海外でクレジットカードが使えない?理由と対処法を徹底解説!

海外では、クレジットカードでショッピングや食事の支払いをするのが普通です。しかし、使えて当たり前だと思っていたクレジットカードが使えないということもあります。そのようなときは、気持ちが動揺してしまいますし、現金を持っていないと支払いができないので大変困ります。

当記事では、海外で「クレジットカードが使えない」ということになる理由と、その場合の対処法について解説します。また、そのようなことにならないために、事前にやっておいた方が良いことについても紹介します。

海外でクレジットカードが使えない理由とは?

不正利用を疑われた

海外でクレジットカードが使えないときによくあるのが、不正利用を疑われカードがロックされてしまうことです。自分のクレジットカードであっても、普段日本で使われていたカードが突然海外で使われると、誰かが不正利用したと判断されることがあります。これはカード会社のシステム上起こりうることです。

もう一つ、海外でブランド品のように高額な商品を購入した際に「不正利用の疑いがある」と認識され、ロックされることがあります。

いずれの場合も本人が使用したことが確認されればロックを解除してもらえますので、カード会社に連絡を入れましょう。

カードブランドが非対応

日本国内で使用できるクレジットカードでも、海外で対応していないブランドは使用できません。海外でクレジットカードを使う際は、お店の入り口やレジの周辺にそのお店で使えるカード会社のステッカーがあるかどうかを確認しましょう。

自分の持っているクレジットカードブランドのステッカーがない場合は、使えない可能性が高いです。

限度額を超えている

普段からクレジットカードを使う人によくありがちなケースです。クレジットカードは現金を持ち合わせていなくても後払いで気軽に使えるのがメリットですが、つい使いすぎてしまうといつの間にか限度額いっぱいになってしまいます。

限度額についてはクレジットカードの種類やランクによっても違いますが、所有しているクレジットカードの限度額を超えての使用はできません。限度額内でも、購入したい商品の金額が利用可能残高を超えていると使用できないので注意してください。

有効期限が切れている

クレジットカードには有効期限があります。期限についてはカードに刻印があるので、海外旅行にいく前に有効期限を確認しておきましょう。

有効期限が近づくと、カード会社から新しいクレジットカードが郵送されてきます。古いカードを財布に入れたままで、新しいカードと交換し忘れていたというミスのないようにしてください。新しいクレジットカードが届いたら交換して古いクレジットカードは処分するのがおすすめです。

通信不良でクレジットカードを認識しない

発展途上国は先進国に比べて、通信設備が整っていない場合があります。クレジットカードが使えるお店でも通信不良で使えない可能性があるので、発展途上国にいく場合は一応現金も少し持ち歩くといいでしょう。

磁気ストライプの不具合

クレジットカードの裏面にある黒い線は磁気ストライプといって、カード情報を読み取る際に使用します。クレジットカードは財布のカードポケットに入れておくのが一般的ですが、カードの出し入れをする際の摩擦や傷がつくと、磁気ストライプに不具合が起き読み取れなくなることがあります。

磁気ストライプの不具合が原因で使えない場合は、クレジットカードを新しく作り直すしかありません。

暗証番号を間違えた

クレジットカードを複数所有しており、カードごとに暗証番号を変えているというときに起こりうる理由です。暗証番号を間違えても2回めに正しく入力すれば大丈夫と思われがちです。暗証番号の入力ミスを過去にもしていたり、違う店で暗証番号を間違えた場合はカウントが残っているので1度のミスでもそれ以前に2回ミスをしているとロックがかかり使えなくなる可能性があります。

1度ロックがかかると、再発行する、もしくは暗証番号をカード会社に教えてもらうという対応が必要です。再発行には1週間前後かかりますし、暗証番号を教えてもらうにしても自宅に郵送という形になるので、すぐには使えません。

現金を持っていないという場合、クレジットカードが使えないと支払いができないので、帰国まで何もできなくなってしまいます。暗証番号は間違えないよう、事前に確認しておきましょう。

海外旅行でクレジットカードが使えないときの対処法

まずはカード会社に連絡

海外旅行で訪れた国でクレジットカードが使えなくなっても、すぐその場では解決しないことが多いです。そのため、そうならないように事前の確認やチェックが重要です。もし、使えないという事態になったら、まずはカード会社に連絡して状況を伝えましょう。

不正利用を疑われてロックされたような場合なら、本人確認ができれば比較的早くロックを解除してもらえます。しかしそれ以外の理由では再発行しか対処法がないので、旅行中はクレジットカードが使えなくなってしまいます。

海外からカード会社に連絡するにしても、コールセンターの営業時間外は受け付けてもらえません。訪れる国と日本の時差がどのくらいあるのかも要チェックです。また海外からだと国際電話になるので電話代が高く付きます。カード会社への連絡はコレクトコールを利用するといいでしょう。

海外でクレジットカードが使えないという事態を防ぐコツ

 

海外旅行で使えると思っていたのに使えないという状態になってしまえば、楽しい気分も台無しです。お土産が買えないだけならまだしも、支払うべき分が支払えないと大変なことになるかもしれません。そうならないために、海外旅行にいく前にやっておくべきことを紹介します。

カード会社に海外に行くことを伝えておく

海外旅行の日程が決まったら、念の為カード会社にその旨を伝えておきましょう。そうすれば海外で利用しても、不正利用を疑われるリスクを軽減できます。ただしシステムが判断した場合は、カード会社に連絡を入れていても、ロックがかかる可能性はあります。

限度額と利用状況を確認しておく

海外旅行に出かける前に自分のクレジットカードの利用残高がどのくらいかを確認しておけば、金額がわかるので利用限度額を超える利用を防げます。直前はクレジットカードを使わず、利用残高を残しておくといいでしょう。

暗証番号を再確認する

暗証番号ミスでロックがかかると、再発行しか方法がありません。そうならないよう、クレジットカードを複数所有して番号を変えている人は間違えないよう再確認するのが賢明です。

クレジットカードを数枚持つ

クレジットカードが1枚しかないと、それが使えなくなったら現金で支払うしかありません。海外であまり現金を持ち歩きたくないという方は、クレジットカードを数枚持っておくと安心です。1枚が使えなくても他が使えれば対処できます。ただし使いすぎれば支払いが大変になるので、使いすぎには注意してください。

まとめ

クレジットカードが使えないというシチュエーションは、国内でも困りますし、どうしていいかわからなくなるという人も多いでしょう。それが海外ならなおさらです。まずは、落ち着いてクレジットカード会社に連絡を入れ、対処してください。

また、万が一、海外でクレジットカードが使えないという事態になっても、他のカードがあれば対処できます。事前対策としてクレジットカードは複数枚持って行くようにしましょう。

海外旅行おすすめクレカ1位

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

海外旅行おすすめクレカ2位

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

26歳未満の人にとっての海外旅行用のカードはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード一択です。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは通常年会費が3,000円(税抜)かかりますが、26歳未満の人は26歳になるまで年会費が無料で、有料会員と同じ特典を受けれます。

特に海外旅行保険は手厚く、補償額は年会費無料のカードの5〜6倍にもなります。(傷害死亡・後遺障害で比較)

その他にも26歳未満であれば年会費無料でゴールドカードクラスの特典を多数受けられますので詳しくはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイトをご確認ください。

カテゴリー