台湾の旅行の持ち物絶対必要な物・あった方が便利な物

台湾に旅行に行くのに便利なもの必要なものなど持ち物をまとめてみました。台北などにはお店も多く現地で調達しても大丈夫なものがほとんどですが、それを探していると大切な旅行の時間などが削られてしまったりします。そうならないように、必要なものは日本からもっていくことをお勧めします。

台湾旅行の準備:絶対に必要な物

まず、無いと困るレベルのものからリストアップしてみます。

パスポート

何を言っても忘れてはいけない物が、パスポートです。パスポートは外国に行くのには赤ちゃんでも絶対必要なので、パスポートをはしっかり準備しましょう。その際に有効期限がちゃんと残っているかも確認して持っていきましょう。そして、パスポートはコピーをしていたものをも別に持っていくと何かのトラブルの時に便利なので、パスポートをコピーしたものを持っていきましょう。

航空券やEチケットのコピー

航空券は必携です。そして最近ではスマホなどで航空券を確認できるものがあったり、Eチケットが便利だったりしますがだ、電子だと何かトラブルがあったときには大変なのでEチケットは念のために紙にコピーして持って行くことをおすすめします。

お金・クレジット―カード

持っていったほうがいいものはお金とクレジットカードです。お金はまずクレジットカードが使えないところもあったりするので、換金をして持っていくと便利です。台湾でももちろん換金する場所はありますが、時間がかかったりするのであまりお勧めはできません。そしてお金だと円から元に換金してさらに残ったのを円に換金すると手数料等がかかってしまったりもするので、クレジットカードをもって行き多く使うのが便利です。クレジットカードを持っていると現地通貨を手に入れるのに空港でクレジットカードでおろすこともできます。

海外旅行保険

海外旅行保険には絶対に加入しましょう。日本は国民健康保険のおかげで病院などに行っても医療費が安く済みますが、海外などでは病院に行っただけでかなりの大金を取られる場合があります。慣れない環境から体調壊すことなどもあるかもしれないし、何かトラブルの巻き込まれる場合もあるかもしれないので、海外旅行保険には加入しましょう。

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

26歳未満の人にとっての海外旅行用のカードはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード一択です。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは通常年会費が3,000円(税抜)かかりますが、26歳未満の人は26歳になるまで年会費が無料で、有料会員と同じ特典を受けれます。

特に海外旅行保険は手厚く、補償額は年会費無料のカードの5〜6倍にもなります。(傷害死亡・後遺障害で比較)

その他にも26歳未満であれば年会費無料でゴールドカードクラスの特典を多数受けられますので詳しくはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイトをご確認ください。

カバン

スーツケースやリュックサックなど。旅行日数や持ち物の量に合わせて大きさを選びましょう。

台湾旅行の準備:備えがあると便利

instagram-image

cafe_closet02

ここからは、あると便利なものなどを選んでみました。

ジッパー付き透明ケースと小分けボトル

トラベル用の小分けボトルとチャック付きの透明ケースを持っていくと便利です。国際線では100ミリリットル以上の液体を機内に持ち込むことができません。なので、普段使っている気にいっているシャンプーや化粧水や歯磨き粉なども100ミリリットル以下の容器に移し替えて透明のチャック付きの袋に入れなくてはいけません。

紙とペン

意外ともっていくのを忘れるけれど、持ったほうがいいものは紙とペンです。台湾に行くには、飛行機の中で入国カードを書きます。その時にボールペンが必要だし、あと何かを質問したりする際に、漢字で紙に書けば案外通じるので紙とペンがあれば筆談でコミュニケーションをとることもできます。

シムフリーのスマホかレンタルWi-fi

台湾では格安・簡単にプリペイドSIMが空港で買えるので、シムフリーのスマホがあれば持っていくと便利です。シムフリーのスマホを持っていない場合には、日本で海外をで使えるレンタルWi-Fiルーターを借りていくと便利です。シムフリーのスマホを持っていない場合、こちらをレンタルした方が安いし、特に女子数人で女子旅などに行く場合にはWi-Fiを共有ですることもできるので、レンタルWi-Fiを1つ借りて代金を割り勘にすれば金額がより安くなれます。

スマホの充電バッテリー

スマホもバッテリーが切れてしまったらどうしようもないので、モバイルバッテリーを1個持っておくと便利です。ものによっては機内持ち込みができない物もあるので、外国にもっていく場合には必ず事前にメーカーなどをチェックしておきましょう。

