海外旅行でお金はどう管理したらいい?貴重品入れの上手な活用のしかた

国内、海外にかかわらず、普段から貴重品の扱いには十分気をつけたいものです。特に海外旅行に行くとなると、もっとも心配なのがお金の管理です。

海外旅行でも初めて訪れる国、都市となると、事前にしっかりと情報を得ていたとしても、現地での実際の状況は行ってみないことにはわかりません。せっかくの海外旅行をなるべくスリなどのトラブルのない快適なものにするためにも、まずはお金の管理はしっかりとしておきたいものです。

今回は、海外旅行での上手なお金の管理のポイントを詳しくご紹介します。

海外旅行では貴重品入れが便利で安全

instagram-image

traveler__store

海外旅行時に外を出歩く際など、もっとも注意したいのが現金の持ち運びです。日本人が多く訪れる世界各地の観光名所ではスリのトラブルはつきものです。スリの被害をできるだけ避けるためにも、財布を持ち歩く場合、どういった点に気をつけたらよいでしょうか。

人目につくポケットやバッグに財布を入れない

日本国内であれば自分のお気に入りのバッグに財布を入れて、もしくは、ちょっとした買い物であればお財布のみを手に持って外を出歩くというひともあるかと思います。男性の場合、ポケットに財布を入れて持ち歩くというひとも多いです。

しかし、海外旅行においてはそのように気軽に財布を持ち歩くこと自体控えるに越したことはありません。なぜなら、日本国内では考えられないような隙をついたスリが日常茶飯事に起こる可能性があるからです。

国によっては日本人は全員裕福でお金を持っていると思われていたり、いいカモと考えられているエリアも多くあります。自分以外の人でも簡単に手を伸ばせる場所に財布を入れるということは、お金を取られてもいいという覚悟があるということです。日本人が多く訪れる観光地では、スリは複数人で襲ってきます。財布と分かれば、スリは手段を選ばずにターゲットにしてきますので、洋服の外側にあるポケットや、口の開いたバッグに入れることはまず避けましょう。

どういった財布を使えばいいのか?

そもそも財布と分かるものを、人の手の届く場所に入れて持ち歩くこと自体を避けることは大前提ですが、海外旅行ではどういった財布が適しているでしょうか。

普段日本国内で使っている財布をそのまま海外でも使うことは避けましょう。普段使っている財布にはお金やクレジットカード以外にも保険証や社員証などを入れているひとも多くいるかと思います。

いつも使っている財布をそのまま海外でも使う場合、もしもスリに遭ったとすると、日本でのように持ち主のもとに戻る確率はゼロに近く、現地のお金だけでなく、一緒に入れていたIDなどすべてを失うことになります。普段日本国内で使っている財布ではなく、現地で使うお金、クレジットカードのみを入れるシンプルな財布があるとセキュリティの面で安心です。

どんなに注意を払っていても100%安全ということはありません。もしスリに遭ったとしても取られてもいいと思える財布を使うのもひとつです。

貴重品入れがあるとより安全で便利

内側にポケットがあったり、口の閉まるバッグを使う場合でも、別途貴重品入れがあるとより安全性が増します。

バッグなどの中に入れて使えるタイプの貴重品入れ以外にも、洋服の下に身に着けて完全に人目に触れないタイプのものもあります。貴重品入れのつくりにも、財布用の内ポケットがあるものや、複数のサイズのポケットがついていて、小銭と紙幣を別々に保管でき、財布そのものの所持が不要なつくりのものなどさまざまな種類があります。

チェーンがついていて、洋服やバッグに取付が可能なものなどもあるので、自分の旅のスタイルに合った貴重品入れを使うといいですね。

海外旅行時の貴重品入れの上手な活用のしかた

海外旅行において貴重品の持ち運びには貴重品入れが便利で安全であることをご紹介しましたが、最も重要なことは、貴重品入れの活用方法です。

貴重品入れがあるからといって、それさえあれば安全ということではありません。海外旅行での貴重品入れの上手な活用のしかたを具体的にご紹介します。

現金の持ち歩きは最小限にする

海外旅行となると、当然現地での通貨は日本円ではないため、かならず現地のお金が必要となります。旅行先が初めて訪れる国である場合は特に、日本を出発する前にある程度のお金を現地通貨に両替しておく方も多いかと思います。

