気になる台湾の飛行機代!安いのはいつ?どのエアライン?

日本から飛行機で約3~4時間で行ける美味しいものがたくさんの国、台湾!気軽に行けて親日の方が多く満足度の高い海外旅行先として、近年特に注目を集めていますよね。そんな台湾ですが、ふと思いついたら早速飛行機を予約したい!と思う方も多いと思います。ここでは、そんな台湾の飛行機代について、いつが安いのか?ベストシーズンは?日本から台湾まで就航しているエアラインなどをまとめてご紹介していきます。次の旅行計画にぜひ台湾も入れてみて下さいね!

 

気になる台湾の飛行機代!就航エアラインは?

台湾までの飛行機代を見ていく前に、日本から台湾まではどんなエアラインが就航しているのでしょう?直行便、乗り継ぎ、LCCなどそれぞれメリットデメリットもありますね。LCCは安い金額で表示されますが、預け入れ荷物や座席に食事などの金額を合わせると意外と高かった!ということもあるので、その部分も考慮して金額を比較しておくといいでしょう。

 

直行便JAL・ANA・エバー航空・キャセイパシフィック航空

東京から台湾へはJALで直行便があります。日本の航空会社で安心ですが、価格は高め。キャンペーン期間などを狙うといいでしょう。ANAやエバー航空、キャセイパシフィック航空では、関西や名古屋からも直行便がでています。台北のどこの空港に行きたいのか?も事前に確認しておくといいでしょう。

 

LCC・バニラエア・ピーチ・ジェットスター・スクート・タイガーエア台湾

instagram-image

masaaki_yamanishi7478

LCCと言えばやはり安さが魅力。時期や時間などにもよりますが、片道1万円以下で台湾まで行けるチケットもあるので、タイミングよく安いチケットをとりたい方にお勧めです。LCCでは早朝や深夜の便が多いですが、タイガーエアやスクートではお昼の便もでているので、台湾に到着してからも移動がしやすいので便利です。荷物が大きいと高くなるので、LCCではコンパクトな旅行を心掛けたいですね。

 

気になる台湾の飛行機代!台湾のどの空港に行く?

instagram-image

tako_intern

台湾の中心都市台北には2つの国際空港があります。主要な台北桃園国際空港と台北松山空港の特徴をみていきましょう。

台北桃園国際空港(TPE)

instagram-image

eric_aviationspotting

台湾の空の国際的な玄関口とも言わるのがこの桃園国際空港です。ハブ空港でもあり、日本などのアジアやヨーロッパやアメリカからも多くの会社が就航しています。桃園国際空港かた台北駅までは、快速電車が空港から直結しており約35分で到着することができます。タクシーやリムジンバスなどもあり、市内までは約1時間です。

台北松山空港(TSA)

instagram-image

aviation_wei

台北松山空港の特徴は、台北中心地までの近さが魅力です。約5キロ離れた場所にある空港なので、あまり渋滞などに巻き込まれず簡単に市内までアクセスできます。松山空港は台湾の国内線やアジアなどからの国際線も発着しています。日本からは羽田空港が松山空港への直行便があります。短い期間の旅行の場合、市内からの手軽なアクセスは時間の節約にもなるのでおすすめですよ。

 

気になる台湾の飛行機代!安いのはいつ?

さて、それでは台湾の飛行機代が安いのはいつでしょうか?

最も安い時期が6月で、往復での往復平均金額が約33,536円です。また、9月、10月、11月も安い時期となります。

参照:スカイスキャナーHP

 

高いのはいつ?

逆に飛行機代が高くなるのはいつでしょうか?

最も高い月が2月の往復平均金額約41,878円です。また、5月や12月も高い時期となります。旧正月の時期や年末、日本のゴールデンウィークの時期は高くなるので、とにかく安く行きたいという方は避けたほうがいいでしょう。

 

相場はどのくらい?

1年間を通しての日本から台湾への平均往復金額は、約38,200円です。LCC航空では時期によっては往復で約20,000円~30,000円で購入できることもあります。

 

ベストシーズンは?

台湾の気候は、日本と同じくらいか、夏が少し長く蒸し暑い気候です。また、8月9月は暑く台風の季節でもあるので、観光は暑さを考えて予定はたてたほうがいいでしょう。気候や飛行機の金額をみても、9月、10月、11月が台湾旅行のベストなシーズンと言えるでしょう。秋に休みがとれたら、ぜひ旅行先に台湾を考えてみて下さいね!

 

台湾の旅行費を抑える為のポイント!飛行機代も賢く選ぼう

ここからは、台湾の旅行費を抑えるコツをみていきましょう。現在はインターネットを利用して簡単に予約ができるのが嬉しいですね。

 

飛行機代

飛行機代の比較サイトと言えば、スカイスキャナーやトラベルコ、そしてエアトリやスカイチケット、エクスペディアなど予約まで行えるサイトや、現地のホテルも一緒に予約できるサイトも便利ですよね。それぞれポイントがたまったり、旅相談ができるサイトもあるので、ご自身の目的にあわせて、存分に利用しましょう。

 

ホテル代

ホテルの予約も今は世界中どこのホテルでも比較できて、簡単に予約ができますね。台湾ではホテル滞在かホステルの滞在も人気です。治安がいいので、気軽にホステルに挑戦してみるのもいいでしょう。ホステルであれば、1泊1500円~2500円程で滞在できます。台湾の中級ホテルは1泊7,000円~15,000円くらいが相場となっています。

 

お得なパッケージツアーも

日本から台湾へのお得なパッケージツアーが多くでています。特に海外初心者や台湾初心者には安心のパッケージツアー。台湾の魅力を凝縮して楽しめるので、金額次第ではお得な場合も多いですよ。秋の時期はおすすめです。

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

安い飛行機代!台湾の魅力とは?

最後に、台湾の魅力をさらにみていきましょう。ここまで見れば、台湾に行かない理由が見つかりませんよね。

交通費が安くて便利!

台湾の市内観光での交通手段は、地下鉄(MRT)、バス、タクシー、レンタル自転車です。台湾では日本のSUICAなどのようなICチャージ式カードの「悠遊カード」が非常に便利です。このカードは購入時にNT$500元 必要ですが、あとはチャージ式で好きな分だけチャージできます。旅行終わりに残ってしまってもMRT各駅のインフォメーションセンターにカードを返却すれば、手数料をひいた金額を返金可能です。また、このカードの便利なところは、公共交通機関だけでなく、レンタル自転車やコンビニの支払いやスターバックスなど飲食の支払いにも利用ができます!慣れない紙幣を使うよりも数倍支払いが早くすみますよね。また短い旅行期間であれば交通費は1000円~2000円もあれば十分です。

 

食事が安い!

台湾と言えば屋台!朝市もあれば夜市もあります。多くの場所で屋台がたっているので、宿泊先のホテルやホステルの近くにもあるので、ぜひ聞いてみて下さいね。レストランなどで食事をしても日本よりも食費が安くつくでしょう。折角なので、存分に台湾名物を楽しんで下さいね。

 

人が優しい!

台湾は親日家の方が多く優しい!とよく言われます。実際には、現地のご年配の方や子供にも優しい方が多いです。また、どこでもフレンドリーな方が多いので、お勧めのお店や行き方などどんどん尋ねてみて下さい。現地の方と触れ合いもまた旅行の楽しみですよね。

 

まとめ

さて、ここまで台湾の飛行機代などについてご案内してきましたが、いかがでしょうか。人気の旅行先なのが納得!なんだか台湾に行きたくなりますよね。ぜひお得に旅をしてみて下さいね。