海外をひとり旅するならどこがおすすめ?人気の国をご紹介

海外をひとり旅するならどこがおすすめ?人気の国をご紹介

グループで旅行するのも楽しいですが、一人なら行く場所も滞在するホテルもすべて自分で決めることができます。すべてを自分で決められるメリットがある一方、ひとり旅は危険な目に遭いやすいデメリットがあります。

ひとり旅を計画しているのであれば安全で危険の少ない国へ出かけましょう。どの国ならひとり旅を楽しむことができるのかを詳しく見ていきます。

ひとり旅はどこの国がおすすめ?

ひとり旅をする際は観光スポットが多くて治安の良い国がおすすめです。人気が高いのは東南アジアやヨーロッパです。ひとり旅をしやすい国をいくつかご紹介します。

・台湾
・タイのバンコク
・オーストラリアのメルボルン
・ニュージーランド
・オランダのアムステルダム

上記の都市は治安が良く観光スポットも多いので一人でも十分楽しむことができます。それぞれの都市の概要や観光名所をご紹介していきます。

ひとり旅におすすめ:台湾

car, taxi, travel

日本と台湾には直行便があり成田空港からは約4時間、福岡空港からは約2時間30分で到着できます。時差はわずか1時間なので時差ボケになることはほとんどありません。

親日国として知られているため日本語が通じる場合が多く安心して過ごせるでしょう。一人でも楽しめる観光名所はいくつかあります。

・九份
・鶯歌老街
・國立故宮博物院

九份は「千と千尋の神隠し」の舞台として知られている日本人に人気の観光スポットです。たくさんの屋台が並んでいるため一人でもゆっくりと食べ歩きができます。

鶯歌は陶器の産地で鶯歌老街には陶器を扱ったお店がたくさん並んでいます。リーズナブルなものから芸術品のように高級なものまで様々な陶器が売られているので見ているだけでも楽しめます。台北から電車で30分ほどのところにあります。

國立故宮博物院は世界四大博物館の一つです。中国の皇帝に集められた2万点を超える作品が常時展示されているため歴史好きにはたまりません。歴史を感じながらじっくり作品を楽しめるのもひとり旅の醍醐味です。

ひとり旅におすすめ:タイのバンコク

market, people, working

日本とタイには直行便があり成田空港からは約7時間、福岡空港からは約6時間のフライト時間がかかります。時差は2時間なので時差ボケはあまり気にしなくて良いでしょう。

バンコクには有名な観光スポットがたくさんありお店も充実しているため一人でも困ることはありません。物価が安くグルメやショッピングを楽しめます。バンコクで有名な観光スポットは以下の通りです。

・カオサン通り
・ワットポー
・ワット・アルン

カオサン通りはバックパッカーの聖地と呼ばれていて、安い宿泊施設や屋台が多く並んでいます。お店は300メートルも続いているので買い物を存分に楽しむことができます。

ワットポーはバンコクで一番大きな王室寺院で全長46メートルの寝釈迦仏が有名です。他にも4基の仏塔やたくさんの金色の仏像がありタイらしさを感じられる場所です。

ワット・アルンは川の横に位置している寺院で白くて大きな仏塔が目を引きます。渡し舟に乗っていくことも可能なので観光気分を味わえます。

ひとり旅におすすめ:オーストラリアのメルボルン

melbourne, australia, buildings

成田空港からメルボルン空港までは直行便で10時間ほどかかるため東南アジアを訪れるよりは遠く感じるでしょう。ただし時差は1時間しかなく時差ボケは気になりません。

メルボルンは世界で一番住みやすい都市にたびたび選ばれていて、訪れる価値は十分にあります。治安が良く交通の便が発達しています。

また、カフェの聖地と言われているのでオシャレなカフェがたくさんあります。一日中カフェ巡りをする日と観光スポットを巡る日を用意しておくとどちらも満喫できます。自然が豊かなので観光をしながら心を癒すことが可能です。