観光時にお金が足りなかったりすることを心配し、国内同様の感覚で現金を持ち歩く方もいるかもしれませんが、これは大変危険です。たとえ貴重品入れがあろうとも、ある程度の現金を所持していることが分かれば、簡単にスリに狙われます。

後ほどご紹介しますが、現地で簡単にお金を引き出す方法もあります。日本を出発前に大量に両替した現金を持って行くことを避けた方が安全です。もし、ある程度の現金を持って行ったとしても、観光などで持ち歩く現金は数千円程度にとどめるのがいいでしょう。もしも盗難にあったとしても、諦めのつく額という点でも妥当な額と言えます。残りはホテルのセーフティーボックスなどでしっかり保管しましょう。

安全でお得でもあるクレジットカードを活用しよう

海外旅行で最も安全に、かつ、お得にお金の管理ができるのがクレジットカードです。クレジットカードはまず現金のようにかさばりません。行き先の国にもよりますが、いまは多くの国においてキャッシュレス化が進んでおり、現金を持ち歩かなくてもクレジットカードさえあれば支払いに困らないという場所も多くあります。

先ほど少し触れましたが、クレジットカードにキャッシング機能がついていれば、現地のATMで簡単に現地通貨を引き出すことができます。しかも、現金から両替をするよりも断然お得な為替レートで引き出すことが可能です。現地でどうしても現金が必要な場合は、クレジットカードでの引き出しを活用しましょう。

また、もしも現地でスリやスキミングなどの被害に遭ったとしても、カード会社に連絡を入れるだけで速やかに利用停止ができ、不正利用の請求にも対応してもらえます。ただ、もし1枚のクレジットカードのみだと、こういったトラブルでクレジットカードの使用がストップしてしまうと決済手段がなくなってしまうため、数枚のカードを準備しておくとよいでしょう。

必要最低限のものを貴重品入れで分散して保管

以上の持ち歩く現金とクレジットカードのポイントを踏まえると、外出時のお金はクレジットカード数枚を含めても、かなりシンプルであることがわかります。貴重品入れのタイプによっては、財布がいらない場合もあります。

お金を持ち歩く場合、分散して保管することも大事なポイントです。財布を使う場合でも、現金とクレジットカードは別にして、クレジットカードについては、複数枚を別にして管理しましょう。

もし現金を盗られたとしてもクレジットカードが別であれば、持っていた現金のみの被害に抑えられますし、数枚あるうちの1枚のクレジットカードを盗られた場合でもそのカードの利用をストップすれば被害はゼロにでき、盗難のリスクを軽減できます。

まとめ

海外旅行でのお金の管理は、日本国内での事情とはまったく異なってきます。現地でのお金の持ち運びについては、現金を持ち歩くよりもずっと安全で便利な上、為替レートもお得になるクレジットカードは海外旅行には必須です。

クレジットカードの種類や条件によっては、海外旅行保険がついているものなどもありますので、自分にあったクレジットカードを数枚持っておくと便利です。

初めて訪れる国や不慣れな土地でも上手にお金を管理し、快適で楽しい旅行になるといいですね。

海外旅行おすすめクレカ1位

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

海外旅行おすすめクレカ2位

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

26歳未満の人にとっての海外旅行用のカードはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード一択です。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは通常年会費が3,000円(税抜)かかりますが、26歳未満の人は26歳になるまで年会費が無料で、有料会員と同じ特典を受けれます。

特に海外旅行保険は手厚く、補償額は年会費無料のカードの5〜6倍にもなります。(傷害死亡・後遺障害で比較)

その他にも26歳未満であれば年会費無料でゴールドカードクラスの特典を多数受けられますので詳しくはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイトをご確認ください。