海外旅行で知っておきたいお金についての知識を知ろう!香港編

海外旅行とは日常で触れない文化や空気に接するいい機会です。しかし、いざ行くことになると気にしなければいけないことが多すぎてうんざりしてしまいますよね。特にお金についてはどうすればいいのか分からないことばかりで、困ってしまいます。

この記事では、海外旅行で注意したいお金の使い方や香港のお金について紹介していきますよ。海外旅行に興味のある方や香港に行くけれどお金について知らない方などは読んでください。心配事をなくして旅行を楽しいものにしましょう。

香港旅行でお金はどうすればいいの?

instagram-image

ssshinako

海外旅行では、クレジットカードが活躍します。基本的にクレジットカードで支払うのが無難ですよ。ただし、チップの支払いなど現金払いしか対応していない場合が少なからず存在します。

ある程度の現金は準備するといいでしょう。問題は目安となる現金はいくらなのかということです。金額をハッキリさせるためにも、事前に現金のみ取り扱いの場所を確認することが最善です。

香港でお金の両替はどこでやるの?

目的地に着いたら、まず現地の通貨に両替します。銀行や空港の両替カウンター、町の両替所でするのが基本となってきますよ。目的地では、ホテルのフロントで両替することも可能です。

両替で重要なのは、両替レートです。両替レートは、違う通貨を交換する時の比率ですよ。毎日変化して一定になることがありません。両替レートには手数料が付け加えられていて、両替する場所によって違いますよ。

また、カンボジアのリエルなど両替の取り扱いがない通貨も存在します。現地通貨でなくアメリカドルを使う国もありますよ。事前に渡航先の政府観光局などを確認する必要があります。

 

香港のお金はどっちが得?

現金は必要な分だけで、支払いはクレジットカードを使いましょう。クレジットカードの手数料は安いので、多くの現金を両替するよりクレジットカードの方がおすすめです。また、現金を持ち歩くより安全ですよ。

使い方として、ATMでキャッシングして現地通貨を引き出せます。お金を借りることはしたくないでしょう。しかし、キャッシングの金利が安いですよ。

ただし1日ごとに金利がかかるため、帰国したら一括返済しましょう。この他にも海外で利用できるデビットカードやプリペイドカードが各社から発行されています。利用できる国が限られますが、選択肢の一つと考えてもいいですよ。

 

香港のお金で注意すべきこと

海外旅行では、お金を使いますよね。日本国内で旅行している時と同じだと、危険な場合があります。旅行ですから、危険は避けたいですよね。ここからは、お金について注意すべきことを説明していきます。

お金について注意すべきことは、全部で3つ存在します。1つ目は、大勢で行くなら共通のお財布を作ることです。個別に会計出来ないことがあるので、事前に同じ額を出し合って共通のお財布を作ることが最適ですよ。精算する手間がなくなって、楽になります。

2つ目は、両替時はなるべく細かい紙幣をもらうことです。お店ごとに、高額紙幣はお釣りが出せないと断られますよ。両替時に最小単位のお札を多めにしておくと楽です。

3つ目は、複数の国で使える通貨などは多めに両替することです。ドルやユーロなどは、次回使える可能性があるので多めに両替するといいでしょう。

 

香港のお金ってどんなの?

香港の通貨は香港ドルです。基本的にはHKDで漢字では港元や港圓、港紙と書かれています。香港は中国からの旅行者も多いので、人民元も使えますよ。しかし、中国では香港ドルを使えません。マカオでは、香港ドルが使えます。

香港ドルは6種類が紙幣で、7種類のコインがありますよ。発行銀行が3つあるので、お札は3種類あります。慣れないと混乱しそうですね。色と大きさは、それぞれ統一されています。コインは古いのと新しい物があり、2種類ありますよ。

 

お金については分かった。香港ってどこ?

正式名称は、中華人民共和国香港特別行政区です。想像していたより長くてびっくりですよね。特別な呼び方をされているのは、1842年から1997年までイギリスの植民地とされていたからです。1997年に中国に返還されました。

他国では見られない一国二制度が執られています。各国に一つ存在する国旗は香港の場合、区旗と呼ばれます。香港の街中で見られるバウヒニアという花が使われています。その花を白色で描き、周りは赤色で囲っています。これは一国二制度を象徴する色とされていますよ。

お金については分かった。香港の面積と人口

香港島と九龍半島、その他235ほどの島を含めて香港特別行政区です。香港全体の土地面積は1104キロ平方メートルですよ。約12%にあたる香港島の一部など住んでいます。

香港の人口は700万人ほどです。最も人口数が多いのは中国人で、全体の95%を占めています。その次に多いのは、フィリピン人とインドネシア人となっていますよ。ほとんどが香港人家庭で働く人です。

 

香港のお金被害で注意したいこと

instagram-image

hongkong.lover

海外旅行で注意したいことに、スリや置き引きなどの盗難被害があります。ここからは海外での盗難手口などを説明していきますよ。

香港のお金、具体的な犯行手口

海外旅行で実際に起こった犯行手口をいくつか紹介していきます。当たり前にしていた行為が原因になったりしますよ。まず、どんな方法で行われるかを知ることが重要になってきます。

1つめは、持ち物の置き引きです。カバンなどを取られることですよ。荷物を離してしまうと高確率で狙われます。

2つ目は、中身の抜き取りいわゆるスリですよ。バッグなど中身だけを抜き取られます。犯行が気づかれにくいことが特徴です。

3つ目は、イベント型犯行ですよ。イベント型犯行はイベントを起こし、犯行に及ぶ方法となっています。大胆な犯行のため、引っかかる日本人観光客も多いですよ。犯人も複数で行います。

スリや置き引きは気づかないうちに盗られてしまいます。イベントがあった場合など注意しましょう。

海外旅行が残念な思い出にならないようにするには、日本とは違うという認識を持つことが重要です。しかし、それだけでは巻き込まれてしまいます。より犯行に巻き込まれないようにするには、以下のことが必要になってきますよ。

・夜や昼であっても、人通りの多い道を選ぶ
・深夜に外を出ない
・野次馬根性でトラブルを見に行かない
・知らない人から声をかけられたら無視
・知らない人と食事に行かない
・変なタクシーなどには要注意
・事前に危ない場所を調べておく

人通りの多い道を歩くというのが効果的です。なぜなら、人前で堂々と強盗やひったくりはしないからです。訳の分からないタクシーなどに乗るのは絶対にやめましょう。知らない人も注意しましょうね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。香港に旅行に行くあなたのお役に立てたのなら、幸いです。基本的にクレジットカードを使いましょう。香港旅行を楽しんでください。

海外旅行おすすめクレカ1位

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

コロナの影響もあり、なかなか旅行に行けないかと思いますが、日常使いでもかなりお得なカードなので、旅行を見据えて海外旅行保険がついたクレジットカードを前もって用意しておきましょう。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/


カテゴリー