・メルボルン王立植物園
・セイントキルダビーチ
・フィリップ島自然公園

メルボルン王立植物園では1万2000種の植物を鑑賞することができます。園内には芝生や湖もあるのでゆっくりしたいときにぴったりの場所です。

セイントキルダビーチでゆったりとした時間を過ごすのも良いでしょう。夕方に訪れれば日焼けを気にせずにくつろぐことが可能です。ビーチは他にもいくつかあり、ブライトンビーチやチェルシービーチがおすすめです。

フィリップ島自然公園はメルボルンから1時間30分ほどの距離にある公園です。世界一小さいリトルペンギンのパレードを見られる場所として人気があります。

ひとり旅におすすめ:ニュージーランド

hobbiton, new zealand, movie set

成田空港や羽田空港から直行便が出ていてフライト時間は約10時間40分です。治安が良く親切な人が多い国民性なので女性でも安心してひとり旅ができます。街は綺麗で自然が豊かな特徴があります。観光名所も豊かな自然を感じられる場所ばかりです。

・テカポ湖
・クイーンズタウン
・テプイア

テカポ湖は晴天率が高い場所として知られています。夜になると美しい星空が広がり、星空の美しさは世界的にも認められています。昼間に綺麗な風景を眺めに出かけるのも良いでしょう。

クイーンズタウンの名前の由来は美しい景色が女王にふさわしいと賞賛されたことにあります。スキーや乗馬、ハイキングなど様々なアクティビティを楽しめます。バンジージャンプ発祥の地としても有名なので、スリルを味わいたい人にはおすすめです。

テプイアは間欠泉が吹き上がる施設です。人の手を加えていないのでいつ吹き上がるのかわからないところが魅力の一つです。国立の彫刻学校やマオリの村など、間欠泉以外にも見どころがあります。

ひとり旅におすすめ:オランダのアムステルダム

amsterdam, canal, old town

日本からアムステルダムまでは直行便で約11時間50分かかります。時差が8時間あり日本が朝9時のときにオランダは深夜の1時となるので時差ボケには十分注意が必要です。

時差ボケを予防するためには機内で十分な睡眠を取ることが有効です。質の良い睡眠を取るために服装はリラックスできるものが良いでしょう。耳栓やアイマスクなど自分に合うアイテムを使うのも大切です。

アムステルダムは水の都として知られ、街歩きを楽しめるのでひとり旅にはぴったりです。観光名所をいくつかご紹介します。

・国立博物館
・ゴッホ博物館
・ユトレヒト

国立博物館とゴッホ博物館はオランダで人気の二大美術館です。フェルメールの真珠の耳飾りの少女が所蔵されているマウリッツハイス美術館もあります。

ユトレヒトはアムステルダムから30分ほどの距離にある街でミッフィーの故郷として知られています。ミッフィー博物館やミッフィーの信号機があり、街を散策するだけでも楽しめます。ゆっくりヨーロッパを味わいたい人にアムステルダムはおすすめの街です。

ひとり旅におすすめの国は意外と多い!

ひとり旅が楽しめる国は意外とたくさんあります。選ぶポイントは治安の良さと観光スポットの多さです。日本からのアクセスの良さも重要ですが時差ボケが気になる場合は東南アジア、フライト時間の長さが気にならない場合はヨーロッパのように自分の体調に合わせて国を決めると良いでしょう。

自分が訪れたい国に行くのが一番なのでまずはインターネットや旅行本でどのような国なのか調べてみてください。各国に観光名所はたくさんあり、それぞれの国の文化を学ぶことができます。

たまにはひとり旅をしてゆっくりする時間を作ると良い気分転換になります。少し疲れたなと感じたらグループ旅行ではなくひとり旅を思い浮かべてみましょう。

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

26歳未満の人にとっての海外旅行用のカードはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード一択です。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは通常年会費が3,000円(税抜)かかりますが、26歳未満の人は26歳になるまで年会費が無料で、有料会員と同じ特典を受けれます。

特に海外旅行保険は手厚く、補償額は年会費無料のカードの5〜6倍にもなります。(傷害死亡・後遺障害で比較)

その他にも26歳未満であれば年会費無料でゴールドカードクラスの特典を多数受けられますので詳しくはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイトをご確認ください。