海外旅行でスマホを使うには?手段と方法を徹底解説!

海外旅行へ行く際、現地でスマートフォンを利用したいけれど、どうすればいいか分からないという方が多いのではないでしょうか。フリーWi-FiやWi-Fiルーター、SIMカードなど、違いはなんとなく分かるけど、自分にあった方法を見極めるにはある程度の知識が必要です。そこで、海外旅行でスマホを使うためのおすすめの方法をご紹介します。

現地へ行ってから後悔しないよう、事前にしっかり準備していきましょう。

海外でスマホを使う方法1.フリーWi-Fiを使う

フリーWi-Fiとは、公衆無線LANのことです。

Wi-Fiに対応したスマホやPCなどであれば、フリーWi-Fiを利用して無料でインターネットに接続できます。日本でも、ショッピングセンターやカフェで設置されていることが多く、海外でも空港やホテル、ショッピングセンター、カフェなどで利用できます。

また、訪れる国によっては、外国人観光客向けの独自のフリーWi-Fiが存在する場合もあります。

フリーWi-Fiの利用方法は簡単です。

フリーWi-Fiの看板を見つけたら、スマホのWi-Fi設定画面を開き、そのスポットのSSIDと呼ばれるネットワーク名に接続するだけです。カフェやホテルなどではパスワードが必要な場合もあります。不明な場合は、スタッフに確認しましょう。また、空港やショッピングセンターでは、Wi-Fiに接続した際に、フリーWi-Fi用のウェブサイトへ誘導される場合があります。

フリーWi-Fi利用のメリット

フリーWi-Fi利用のメリットは、通信料がかからない点です。旅行中はSNSなどでスマートフォンをあまり使用しない方や、通信費に関する出費を抑えたい方はおすすめです。

フリーWi-Fi利用のデメリット

フリーWi-Fiには、パスワードの入力無しで利用できるものもあります。

しかし、誰でも利用することができるため、不正アクセス、ウィルス感染などの恐れがあります。また、パスワードが設定されているものであっても、パスワードが簡単なものや公開されている場合は、注意が必要です。クレジットカードを利用したり、個人情報を入力したりする作業は避けてください。

さらに、フリーWi-Fiは、接続環境や通信速度が不安定なことが多いです。フリーWi-Fiはどこにでもあるわけではないので、緊急時やすぐに利用したい場合は不自由に感じるでしょう。

海外でスマホを使う方法2.モバイルWi-Fiをレンタルする

確実なネット環境を手に入れたい方には、日本出発前に事前にモバイルWi-Fiをレンタルするのがおすすめです。羽田空港や成田空港、中部空港や関西空港など国際線がある空港でレンタル可能です。

レンタル料金は、会社やデータ容量、滞在日数、渡航先などの条件によって異なります。

例えば、ハワイへ行くのに5日間レンタルした場合、1日1GB利用できるプランを申し込むと、1日当たり500〜1,000円程度で利用できます。ここから、データ容量を増やしたり、紛失や盗難の補償などのオプションをつけることで料金は上がります。

1つのWi-Fiルーターにスマホ5台まで接続することができます。1台を家族や友達でシェアすれば、料金もそれほど高くありません。

モバイルWi-Fiのレンタル方法は、いくつかあります。

レンタル会社にネットや電話で申し込む方法や、旅行会社やオプショナルツアーの会社から予約ができる場合もあります。受け取り方は、事前に自宅まで宅配する方法や、出発当日に空港で受け取る方法など、都合の良い方法を選べます。返却方法も、郵送する方法や、到着空港内で返却する方法などがあります。

会社によって早割などの割引サービスもありますので、余裕を持って予約し、お得にレンタルすることをおすすめします。

モバイルWi-Fi利用のメリット

モバイルWi-Fiは、事前に出発前から持参していくため、海外に到着と同時に使い始めることができます。受け取る際には、使い方を説明してもらえるため、使い方に困ることもありません。海外旅行に慣れていない方にもおすすめです。

あらかじめ、容量を設定して申し込みしているため、使いすぎたり、追加料金を請求される心配もありません。スマートフォンを頻繁に利用する方でも、安心して利用できます。

モバイルWi-Fi利用のデメリット

モバイルWi-Fiを利用する場合は、必ず携帯する必要があります。もしもホテルなどに忘れてしまったら、Wi-Fiの利用ができません。また、滅多にありませんが、ルーターの充電が切れてしまった場合も、Wi-Fiの利用ができないので注意しましょう。

