまう・苦手意識があるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、海外旅行でとても役立つパッキングのコツについて詳しくご紹介していきます。

重要なポイント・注意点などについても一緒にご紹介していますので、海外旅行を控えている方は勿論、毎回忘れ物をしてしまうという方もぜひ最後までご覧ください。

海外旅行のパッキングで押さえたいコツ

スーツケース 夏 旅行 海外旅行 夏休み パスポート

パッキングのコツを知っておくことで、早く上手に準備が出来るだけでなく忘れものを無くすことにも繋がります。

一つ一つ押さえておきましょう。

海外旅行のパッキングのコツ➀:予め持ち物リストを作っておく

まずは、パッキング前に自分が持っていく荷物がどの程度あるのか持ち物リストを予め作っておきましょう。

旅行となると、つい必要のないものまで持っていってしまうことも。

結局、一度も使わずに荷物なだけだったという場合もあります。

リストを作っておくことによって、本当に必要な荷物だけを持っていくことができますし、持ち物を把握できるので収納の仕方を考える際もとても楽。

鍵を閉める直前の忘れものをチェックする時にも、とても便利です。

また、リストは次の旅行の為にも捨てずに残しておくことをおすすめします。

海外旅行のパッキングのコツ➁:旅行日程に合わせて荷物を選ぶ

パッキングをするにあたって1番多い荷物は、洋服といえるでしょう。

折角の海外旅行、ばっちりおしゃれをしたいという方も多いのではないでしょうか。

ですが、毎日違った洋服を着るとなると

・持っていく荷物が多くなる

・帰りのお土産を入れるスペースが確保できない

・帰国後の洗濯物の量が多い

など大変な面も。

航空会社によっては、重量オーバーで追加料金が発生することもあります。

洋服はもちろん、靴や鞄などに関しても組み合わせがしやすく、旅行日程に合ったものを選ぶようにしましょう。

海外旅行のパッキングのコツ➂:なるべく小分けにして収納する

荷物は、なるべく小分けにして収納しましょう。

下着や靴下類・洋服類など一つ一つをまとめて小分けにすることで、何がどこに入っているのかが分かりやすくなります。

小分けにしておくことで、荷物がケースの中でバラバラにならずに済むという点も。

また、一つ一つがコンパクトになるので収納する際に隙間が埋めやすくもなります。

袋にマスキングテープを貼って、中に何が入っているのか記載しておくのもおすすめ。

袋を開けることなく、中身を簡単に確認することが可能。

海外旅行のパッキングのコツ➃:圧縮袋を使う

海外旅行のパッキングで、おすすめしたいアイテムが圧縮袋です。

圧縮袋を使うことで、更に隙間が生まれてより沢山の荷物を収納することが出来ます。

大きさや空気の抜き方など、圧縮袋の種類はさまざま。

入れたい衣類にあった自分の使いやすいものを、選ぶことが大切です。

100円ショップで購入も可能なので、気軽に試してみるのも良いでしょう。

圧縮といっても、空気の抜きすぎはしわ・潰れなどダメージを与えてしまうので注意が必要です。

海外旅行のパッキングでの大事なポイントと注意点

女性 旅行 準備

ここでは、パッキングをするにあたっての大事なポイント・注意点についてご紹介していきます。

事前に把握をしておくことで、トラブルを防ぐことが可能。

自分のパッキングに、問題はないか確認の為にもしっかりと目を通しておきましょう。

海外旅行のパッキングでのポイント・注意点➀:化粧品類は容器を移し替える

普段、自宅で使っている容器ではサイズが大きく中身も沢山入っているので荷物になってしまいます。

旅行日数にあった自分の使用する量を、別の小さな容器に移し替えましょう。

また、この時注意して欲しいのがボトルから液体が漏れ出してしまうこと。

液体が漏れてしまい、洋服・お土産が濡れてしまったという経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

フタが閉まったのを確認し、絶対に開かないようテープで更にフタをしっかりと固定しておくのも良いでしょう。

化粧品類などの液体が入った袋は、最初から2重にしておくという手も。

万が一、フタが外れて中身が漏れ出したとしても他の荷物に被害が及ぶのを防ぐことが出来ます。

短い旅行日数の時や漏れないかとても心配という方は、試供品を持っていくのも一つの手。

海外旅行のパッキングでのポイント・注意点➁:帰りを想定して収納袋持参・スペースを開けておく

意外に忘れてしまいがちなのが、帰りを想定した準備。

帰りのパッキングを考えた上で、準備を進めていくことが大切です。

着た衣類やお土産をなるべくまとめてしまうことが出来る、収納袋を持っていく様にしましょう。

洗濯物を一つにまとめておくことで、帰宅後すぐに洗濯をすることができ便利です。

また、お土産を一つにまとめておくことでケースの中でぶつかり合うのを防げます。

壊れやすいものを持ち帰る場合は、タオルも持っていくのがおすすめ。

タオルで包んでしまうことで、中身を守ってくれます。

渡航前から、荷物で中がパンパンな状態では帰りにお土産を入れるスペースが確保できません。

お土産を入れる用に、ある程度スペースを開けておきましょう。

海外旅行のパッキングでのポイント・注意点➂:バックの種類によって詰め方を変える

荷物を入れるケースといっても、スーツケースやボストンバック・バックパックとさまざま。

それぞれ形や使い方が異なるので、使用するバックに合った詰め方をすることが大切です。

今回は、スーツケースを使った詰め方を中心にご説明をしていきます。

重たい荷物は下側(タイヤの方)に入れて、軽い荷物は上側に入れましょう。

重たい荷物を上に入れてしまうと、荷物が潰されたりシワを作ったりする可能性が。

また、荷物が少ない場合はなるべく片側で入りきるようにしましょう。

隙間を無くし、動かない様にぴったり詰めることが重要。

片方空いているのが不安という方は、タオル・袋を詰めておくのも良し。

海外旅行のパッキングでのポイント・注意点➃:荷物が動かないように詰め方を工夫する

隙間があると、ケースの中で荷物が動いてしまいます。

最悪の場合、荷物が壊れてしまうということも。

荷物が動かないように、詰め方を工夫することが大切です。

小分けに収納して隙間を埋めやすくするのは勿論、帰り用の収納袋やタオルを使って隙間を埋めていきましょう。

特に、タオルは渡航先で使う際や荷物をしまう際にも、とても便利。

海外旅行のパッキングでのポイント・注意点➄:事前に飛行機に預けられないものを確認

機内に預けられない・持ち込みが出来ない物の確認は、必ず行ってください。

万が一、入っていた場合は没収されてしまいます。

各航空会社のHPに、記載がありますので渡航前の確認は忘れずに行いましょう。

完璧なパッキングをして海外旅行を楽しもう。

いかがだったでしょうか。

パッキングは、渡航先まで荷物を安全に運ぶ上でとても重要な作業です。

大切な荷物が壊れた・濡れたなどのハプニングが起こってしまうのは、とてもショックなもの。

この記事を参考に、大事なコツやポイント・注意点を押さえながら完璧にパッキングを行って、海外旅行を思いっきり楽しんでください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

カテゴリー