台湾を訪れるならレンタカーで行きたいスポットとレンタル方法をご紹介!

台湾を訪れるならレンタカーで行きたいスポットとレンタル方法をご紹介!

東京から約4時間のフライトで行ける人気観光スポット台湾、週末を利用した旅行も可能なスポットで年間を通して温かいスポットです。そんな台湾を訪れるならレンタカーを試してみませんか?台湾でのレンタカーの借り方やレンタカーで行きたいスポットを一挙ご紹介致しましょう。

台湾でレンタカーを借りる際に必要なもの!

台灣 台北 路邊 街景 汽車 街頭 轎車 銀色 停車 車尾 車尾燈

台湾でレンタカーを借りる際に必要なものは、やはり免許証でしょう。この免許証は発行された国によっても取り扱いが違います。それぞれの国によって違う免許証とともに準備するべきものをご紹介致しましょう。

日本の免許証なら中国語に訳すべし!

まずはじめに日本の免許証をお持ちの方は、そのまま日本の免許証が必要となります。国際免許証の準備は必要ありません。しかし、日本の免許証をお持ちの方は、JAFで日本の免許証を中国語翻訳していただく必要があります。

国内にあるJAFへ行き、中国語翻訳をお願いするだけで大丈夫です。発行料金は3,394円、そして返送料392円となっており、約4,000円で手に入れることができます。手元に届くまでに約1週間はかかりますので早めのご用意がおすすめです。

その他免許証は、国際免許が必須な可能性も!

日本の免許証以外は、国際免許が必要となります。国によっては日本同様に中国語翻訳のみで可能な国もありますので他国の免許証をお持ちの方はそれぞれの国ごとにチェックするようにしましょう。

台湾でレンタカーを借りるならどこで借りる?

高級車 整備 セールスマン メカニック テクニシャン メンテナンス 女性 男性 名車 デマンド ビジ

台湾のレンタカーを借りるならどこの会社で借りればよいのかがわからないという方もいらっしゃるでしょう。そんな方のために台湾でレンタカーを借りるならおすすめな会社、そしてスポットをご紹介して参りましょう。

台湾には2大レンタカー会社がある

台湾発のレンタカー会社として、和運租車とオリックスという2つの会社があります。中でもオリックスは、日本語で対応をしてくれます。しかしオンラインなどの予約は行なっておりませんので、実際に足を運んでの予約がおすすめです。

どちらも口コミで問題なく借りることができる会社となっております。また、Rentalcars.comというレンタカーを検索できるサイトを利用すると翻訳されて日本語で検索をかけることもできますのでおすすめです。

海外で有名なAVIS社もあり!

台湾の会社以外にもここ台湾には様々なレンタカー会社があります。世界的にも有名なAVIS社もあります。海外の会社ということもあり、台湾のレンタカー会社よりも少し高めとなりますが名の通ったところでもありますので安心感もあります。

またこのAVIS社は、インターネット予約も可能です。車をレンタルするにはもちろん台湾にあるオフィスで借りる必要があります。英語で対応してくれますので、ある程度わかる方であれば簡単に借りることができます。

空港なら日本語ができるスタッフがいて安心!

言葉の不安があるという方は、空港にあるサービスカウンターで借りると良いでしょう。空港にあるカウンターには、日本語ができるスタッフがいらっしゃいますのでこちらで用意してもらうのもおすすめです。

空港のサービスカウンターには「旅客服務中心」という文字が目印となりますのでそちらを探してみて下さい。レンタカー会社の方は日本語が話せないことが多いので、不安事項は空港のサービスカウンターでしっかり聞いておくようにしましょう。

台湾でレンタカー借りる時のルールは?

臺灣高雄交通景觀Kaohsiung Traffic Landscape, Taiwan, Asia

台湾のレンタカー会社をチェックしたところでお次は台湾でレンタカーに乗る際のルールをご紹介致しましょう。知っておかないといけない規則などもございますので、こちらでしっかりとルールを身につけていきましょう。

日本とは逆の右側通行!

海外はまず、右側通行の左ハンドルが基本となります。どれも日本の逆ということで混乱する方も多いでしょうが、30分も運転していれば慣れてしまいます。速度は、日本のようにkmで表示してありますのでわかりやすいでしょう。

細かなルールは日本とほとんど同じとなっていますので、あまり不安になることは少ないでしょう。シートベルトなどはしっかりとしめるようにして、いつも通り速度を守って運転するように心がけましょう。

スクーターに要注意!

台湾は、スクーター大国でもあります。車よりもスクーターが多いほどに小回りのきくスクーターを所有している方が多くいらっしゃいます。そのため、スクーターが急に飛び出す危険も多くあるため注意が必要となります。

レンタカーを借りる際には出来るだけ郊外に行く時などにご利用し、台北市内などはバスや電車をご利用するとよいでしょう。

駐車禁止ラインをチェック!

台湾には、歩道の脇に赤い線と白い線が引かれているところがあります。その色の違いは駐車禁止ラインと駐車可能ラインの2つに分かれております。赤い線である駐車禁止ラインは駐車違反になりますので注意しましょう。

逆に白い線は駐車可能ラインとなっておりますので、安心して駐車することができますので周りの車に習って縦列駐車しましょう。

ガソリンスタンドでは「95」を覚えておこう!

台湾にはあちこちに日本同様にガソリンスタンドがあります。長距離の運転や数日レンタカーする方は、ガソリンスタンドをご利用することになるでしょう。日本では、ガソリンを入れる時レギュラーで入れることがほとんどです。

そんな台湾のガソリンスタンドでは、レギュラーという文字はありません。95」というのがレギュラーとなります。92,92,983つがあり、それぞれスクーター用とレギュラー、ハイオクとなりますので95のレギュラーだけ覚えておくとよいでしょう。

台湾の高速道路はとても安い!

台湾の高速道路は日本の高速道路に比べてとても安いことで知られています。最初の20kmまでは無料となっており、それ以降は1kmあたり1.3台湾ドルとなっており、日本円にして約5円ほどという安さです。

300km走ったとしても約1000円という安さとなっておりますので、遠出するのも気軽にできるのでおすすめです。

台湾でレンタカーするならおすすめのルートやスポットは?

台湾・淡水紅毛城からの風景

台湾でレンタカーをするなら是非、行ってみたいおすすめのスポットをご紹介しましょう。自由のきくレンタカーで自分のペースで行けるようなスポット、そしておすすめのルートをご案内して参りましょう。

台北なら九份に行ってみよう!

台湾 九份

ジブリ映画「千と千尋の神隠し」の舞台で知られる九份は、少し辺鄙なところにあることでも知られています。九份までは、電車やバスなどを乗り継いだり、また人気が高いことからバスをかなり待つ時間が必要です。

そんな九份に行くならレンタカーで自由に観光するのもおすすめです。近場の郊外としておすすめなので一度試してみると良いでしょう。

台北から台南までの縦断もおすすめ!

Aerial view of nature in Tainan - Taiwan

台湾を訪れなら縦断をしたいという方もいらっしゃるでしょう。そんな方におすすめなのがレンタカーでの台湾縦断です。台北で借りて、台南で乗り捨てすることもできますのでレンタカーでの縦断もおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?台湾でのレンタカーの借り方はこれでマスターできるでしょう。簡単に借りることができ、またレンタカーだからこそ行けるルートなどもご紹介させて頂きました。台湾旅行を予定中の方は是非、レンタカーを借りて遠出してみてはいかがでしょうか。

カテゴリー