台湾に行く際、simよりwifiレンタルがオススメな理由まとめました

台湾に行く際、simよりwifiレンタルがオススメな理由まとめました

どこでも、いつでも手放せないスマホ。

台湾に行く際も当然、必要ですね。

せっかくの台湾旅行をより充実したものにするには、スマホが使えないといけませんよね。

台湾でスマホをネットにつないで使うには、いろいろと方法がありますが、便利に安くすませたいなら、simカードかレンタルwifiを使うこととなります。

ここでは、海外でスマホをネットにつなぐ方法をまとめ、台湾でのsim事情を調査し、さらにsimとwifiのレンタルとどちらが良いか比較しました。

台湾へ行く人、必見です!

台湾で携帯をネットにつなぐ方法 sim以外も含む

Female hands holding and using smartphone while charging it in a public place using electric plug

まず最初に、台湾で携帯をネットへつなぐ主な方法をまとめました。

ローミング

現在契約している携帯の会社のデータローミングサービスを理由すれば、台湾でも使用可能です。

メリットは、簡単なこと。自分の携帯だけで追加の持ち物も不要です。

デメリットは、高いこと。一日3000円程度も必要ですね。

現地のwifiスポットを使う

台湾で、携帯を機内モードにして、wifiをオンにすれば、無料wifiスポットに行けば使用できます。

無料のwifiスポットは、台湾の方が日本より多く、駅やホテルなどに多くあります。

メリットは、無料ということにつきますね。

デメリットは、無料スポットが限られてしまうこと。いくら日本より多いとはいえ、公共の建物以外はありません。

海外wifiをレンタルする

台湾で使用できるポケットwifiルーターをレンタルして使えば、台湾でネットにつながぐことができます。

台湾で使えるポケットwifiルーターは、日本の空港でも台湾の空港でもレンタル可能です。

イモトのwifiとかグローバルwifiが大手ですね。

通信量によって値段は変わりますが、補償付きで1日3Gで1000円程度です。

現地で動画を見まくるなどしなければ、一日3Gで足りるでしょう。

メリットは、簡単に安心して、使えること。加えて、値段も高くないことですね。

それと、複数の人が使えることも大きなメリットです。3,4人なら同時に使っても問題ありませんよ。

友達や同僚と行く時は本当にありがたいです!

デメリットは、ルーターと電源につなぐコードが必要なので荷物になること。とは言っても、たいした大きさではないですが。

台湾のsimカードを購入

台湾でsimカードを購入して、自分のスマホのsimと入れ変えると台湾で自分の携帯が使用できます。

simカード購入のメリットは、値段が安くて1日400円程度ですみますし、新たな持ち物も不要なことです。

simカードを交換し少し設定すれば、すぐに使用できるのでそれほど難しくありません。

しかし、難しくないとはいえ、交換と設定は初めての人には不安ですよね。

また、携帯によってはsimカードの交換ができないものもあります。ですので、よく調べる必要もあります。

特に初めての人やスマホに詳しくない人には、面倒というか難しいことになりますね。

台湾のsim事情とsimの購入の仕方

instagram-image

tomo_mix_

次に台湾のsim事情とsimの購入の仕方をまとめました。

台湾のsimはどこで購入可能か

台湾の人は、日本以上に携帯を持っているというか、携帯を重視して徹底的に使います。

ですので、simを変えた人も多く、私の知り合いでも数人がsimを変えたと言っています。

携帯屋も多く、そこに行けば、simを購入できます。

しかし、台湾では大型電気屋ショップがあるわけでもなく、携帯屋さんは携帯屋さん通りのようなところにあることがほとんどです。ですので携帯屋さんを探すのが大変!

