海外旅行での貴重品の管理方法は?おススメの貴重品入れや管理について

海外旅行では日本と異なる文化に触れることができます。海外旅行を良い思い出にする為に忘れていけないのは、貴重品の管理です。
海外では日本と違い、財布等の貴重品を落としても警察に届けられることはまずありません。特に日本人は海外からは「お金持ち」と思われており、スリや強盗に狙われやすいのです。貴重品入れは海外旅行において必需品と言えます。

ちなみに海外旅行でスリなどの窃盗被害に遭いやすいのは勿論観光中です。近くで貴方の貴重品を狙う人がいても、観光に夢中になっていると気づきません。貴重品を取られないように周囲にアンテナを張る必要はありますが、気をつけすぎるあまり旅行を楽しめないのは本末転倒です。

貴重品入れを選ぶ際には、身体に密着できるものを選ぶのが鉄則です。おススメのバッグについて紹介していきます。

海外旅行でおススメの貴重品入れはセキュリティポーチ

instagram-image

xv.kurumi_118_

貴重品入れの定番と言えばセキュリティポーチです。衣服の下に携帯できるので、周囲からは荷物を所持していることが目立ちません。窃盗の被害を防ぐには狙われないことが一番です。

セキュリティポーチは首から下げるタイプと腰に巻くタイプがあり、それぞれにメリットとデメリットがあります。

首から下げるタイプ

instagram-image

ayanecch1

メリットとして
・貴重品の出し入れがしやすい
・ポーチの長さを調整して斜め掛けにできる
などが挙げられます。

デメリットとして
・首に荷物の重みがかかるので首や肩が凝る
・薄着だと身に付けていることが分かりやすい
などが挙げられます。

ポーチの構造上、首から紐が見えてしまうので、お洒落との兼ね合いが難しいとも言われますが、シンプルなデザインやお洒落なポーチも最近は増えています。

腰に巻くタイプ

メリットは、
・薄着でも分かりにくい
・腰に巻きつけるのでセキュリティ面で安全
・首にかけるよりも負担が少ない
などが挙げられます。

デメリットとしては、
・お手洗いの際に邪魔になる
・腰に巻く構造上、食事の後で締め付けられる
などが挙げられます。

デメリット自体は装着しているときの締め付けが主ですが、裏を返せばセキュリティ面ではメリットとも言えます。周りにバレにくい点や、身体の負担も少ないことから、腰に巻くタイプの方がおススメです。

もしポーチが1つだと不安でリスクを更に減らしたいと思った場合、首から下げるタイプと腰に巻くタイプの両方を使用するのもオススメです。

海外旅行で貴重品入れを使用する時に考えること

instagram-image

meeeeeg416xx

安すぎるポーチはおススメしない

セキュリティポーチは百均でも売っているのですが、セキュリティ面や機能性の面からおススメしません。セキュリティポーチはパスポートやお金、クレジットカード等、海外旅行で絶対に必要なものを収納します。

スリ等にあって多額の被害を発生するより質の良いセキュリティポーチを1つ購入する方が安く済むと言えます。

スキミング防止用のポーチを選ぶ

スリや窃盗は直接的にバッグを奪われるだけではありません。カバンにスキマーという特殊な機械をかざせば、触れずにクレジットカードやパスポートの情報を盗むことができます。観光地等、人混みが多いと情報を抜き取られていても気づきません。

「貴重品は肌身離さず持っている」という安心感が逆に被害の発覚を遅らせることになります。セキュリティポーチの中にはスキミング防止用の素材を使用しているものもあり、選ぶ上では必須項目です。

調整ができるか

ポーチは衣服の下に隠しておくものなので、重視すべきはデザイン性よりも利便性です。旅先では何時間もポーチをつけることもあり、腰の位置、もしくは首から適切な長さでベルトを設定できるのか、装着した後の不快感がないか等を確認しましょう。やはり高いポーチだとベルトの肌触りが良く、伸縮性が良いでしょう。

メッシュ素材のポーチは旅先の切符を入れるのに便利

夏場や湿気の多い地域を旅行する場合は、肌にずっとポーチをつけていると、肌トラブルになるかもしれません。メッシュ素材は通気性も良く、長時間つけていても気になりません。

メッシュの部分は収納スペースにもなっているので、旅先の切符等を入れるのにも便利です。ズボンのポケットに入れておくとシワが出来たり、最悪のケースではスリに遭うかもしれません。