ポケットティッシュとウェットティッシュ

持ったほうがいいものに、ポケットティッシュとウェットティッシュです。台湾は食べ物でも脂っこいものが多かったりするので、手などがベタベタすることもあるのでウェットティッシュを持っていきましょうそしてお手洗いで困ったときやその他の場合に備えてポケットティッシュを持っていくのもオススメです。

折り畳み傘

台湾では突発的に雨が降ることがあり、しかもその雨の量が多かったりします。道端やコンビニなどで傘を売られてはいますが、空港に着いた瞬間に土砂降りなどと言うこともあります。なので、軽量の折り畳み傘を1つバックに入れておくととても便利です。また、UVカットのものであれば、日傘としても使うことができます。

日焼け止め

台湾の夏はかなり強い紫外線です。そして、冬も晴れてる日は「紫外線を感じる」と言う位強い紫外線があります。なので日焼け止めを持っていきましょう。

小型ガイドブック

小さめのガイドブックを持っていくと、観光の時に便利です。台湾はお店などが入れ替わるスピードがとても早いので、数年前のものを持っているとまわり一体がほとんど変わっていたなどと言うことになって、目当てのものがみつかりません。台湾に行く際にはなるべく最新のガイドブックを買うのがお勧めです。

パーカーや薄手のカーディガン

基本的にはかなり暑い1年を通して寒いと言うことが少ない台湾ですが、夏でもガンガンに冷房がかかっていたりしてかなり寒い場合があります。なので、1枚はカーディガンのようなものを持っていたいものです。

薬が必要な人は必ず持参しましょう。胃腸薬や正露丸なども持参することをお勧めします。台湾では油物で胃などを壊す人もいるので、胃腸薬を持った方が良いでしょう。

化粧品・生理用品

女性の必要な持ち物として、化粧品・生理用品を持つと良いです。基本的にどちらも台湾のコンビニなどでも売られていますが、普段使い慣れたものが良いでしょう。生理用品は日本のものはとても品質が良く、外国で入手する場合大体品質が良くないので日本製がオススメです。

台湾旅行の準備:衣類

instagram-image

sen.jp____

次に、台湾に持っていく衣類についてまとめます。

12月から3月まで

12月から3月までは、冬です。風です10度以下になることもあり、暖房も日本ほどしっかり聞いていない場合があるのでしっかり長袖の服を持参しましょう。けれど冬でも急に温度が上がって、数日だけ夏のような日になりTシャツを着ても過ごせる日もあるので、台湾に行く場合は冬でも半袖を持って行くことをお勧めします。

4月から6月

この時期は、過ごしやすい季節です。基本的に薄手の長袖が主流になります。ですが、暑がりの人は半そでで過ぎす人もいます。特に南部に行くのであれば、半そでも持参した方がいいでしょう。

7から9月

この時期は、特に湿度が高くとにかく暑いです。特に南部の高雄などに行くのであれば、いっぱい汗をいっぱいかいてしまいカフェなどに入りたくなるのがこの時期です。ただ、汗をいっぱいかいたままお店などに入ると、クーラーがガンガン効いていてかなり寒くなってしまうなどということもあります。なので、薄手の長袖のパーカー・カーディガンは必須アイテムです。

10月と11月

この時期は気候がとても良いです。ただし、基本的には暑いのでTシャツが基本となります。

パジャマ

instagram-image

flower._.pear

どの季節にも持っていったほうがいいものは、パジャマです。台湾のホテルは、日本のホテルとは違ってパジャマなどはほとんど用意されていることがありません。なので、寝るための簡単な軽量のパジャマを持っていくと寝やすいです。

旅行中は、長時間歩くことも多くあるので普段履き慣れている履きやすい靴がお勧めです。6月など梅雨の時期には不意の雨やスコールなどで靴がびしょびしょに濡れることもあるので、水に弱い靴はお勧めできません。

サングラス

台湾はとても紫外線が強いので、晴れている日の目の保護のためにサングラスを持参するのがお勧めです。日本と比べてかけている人も多いです。

ミニタオル

ミニタオルや乾きやすいマイクロファイバーのタオルや速乾性のタオルなど、ミニタオルを持っていると何にも使えて便利です。

台湾旅行の準備まとめ

しっかり備えて楽しい台湾の旅を楽しみましょう。