しかも、携帯家のほとんどが日本語を喋ることが不可ですので、せっかく見つけても購入するのが面倒ですね。

となると、simを購入するのは、空港の携帯ショップに限ります。

空港でのsim購入の仕方

台湾の空港でのsimの購入は、簡単です。

空港の簡単にわかる所にお店はあり、日本語も(ほとんど)通じます。

わざわざ探しに行く必要もないですよ。

台湾の主要な空港である、桃園・松山・台中・高雄空港には携帯ショップがあります。

しかも、空港のショップでは旅行者用のプランがあり、便利!

simカードを購入する際に必要なものがあります。

1.パスポート

2.現金、またはキャッシュカード

まれに、パスポート以外の身分証明書の提示が必要なこともあるそうです。

ただし、どれも当たり前に持ってますから、心配いりませんね。

このように空港のショップでは簡単に購入できますが、予約をしておくことをオススメします。

予約すれば、安心できますし、現地で簡単に購入でき、時間短縮にもなりますよね。

予約表を持ってカウンターへ行くだけですから。

もちろん予約しなくても、パスポートと携帯とを出せば、店員さんがやってくれるはずでしょうが。

台湾でのsim購入の価格

台湾のプリペイドsimカードの価格は、3日間で4Gタイプが300台湾ドル、日本円で1000円強です。

ですので、1日400円程度、安いですよね。

もちろん、長期滞在の人には、長期プランもあります。

台湾でもいくつかの会社がsimカードを販売していますが、ほぼ同じ価格です。

台湾でのsimカード会社

台湾のsimカードの会社は、「中華電信」、「台湾大哥大(Taiwan Mobile)」、「台湾之星」などがあります。

先程書きましたが、価格はほとんど同じです。

最大手は、中華電信です。目立つところにショップもあります。また、空港によっては中華電信しかないとこもあります。

そういう意味でも中華電信が、おススメですね。

台湾でsimカード使用の際に気をつけること

instagram-image

taipei_lover10

simカードを交換する際は、いくつか気をつけることがあります。なお、これは台湾以外で使う場合も同じです。

simフリーの端末を用意する

simカードを入れ変えて使用する場合は、simフリーの携帯でないと使えません。

格安携帯に多いsimフリーの携帯なら問題ありませんが、大手の携帯は少し面倒です。

simロックがかかっているので、解除する必要があります。

多くの携帯がsimロック解除は可能ですが、使用できない携帯もありますし、使用開始から一定期間経ってないiPhoneは解除できない場合もあります。

必ず携帯ショップやホームページで確認して、台湾に行く前にsim解除しておきましょう。

初めての人などは不安でしょうし、携帯ショップでしてもらうと良いですね。

simカードの種類を間違えない

simカードには種類があります。

標準、micro、nano simの3種類です。

簡単に調べることができますので、確認しておきましょう。

ちなみに、iPhoneXは、nano simです。

simカードをなくさない

最後に、 simカードをなくさないようにしましょう。

交換した後に元のsimカードを無くすと、後で使えなくなりますよ。

台湾でwifiレンタルがsimよりおススメな理由

台湾でsimカードを購入してその使い方をまとめましたが、実はおススメは「wifiルーターのレンタル」です。

理由を書きます。

安心かつ簡単

wifiルーターをおススメする理由は、安心かつ簡単に使うことができることです。

wifiルーターなら、パスワードを入力するだけで使えます。

simカードも簡単とは言え、入れ変えが必要ですし、多少なりとも不安ですよね。

台湾での時間を有効に使える

wifiルーターを日本の空港で借りておけば、台湾に着いたら電源を入れパスワードを入力すれば、その後すぐに使用可能!

simカードの場合、携帯ショップに行って、カードを購入し、カードを入れ変え、設定を変更してから使用ができるようになります。

ショップが見つからなかったり、お客がいっぱいで並ぶ必要があったりする恐れもありますよね。

もちろん、返却の時も同じです。

せっかくの貴重な台湾の時間を少しでも長く使いたいなら、wifiルーターを日本の空港で借りておきましょう。

まとめ

台湾で携帯をネットにつなぐ方法はいくつかありますが、simカードの購入は、コストも安いしおススメです。

特に、台湾の空港での購入予約をしておけば、すぐに購入でき、使い始めることができます。

費用は1日1000円程度です。

ただし、simカードを使えない携帯があるので、事前に調べておく必要がありますよ。

もっとおススメは、wifiルーターを日本の空港でレンタルしておくことです。

事前の確認不要ですし、台湾での時間を有効に使えます。

特に複数人で行くなら、一台のレンタルで良いのでコスパ高くなります。

この記事を読んで、楽しい台湾旅行になれば嬉しいです。

 

カテゴリー