セキュリティポーチは貴重品を収納することを目的としています。そのため、たくさん収納できる必要はなく、むしろ薄いものを選びましょう。服の上から見ても分からなことが1つの目安になります。

防水性

防水機能は汎用性があり、旅行中の急な雨や、長時間装着することによる汗の浸透を防いでくれます。またプールや海に行く時も携帯することができるので、貴重品をロッカーに入れる不安もありません。

以上の点を踏まえてセキュリティポーチを選ぶと良いでしょう。

海外旅行では貴重品入れに何を入れるの?

instagram-image

xv.kurumi_118_

セキュリティポーチが安全だとしても、色々な物を詰め込みすぎて、事ある毎に出し入れをするのは危険です。腰や首にポーチを装着していることが窃盗団に見つかると、ポーチどころか命さえも狙われる危険があります。ポーチに入れるのは必要最低限の貴重品にしましょう。

パスポートもしくはパスポートのコピー

旅先で失くしたり、奪われてはいけない物No.1はパスポートです。旅先で自分の身分を証明するものであり、帰国にも必要な物です。パスポートを提示する機会がないならセキュリティポーチに入れておきましょう。

旅先によってはパスポートの提示を求められる場所もあり、その度にポーチを取り出すのは危険です。その場合はポーチとは別の方法で携帯し、パスポートのコピーをポーチに入れておきましょう。

パスポートを紛失すると大使館に相談することになりますが、再発行は本当に面倒です。最悪コピーさえあれば、手続きはスムーズになるので、原本かコピーは必ず必要です。

各所の連絡先

もし貴重品入れ以外のカバンが盗難に遭った場合、すぐにホテルやツアー会社に連絡が必要です。最近はスマホで全てやり取りをするため、いざという時に連絡先が分からないケースも多いです。ホテルから近いなら良いですが、遠く離れた場所だとそもそも戻ることもできなくなります。そのようなときのために、ポーチの中に各所の連絡先をまとめておきましょう。
宿泊先のホテルの住所と電話番号、ツアー会社の電話番号や担当者の名前、クレジットカードを紛失した時の連絡先等があれば、その後の段取りもスムーズに進むでしょう。

現金

盗難に遭い現金がなくなると連絡することもできず、タクシーや公共機関でホテルに戻ることもできません。カードだけでは電話をしたい時や公共機関がカードに対応していない場合もあるので、ポーチの中にお金も入れておきましょう。目安としては現地で5000円程です。

クレジットカード

現金が底をついた時、その後の旅行にも深刻な影響が出ます。クレジットカードは財布に入れておくだけでなく、予備も必ず必要です。

海外旅行は現金よりもクレジットカードを使おう

セキュリティポーチを身に付けていても、盗難に遭う可能性もゼロではありません。食事やお土産等、旅先の費用を全て現金で賄うと、盗難に遭った時のリスクは大きいです。

海外では日本以上にカード化が進んでおり、ほとんどのお店でカードを使うことができ、とてもスマートです。仮に盗難に遭ってもすぐにカード会社に連絡をすることで被害を未然に防ぐこともできますし、被害届を出せば期間を遡って保証を受けられることもあります。

貴重品の管理は大切ですが、現金を持ちすぎないことも管理の1つであることを忘れないようにしましょう。

一文無しになった場合はどうすれば良いの?

もし海外で持ち物を全て取られ、一文無しになった場合は日本大使館に行くとお金を5万円まで貸してくれ、帰国に必要な手続きをしてくれます。大使館の場所が分からない場合は最寄りの警察署に行き、「ジャパニーズエンバシー、プリーズ」と伝えれば、大使館に連絡を取ってくれます。

まとめ

instagram-image

julia_tangled

今回は海外旅行に不可欠なセキュリティポーチの選び方と、何を入れるのが良いのか紹介しました。セキュリティポーチを身に付けることで、安全に海外旅行ができれば幸いです。

海外旅行おすすめクレカ1位

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

海外旅行おすすめクレカ2位

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

26歳未満の人にとっての海外旅行用のカードはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード一択です。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは通常年会費が3,000円(税抜)かかりますが、26歳未満の人は26歳になるまで年会費が無料で、有料会員と同じ特典を受けれます。

特に海外旅行保険は手厚く、補償額は年会費無料のカードの5〜6倍にもなります。(傷害死亡・後遺障害で比較)

その他にも26歳未満であれば年会費無料でゴールドカードクラスの特典を多数受けられますので詳しくはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイトをご確認ください。

カテゴリー