海外ワーホリには何が必要?しっかり準備しておこう!

ワーキングホリデー(ワーホリ)とは、特定の年代の人が海外にいって勉強したり仕事したり、もしくは観光を楽しむことのできる制度であり、日本とワーホリの協定を結んでいる国との間で利用される制度です。

オーストラリアとの協定に始まり、現在では北米・ヨーロッパを中心に20カ国以上との国で協定を結んでおり、多くの日本人がこの制度を利用して海外に渡航しています。

ワーホリは長期に渡って海外に滞在するということで、旅行に行くのとはまた違い、用意しなければ行けないものも変わってきます。

そこで今回は、ワーホリの準備にあたって必要になるものについて解説していきます。

しっかりと準備をして、万全の状態で向かいましょう。

ワーホリで準備するもの

 

以下では、ワーホリで準備すべきものについて解説していきます。

これがなければそもそもワーホリに行けないというものから、あったら便利なものまで紹介していきますので、参考にしてください。

書類関係

instagram-image

legaro_works

まず大事になるのが書類関係です。

パスポートがなければ海外にそもそも行くことができないのでこちらはしっかり準備しておきましょう。

有効期限についても確認しておいてくだい。

また、現地で仕事をする、もしくは学校に入るという方は、受け入れ先で必要な書類もあるはずです。

これがないと受け入れてもらえない可能性もあるので、パスポートと同様に最重要書類として準備しましょう。

その他、海外への長期滞在に必要なビザの取得も忘れないようにしましょう。

国によって取得の条件は変わってくるので、よく確かめてから取得しましょう。

取得は手間がかかるものですが、代理人に取得してもらうという方法もあります。

その分の費用は発生しますが、スムーズに取得してもらえるということで便利なので、検討してみてもいでしょう。

変圧器

instagram-image

shilladfs_jp

海外での生活で困る大きな要因が、コンセントの違いです。

海外と日本では電圧が違い、そもそもコンセントの形そのものが違うため刺さらないということがあります。

そこで活躍するのが変圧器です。

変圧器は、その国の電圧に対応した形で電圧を変換してくれるので、日本の家電も問題なく使用することができます。

世界の電圧に対応したものもあるので、1個持っておくと便利です。

クレジットカード

クレジットカードを用意しておくことも大事です。

海外での買い物は最初のうちはなかなか慣れず、どうしてもお札ばかり使ってしまって小銭が大量に残ってしまうということがあります。

また、日本円を現地紙幣に両替しすぎて、結局余ったしまったとなると再び両替するのが面倒です。

クレジットカードが1枚あれば、買い物をスムーズに行うことができて便利です。

決済方法については日本と変わりません。

現地の言葉を理解していなくても、とりあえずクレジットカードを出せば問題なく決済できるので、持っておくと安心です。

お持ちのクレジットカードが海外対応しているかというのを確認した上で、もし対応していない場合には新たに1枚作るというのもありです。

1枚持っておくだけでかなり便利な存在になるので、確実に持っておきたいものです。

海外旅行おすすめクレカ1位

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

海外旅行おすすめクレカ2位

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

26歳未満の人にとっての海外旅行用のカードはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード一択です。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは通常年会費が3,000円(税抜)かかりますが、26歳未満の人は26歳になるまで年会費が無料で、有料会員と同じ特典を受けれます。

特に海外旅行保険は手厚く、補償額は年会費無料のカードの5〜6倍にもなります。(傷害死亡・後遺障害で比較)

その他にも26歳未満であれば年会費無料でゴールドカードクラスの特典を多数受けられますので詳しくはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイトをご確認ください。

保険に加入する

instagram-image

world_journect

海外旅行保険に加入するというのも忘れないようにしましょう。

保険に加入していないと、万が一のトラブルがあった時にスムーズに解決することができず、余計な費用が発生してしまう可能性があります。

例えば病気や怪我などで通院・入院するとなった場合には、高額の医療費が請求されることもあります。

保険に加入しておくことで、この費用を賄うことができるので安心です。

保険の種類に関しては数多くあり、補償範囲に伴って料金が微妙に変わってきますが、そこまで高額なものでもないので、絶対に加入するようにしましょう。

保険に加入しておくことのメリットは、現地でトラブルがあった時にスタッフに電話で相談することができるという点もあります。

もしワーホリに一人で行き、道に迷ってしまったなどの問題が生じたときにも対応してもらえるので、安心することができます。

ネット環境

instagram-image

a.style.eng

ネット環境を整えるのも大事です。

海外でもインターネットに接続する機会は多くなるはずですが、準備をしておかないと全くネットに雪像できないということにもなりかねません。

また、日本からスマホを持っていって何も対策せずに使いっぱなしにしてしまうと、高額な料金を請求されることもあります。

SIMを契約しておくのもいいですが、Wi-Fiを契約しておくことでどこにいても快適にネットにつながることができます。

1日使用できる容量によって値段が変わってきますので、ご自身に最適な容量で契約するようにしましょう。

まとめ

ワーホリで最高の思い出を作るためには、事前の準備は欠かせません。

まずは必ず必要なものから優先的に準備した上で、その他必要になってくるものをピックアップしながら忘れ物のないようにしましょう。

リストを作れば忘れ物をしにくくなります。

 

カテゴリー