日本人に人気の観光地台湾でのホテルの相場はどれくらい?

海外旅行に行くという人の数も増加傾向にあります。

アジア圏の各国は依然として人気が高く、特に親日的な国はリラックスして観光を楽しむことができます。

アジアの国の中でも親日的な雰囲気が強いのが台湾です。

観光スポットとして魅力的な場所も多く、また食事面でも日本との文化の違いをそこまで感じることなく、安心して楽しむことができるのが台湾の特徴ですが、旅行の際に大事なポイントの1つに宿泊先があります。

そこで今回は、台湾で利用するホテルの相場について解説します。

 

台湾でのホテルの相場

台湾旅行を考えている人は、当然どこに宿泊するかというのも大事なポイントです。

宿泊先にはあまりこだわらないという人もいる一方で、泊まるホテルにもこだわりたいという人もいます。

では、台湾のホテルの相場はどれくらいなのでしょうか?

 

グレードによってことなる

当然ながら、台湾に限らず世界の各国ではホテルにグレードがあり。グレードによって宿泊代も異なります。

海外旅行のブッキングサイトで宿泊先を決めることもできますし、旅行代理店を利用してホテルを決めることもできますが、グレード別に確認していきましょう。

台湾のホテルでグレードの高いホテルとしては、世界各地に拠点を持っているリージェントホテルやグランドハイアットがあります。

その他マンダリンオリエンタルなどがあります。

台湾にしかないホテルもあり、ラグジュアリーなホテルもあります。

相場としては、だいたい一泊で日本円で4万円から5万円ほどとなっています。

欧米のラグジュアリーホテルと比較するとそこまで高い価格ではなく、プールつきのホテルでも3万円台で宿泊することもできます。

安いホテルであれば、一泊1万円以下で宿泊することもできます。

価格がそこまで高くないとはいえ、室内のサービス内容はある程度充実しており、例えば無料Wi-Fiやウォシュレットトイレなどが標準装備されているのが普通です。

また、最近利用する人が多くなったホステルという選択肢もあります。

ホステルとは、個人用の個室があるわけではなく、他の人と大きな部屋をシェアしながら宿泊するというタイプの宿泊施設です。

価格は一泊で5,000しないのが基本であり、とにかく宿泊費を抑えたいという人にはおすすめです。

 

平均は15,000円以下

宿泊するホテルによって価格は異なりますが、旅行ブッキングサイトが算出した台湾のホテルの相場は1人あたり14,000ほどとなっています。

この程度の価格のホテルであれば最低限のサービスを受けることができ、部屋の広さも十分満足できるものとなっています。

あくまでも平均的な相場になるので、参考値として考慮しつつ予算を決めていきましょう。

 

台湾のホテルの選び方

台湾のホテルはグレードによって様々です。

予算によって利用するホテルは代わってきますが、その他にもホテルを選ぶ際のポイントがあります。

ホテルを比較する際には、価格のほかにも以下のポイントをチェックしましょう。

まず、観光スポットのからの距離が近いかどうかという点を重視しましょう。

ホテルは観光をする際の拠点となる場所であり、観光地からのアクセスが悪いと時間を効率的に使うことができなかったり、疲れを感じてしまうこともあります。

そこで、まずは予算を決めた上で、行こうとしている観光スポットを起点にして、その周辺のホテルを探すようにしてください。

対象エリア内にあるホテルを複数絞った上で、そこから価格やサービス内容を比較するようにしましょう。

台湾での観光は地下鉄を利用するのが基本になりますので、地下鉄の駅が近くにあるかどうかをチェックしておくことをおすすめします。

 

平均的な相場以下の価格で台湾のホテルを探している人へ

宿泊費用はそこまでこだわらず、とにかく観光さえちゃんとできればOK!という人は、今回紹介したホテルの相場以下の価格で探しています。

では、相場以下の価格でホテルを探すにはどうすればいいのでしょうか?

 

ブッキングサイトを活用する

ブッキングサイトは最近では非常に人気があり、利用する人の数も増加してきました。

ブッキングサイトを利用することで、ご自身が希望する予算を入力することで候補となるホテルを選んで表示してくれます。

台湾の中心街にあるホテルがヒットする可能性もあるので、まずはご自身が希望する予算を入力してみましょう。

個室型のホテルがヒットするのが基本ですが、個人旅行される方であれば、意外な穴場を発見できる可能性もあります。

 

ホステルを利用する

instagram-image

sasa_taiwan0122

上記でも少し解説したホステルを利用することで相場の半分以下の価格で宿泊することができます。

安いゆえに食事は自己調達しなければいけない、プライバシーが保証されないなどのデメリットがありますが、それでも構わないという人であればホステルは最適な選択肢となります。

場合によっては2,000円台で宿泊できることもあるので、色々検索してみましょう。

 

まとめ

台湾のホテルの相場について解説してきました。

相場感で見るとそこまで高くないというのが結論ですが、ご自身が考えている予算の範囲内でベストの宿泊施設を見つけましょう。

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

26歳未満の人にとっての海外旅行用のカードはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード一択です。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは通常年会費が3,000円(税抜)かかりますが、26歳未満の人は26歳になるまで年会費が無料で、有料会員と同じ特典を受けれます。

特に海外旅行保険は手厚く、補償額は年会費無料のカードの5〜6倍にもなります。(傷害死亡・後遺障害で比較)

その他にも26歳未満であれば年会費無料でゴールドカードクラスの特典を多数受けられますので詳しくはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイトをご確認ください。