海外ではクレジットカードがステータスの証!おすすめカードを解説

海外旅行ではクレジットカードがあると何かと便利です。利便性だけでなく、クレジットカードを持っていることがステータスの証となるのをご存知でしょうか?

なぜ海外ではクレジットカードがステータスになるのかという理由と、日本と海外でのクレジットカードステータスの違い、クレジットカードに対する考え方を解説します。これからカードを作る方に向けておすすめのカードと、作る際の注意点も紹介しますので参考にしてください。

日本と海外でのクレジットカードステータスの違い

instagram-image

credit_card_genkinka

海外ではクレジットカードを所有しているかどうかが、その人のステータスを見極める基準となります。ステータスというのは「社会的地位」のことであり、クレジットカードを作るには審査があり審査を通過しないとクレジットカードを所有できません。

審査については日本も海外も同じですが、審査基準やクレジットカードに対する考え方が違うのでステータスという意味も大きく変わってきます。日本と海外のクレジットカードステータスの違いをみていきましょう。

日本でのクレジットカードステータス

今でこそクレジットカードの普及率は高まってきていますが、海外に比べると若干遅れている部分があるのは否めません。キャッシュレス決済を利用する人が増えている一方で、未だ現金払いにこだわりクレジットカードにあまりいいイメージを持たない人もいます。

クレジットカードを持っているとつい使いすぎてしまうとか、クレジットカードに付随しているキャシング機能で借金を背負ってしまうといったネガティブなイメージを持ってしまう方もいるでしょう。クレジットカードステータスはあまり重要ではないと考えるのも仕方ないのかもしれません。

海外でのクレジットカードステータス

海外でのクレジットカードは、信頼度を見極める上でも重要と考えられています。日本よりもキャッシュレス決済が進んでいるため生活に欠かせない物となっているだけでなく、クレジットカードを持たない人は信用できないとさえ思われることも珍しくありません。

アメリカで人気のダイナースクラブカードやアメリカンエキスプレスカードは、今でこそ一般の人も持てるようになっていますが、以前は富裕層のみが所有できる高級なカードでした。

海外ではお金を払うためのものというより、高級クラブに所属している会員としての証的な印象が強く今もその名残があるのです。

海外でステータスになるクレジットカード会社ランキング

海外ではクレジットカードを所有していることがステータスとなるので、海外旅行に行くならクレジットカードを持っていた方が何かと便利です。これからクレジットカードを作ろうと考えているなら選んでみてはいかがでしょうか。

既にクレジットカードを持っているけれど、海外旅行でステータスになるなら複数持っておきたいという方も要チェックのランキングです。

・第1位アメリカンエキスプレス

・第2位ダイナースクラブ

・第3位VISA

・第4位Master

・第5位JCB

日本ではVISAやMaster、JCBが主流ですが、海外に目を向けた場合は、やはりアメリカンエキスプレスかダイナースクラブがステータスとして通用しやすい傾向があります。上位2社が作れない場合は、VISAかMasterなら海外で使えるところも多いので、いずれかのクレジットカードを持っておくといいでしょう。

JCBについては海外で使えないことが多いので注意してください。海外で通用するステータス性を重視するなら、アメリカンエキスプレスかダイナースクラブがおすすめです。

海外でクレジットカードステータスになる色は?

 

クレジットカードには種類があり、同じ会社のカードでも色によってステータスが変わってきます。色によってランクが違うので、ステータス性を重視するなら色もチェックしておくといいでしょう。

一般カード

instagram-image

cool_design_creditcard

一般カードでもクレジットカードを作るときの審査はありますが、社会人で定職に就いている人や、パートの人でも安定した収入があれば、ほとんどの人が作れるカードです。また、カード会社による違いはあるものの、年会費無料で気軽に持てます。

年収の目安は200~300万円前後と比較的作りやすい分、ステータス性という面ではクレジットカードの中では最も低くなってしまいます。海外旅行保険についてもカード会社による違いが大きく、付帯保険がないものもあるので注意が必要です。

ゴールドカード

instagram-image

reedom_zzz

ゴールドカードは誰でも持てるわけではなく、いくつかの条件を満たしていないと所有できません。年収の目安は300~400万円前後で審査基準はカード会社によって異なり、また審査基準は完全非公開のため確認はできませんが、一番のポイントは年収です。

年収が基準以上の人しか作れないのでステータス性は高め、これは日本でも海外でも共通の認識となっています。海外旅行保険が付随されているので、海外旅行に行くために作るクレジットカードとしてもおすすめです。

カード会社によっては一般カードを利用しある程度実績を作ると、一般カードからゴールドカードにランクアップできる場合もあります。

プラチナカード

instagram-image

rikityori704

ゴールドカードよりもさらにステータス性の高いのがプラチナカードです。年収の目安は400~500万円前後、ゴールドカードよりも利用限度額が高く設定されており、海外で高額な商品を購入したいときにも使えます。

ただし誰でも持てるわけではないこと、ゴールドカードよりもさらに審査基準が厳しくなるなどプラチナカードを所有できる人は限られます。自分から申し込むのではなく、カード会社が招待するというスタイルが一般的で、付随する海外旅行保険の内容も充実度は高めです。

ブラックカード

クレジットカードの中では最高峰となるのが、ブラックカードです。プラチナカードよりもさらに基準が厳しいので、ステータス性も高く海外でもブラックカードを持っていると一目置かれます。年収目安は500万円以上とされていますが、情報を公開していないためあくまでも目安です。

全世界で通用する最もステータス性の高いカードですが、プラチナカードよりもさらに所有できる人は限られます。プラチナカード同様に、カード会社から招待された人が持てるカードです。海外旅行保険の充実度も最高ランクとなります。

海外でステータスの証になるクレジットカードを作る注意点

作るには条件がある

海外旅行先でステータスとして認められるクレジットカードでも、作るにはいくつかの条件があります。先程も少し触れましたが、審査基準は非公開のためはっきりとは確認できないものの、カード会社が指定する申し込み条件を満たしていることが大前提です。

申し込み条件を満たしていても、過去に自己破産やきちんと返済しなかったなどの金融事故を起こした人は、申し込んでも作れない可能性が高いことを覚えておいてください。

年会費や付帯保険を確認

クレジットカードを作るにあたり確認しておきたいのが、年会費や付帯保険の内容です。カードのランクが高いほど、保険内容は充実しますが年会費が高くなります。一般カードでも、カード会社によっては年会費がかかるものもあります。

付随の海外旅行保険があっても保証対象外だと適用されないので、保証内容を確認しましょう。

まとめ

海外ではクレジットカードでステータスを判断します。これから海外旅行にいく予定があるなら、ステータス性の高いカードを持っておきたいところです。カードにも種類があり条件も異なるので、自分に合ったクレジットカードを見極めてくださいね。

海外旅行おすすめクレカ1位

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

コロナの影響もあり、なかなか旅行に行けないかと思いますが、日常使いでもかなりお得なカードなので、旅行を見据えて海外旅行保険がついたクレジットカードを前もって用意しておきましょう。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/


カテゴリー