海外でスマホを使う方法3.SIMカードを購入

SIMフリーのスマホを持っている方は、プリペイドのSIMカードを購入する方法があります。日本で使っているSIMカードを差し替え、設定するだけで使うことができます。SIMカードを変えれば、通話も可能です。また、無料通話がついているタイプもあります。

ただし、お手持ちのスマホの機種や購入した時期によって、SIMロック解除ができない場合があります。SIMロックの解除に費用がかかってしまうこともあるため、事前に各キャリアのHPなどを確認してからの検討をおすすめします。

SIMカードは現地で購入することもできます。海外のほとんどの空港には、到着ゲートを出た先にSIMカードを購入できる窓口がいくつか並んでいます。その場で、データ容量や利用日数などを選ぶだけなので、手続きは簡単です。

また、自分で設定を行える方は、事前にネットでSIMカードを購入する方法もあります。

SIMカード利用のメリット

事前にSIMカードを用意して日本を出発した場合は、到着後から使えるので大変便利です。また、長期滞在の場合は割安となることが多いです。SMS付きや、音声通話付きなど自分の使い方に合わせてサービスを選べるのも嬉しいポイントです。

一人旅で、なにかとスマホの利用が増えそうな方や通話機能を使いたい方にはおすすめです。

SIMカード利用のデメリット

現地でSIMカードを用意する場合は、ショップに立ち寄って手続きする必要があります。海外旅行に慣れている方にとっては問題ありませんが、慣れない方には難しいかもしれません。

また、SIMフリースマホかどうか事前に確認したり、事前に用意する場合には自分で設定しなければなりません。スマホに慣れていない方には、難しいでしょう。

抜いた後のSIMカードを紛失してしまう可能性もありますので、注意が必要です。

海外でスマホを使う方法4.海外データ定額サービスを使う

NTT docomo、au、SoftBankなど、主要キャリアにおいて提供されている海外定額サービスを利用する方法もあります。以前まで、国際ローミングサービスには割高なイメージがありましたが、エリアによってお得なキャンペーンなど、各社で海外に滞在する方向けのサービスがあります。

海外データ定額サービスを使う場合、事前に申し込みする必要があります。出発前にHPや店舗で申し込むだけで完了です。あとは現地到着後、お持ちの端末のデータローミング設定をオンとするだけです。

海外データ定額サービス利用のメリット

SIMロック解除や難しい設定がいりませんので、スマホに慣れない方でも簡単に利用できます。また、料金はいつも払っているスマホ代金と一緒に請求されますので、特別な手続きもありません。

旅行先によっては、格安で利用することもできますので、短期滞在の方にはおすすめです。

海外データ定額サービス利用のデメリット

長期滞在の場合は、割高になるので注意が必要です。また、通話はサービス対象外のため、利用する際は注意しなければなりません。データローミングがオンですので、自分のスマホ宛に着信があった場合でも料金がかかってしまいます。

まとめ

海外旅行でスマホを使うための4通りの方法を紹介しました。どの方法もメリット・デメリットはありますが、総合的に判断するとモバイルWi-Fiをレンタルする方法が、料金やサービス的にも充実しています。

また、長期期間であっても他の方法よりもお得にレンタルできる会社や、オプションでモバイルバッテリーや変圧器などもレンタルできるサービスも充実しているので、大変おすすめです。

自身のスマホの使い方にあった方法を選択し、海外でも快適にスマホを利用しましょう。

海外旅行おすすめクレカ1位

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

海外旅行おすすめクレカ2位

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

26歳未満の人にとっての海外旅行用のカードはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード一択です。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは通常年会費が3,000円(税抜)かかりますが、26歳未満の人は26歳になるまで年会費が無料で、有料会員と同じ特典を受けれます。

特に海外旅行保険は手厚く、補償額は年会費無料のカードの5〜6倍にもなります。(傷害死亡・後遺障害で比較)

その他にも26歳未満であれば年会費無料でゴールドカードクラスの特典を多数受けられますので詳しくはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイトをご確認ください。