日本とは違う香港のトイレ事情・知らないで困るその前に

日本とは違う香港のトイレ事情・知らないで困るその前に

誰だって1日に数度は行くのがトイレ…香港に観光やお仕事で行っても絶対に行くのがトイレです。海外に出るとトイレは日本とはずいぶんと状況が違います。今回は、知らないとちょっと困る香港のトイレ事情についてまとめてみました。

香港のびっくりトイレ事情

instagram-image

coolniikou

香港のトイレ、日本人が入るとその汚さに驚く人がいますが、その汚いのはキレイなトイレに慣れている日本人にあよくありがちなことで、アジアの国や地域ではそっちの方が普通だったりします。ここからは、香港のトイレでありがちなもっとびっくりなことについてまとめます。

ビックリ!香港のトイレ①香港のトイレの便座はよく上がっている

女性が急いでトイレに入ったとき、すぐに便座に座ろうとすると香港ではとても危険です。なぜなら香港の女性用のトイレの便座は非常によく上がっているからです。日本よりも大きめのトイレであることが多い香港のトイレ、つい便座があがっているのにうっかり腰を掛けてしまったりなんかしたら想像したくない惨事が…

でも日本では女性用トイレで便座があがっていることなんてないの、なんで香港では便座が上がっているかというと、香港では便座が汚いトイレがとても多いのです。そのため、汚い便座を上げて中腰で用を足す人や、考えただけで怖いのですが便座を上げてトイレのフチにしゃがんで用を足す人がいます。なので、便座が上がっているトイレが多いのです。トイレが汚いのは問題ですが、そんな使用法だったら怖い…と考えるのですが、気にもせず用を足すようです。

なので、トイレに入ったら急いでいても必ず便座が上がってないかを確認してから使用してください。

ビックリ!香港のトイレ②ゴミが箱がトイレットペーパーのゴミであふれている

香港のトイレに入ると、よくトイレ前方にある汚物入れがトイレットペーパーのゴミであふれかえっています。思わずトイレットペーパーのゴミはここに捨てるのかな?と思ってしまいますが、香港のトイレではトイレットペーパーは便器に入れて流すことができます。では何でゴミ箱がトイレットペーパーのゴミであふれることになるのか…というと、これは香港の人の仕業ではなく、香港に他の国などからやってきた観光客が流さずにゴミ箱に捨ててしまうからだそうです。

香港のトイレは、使用後のトイレットペーパーを流すこともできるし、香港人は普通に流しています。ただ、香港のトイレは日本のトイレよりもつまり易いので多めに紙を使うときはためずにこまめに流した方がいいです。つまらせてしまうと水があふれるなど厄介なことになりかねません。

ビックリ!香港のトイレ③鍵がかかっている…

香港のトイレでたまに遭遇するのが、トイレがあったけど鍵がかかっている。でも、人が使用している様子はない…というものです。これは、香港ではそんなに珍しくない「鍵式」のトイレです。お店やレストランなどでたまにあるのですが、カウンターの店員などにことわると鍵を貸してくれます。そのカギを借りないとお手洗いに行くことはできません。あと、お店などで普段従業員が使っているトイレが鍵式で、頼めば貸してくれる…というものもあります。

香港は日本よりもお客さんのためなどに設置しているトイレが少なく、こういった不便なタイプのものも少なくありません。

ビックリ!香港のトイレ④トイレットペーパーは入り口にしかなかった

ふつう日本ではトイレに入ると個室個室にトイレットペーパーがありますいぐあ、香港でたまに見かけるのが、入り口付近1か所にしかトイレットペーパーが置いてないトイレです。この場合、個室個室にはないので、個室に入る前に必要な量のトイレットペーパーをとっていかなくてはいけません。とらないで行くと…大変な事になります。

必要な事は、入り口付近にトイレットペーパーがあったら必要な量を持っていくこ、また、こういう外国へ行く際にはポケットティッシュを持っているととても便利です。トイレに流せるものだとベターですが、そうでない場合にはトイレに流さないようにしましょう。とにかく香港のトイレは詰まりやすいので。

ビックリ!香港のトイレ⑤階が違う

レストランなどに行ったときに時々あるのが、レストランがある階とトイレが違う階にあることです。お店の中を見渡して、ぱっと見トイレの場所がわからなかったら店員さんにきいたところ2つ下の階を答えられたことがあります。お店を出て、ちょっと迷子になりそうになりになりながらトイレに到着という事がありました。もっとすごい例だと、トイレがある階数が違った上に、鍵式のトイレなんていうことも時々あるようです。

お店などでトイレがわからない時は、店員さんに訪ねましょう。

ビックリ!香港のトイレ⑥故障中の貼り紙のない故障中のトイレ

日本では詰まったり故障しているトイレには、「故障中」と貼り紙がある場合が多いですが香港のトイレは故障していても貼り紙が無い場合が多いです。何か異変を感じたら使用は控えましょう。

香港にはトイレが少ない・どこにある?

香港では、日本でおなじみのコンビニはおろか、レストランでもお店の中にトイレが無いということもあり全体的に見ると日本と比べてトイレが少ないです。そんなトイレの少ない香港で案外役立つのが街の公衆トイレです。観光地だけど近隣にレストランやお店の少ない場所や、街中にポツンとあるのが公衆トイレです。街中にあり不特定多数の人が利用するので、たまに汚い場合もありますが公衆トイレにしては普通に利用できるキレイさな事が多いので案外便利に使えます。

近くにあったらおすすめなのが、ショッピングモールのトイレです。ペニンシュラホテルの地下にあるモールのトイレとか、大きなショッピングモールのトイレは鍵式でない物も多いので便利に利用することができます。

香港地図には、トイレが記してあるものもありますが、香港は初めて行った人や初めてでなくても不慣れな人はなかなか簡単には目的地にたどり着けない事があります。なので、地図を見て行動するなら少し早めにトイレ探しをしましょう。また、交番があったらお巡りさんに恥ずかしがらずにトイレを聞くのも一つの方法です。

香のトイレにキレイを期待しない

instagram-image

hk_lovess

「汚いトイレは嫌だなぁ。それにウオシュレットないかな?」日本だとそう期待したい人もいると思うし、場所さえ選べばその願いは大抵叶ったりしますが、香港を含むアジア諸国でそれを期待すると残念ながらトイレには行けません。結構な高級ホテルでもウオシュレットなんて夢だったりするし、メチャクチャ清潔なトイレを探したらみつからない可能性もあります。なので、香港のトイレは汚いと頭の隅に置いておいてください。頭の中の想像の「汚い」よりも少しきれいならラッキーです。きれいだと思っていて「汚いのばっかり」の方がショックが大きいと思います。

香港のトイレ事情・まとめ

香港のトイレは、少ない、きれいじゃない、便座が上がっている、時々鍵がかかっている、お店と同じ階にない、トイレットペーパーが個室内に無い…そんな状況の場合があります。その点に注意しておかなくては、後で気づいたら焦ってしまう・困ってしまう状況になります。以上の点には気をつけましょう。そして、バックかポケットにはティッシュペーパー、便座除菌シートなどを入れておくとちょっとしたときにパッと使えて便利です。トイレ一つとっても色々なカルチャーショックがありますが、きちんと備えて乗り切りましょう。

カテゴリー