日本と台湾の間での国際電話のかけ方は?携帯電話と固定電話の場合

日本から台湾へ急に電話をすることになったときは、どうしたらよいかと悩まれる方も多いと思います。
台湾への電話のかけ方がよく分からないこともあると思いますが、電話料金がどのくらいかかるのかも心配になりますね。
日本と台湾の間での国際電話のかけ方はどのようにするのがよいのか、携帯電話と固定電話の場合を中心にご説明します。

台湾との国際電話のまえに:台湾の電話番号

電話のかけ方をご説明する前に、まず台湾の電話番号がどのような仕組みになっているのか具体的に見ておきましょう。

電話番号の桁数

台湾の電話番号は、以下の例のように固定電話も携帯電話も10桁になっています。
固定電話の例:0123456789
携帯電話の例:0102345678

台湾の市外局番は0から始まる2つ

台湾の固定電話の番号は、最初の数字2つが市外局番です。
例えば 02-23456789 と表記します。
台北の市外局番は02、高雄は07です。
携帯電話は通常4桁で区切り、例えば 0123-456789 と表示します。

日本から台湾への国際電話のかけ方

それでは本題の日本から台湾への国際電話のかけ方を見ていきましょう。

基本は「010+886」

国際電話をかけるときは、基本の形として電話番号の前に「国際電話識別番号」+「国番号」が必要です。
国際電話識別番号は、どこの国から電話をかけているかを明らかにするものです。

日本の国際電話識別番号は「010」です。
台湾の国番号は「886」ですので、台湾への電話は「010+886+「電話番号」が基本の形になります。

携帯電話からかける場合は「国際電話識別番号」の代わりに「+」を押してかけることもできます。

電話会社の番号

国際電話をかける場合には、どこの電話会社を使うのかによって最初に押す電話番号が異なります。
日本国内の電話会社には次のとおりそれぞれの番号が決まっていますので、その番号を最初に入れる必要があります。

KDDI:001
NTT(コミュニケーションズ):0033
ソフトバンク:0061
au:005345
NTTドコモ:009130
ソフトバンク携帯:0046

上記の電話会社番号は、マイラインや携帯電話会社の場合は不要です。
最後に個別の「電話番号」を入れますが、電話番号の最初の0は省きます。

例えば、台湾の通話先の固定電話番号が01-23456789のときは、次のようになります。
NTTの固定電話から:0033+010+886+1-23456789
ドコモの携帯から:+886+1-23456789

台湾から日本へ国際電話をかける場合

次に台湾から日本へ国際電話をかける場合の電話のかけ方をご説明します。

基本は「002+81」

台湾の国際電話識別番号は「002」で、日本の国番号は「81」です。

ですから、台湾から日本にかける電話は「002+81」+「電話番号」が基本です。
日本からかける場合と同様に、電話番号の最初の0は省きます。

なお台湾の国際電話識別番号には、他に005・007・009・012もあります。

他の国にかける場合は国番号を変える

他の国にかける場合は、国番号の部分を通話先の国番号に変えます。

台湾で台湾国内にかけるときは日本と同様

台湾で台湾の国内に電話をかけるときは、日本で国内にかける場合と基本的に大きな違いはありません。
同じ市内に電話する場合には市外局番は不要ですが、市外へかける場合や携帯からかける場合は市外局番を含めてダイヤルします。

台湾の公衆電話のかけ方

台湾にも公衆電話が駅などにおかれています。
台湾の公衆電話は、主に硬貨またはテレホンカードを使います。

「悠遊カード」という交通系ICカードも便利です。
悠遊カードは日本のPASMO・Suicaのようなカードで、地下鉄やコンビニなどでも使えます。
硬貨の場合はお釣りは出ませんので、小銭を用意してきましょう。

台湾との国際電話料金を安くする方法

instagram-image

hamadamasaru

国際電話料金はうっかり話していると思いのほかの高額になることもよくあります。
できるだけ安く済ませる方法をご紹介します。

通話アプリ・WiFiの上手な活用

最近はインターネットを利用した通話アプリがいろいろあります。

パソコンやスマホ・タブレットからのLINE通話をはじめ、SkypeやSNSなどを上手に使えば、無料での通話も可能です。
ただ、無線LANやWifiなどインターネットに接続できる環境がないときは、利用料が高額になってしまうこともありますので、注意が必要です。

一般の電話を使う場合は光電話やIP電話の利用がおすすめです。

まとめ

台湾への電話のかけ方は、それほど難しいことではありません。
国際電話識別番号と国番号を間違えないようにすれば、基本的に日本国内で電話をかけるときと大きな違いはありません。
電話料金も安くできる方法があるので、活用しましょう。

ポイントをもう一度整理しておきましょう。
電話のかけ方のポイントは、次の2つです。
ポイント1:国際電話識別番号と国別番号がある。
日本から台湾:010+886
台湾から日本:02+81
ポイント2:電話番号の最初の0は省く。

海外旅行おすすめクレカ1位

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

海外旅行おすすめクレカ2位

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

26歳未満の人にとっての海外旅行用のカードはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード一択です。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは通常年会費が3,000円(税抜)かかりますが、26歳未満の人は26歳になるまで年会費が無料で、有料会員と同じ特典を受けれます。

特に海外旅行保険は手厚く、補償額は年会費無料のカードの5〜6倍にもなります。(傷害死亡・後遺障害で比較)

その他にも26歳未満であれば年会費無料でゴールドカードクラスの特典を多数受けられますので詳しくはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイトをご確認ください。

カテゴリー