トラベルライター・旅行関連広告主様募集中

台湾で必要な入国カードは事前にオンライン申請がおすすめ

台湾で必要な入国カードは事前にオンライン申請がおすすめ

台湾に行くときに必ず必要になるのが入国カード。

これがないと台湾に入ることすらできません。日本に帰国するときも、全員が入国カードの記入が必要ですが、それと同じです。

でも、台湾は日本よりも先に進んでおり、入国カードは事前にオンライン申請が可能。

これは便利なので、使わない手はありません。

台湾に行かれるときに必要な入国カード、この記事を参考に申請してみましょう。

台湾の入国カードはオンライン申請が可能

家事をする女性

台湾の入国カードは、用紙に記入するタイプと、事前にオンライン申請する2つのパターンがあります。

用紙に記入する場合、通常は機内でもらうので台湾に入国するまでに書けば大丈夫ですが、英語での記入は慣れていないと時間もかかり大変。

その点、オンライン申請はネット上で完結するのでとても簡単です。

オンライン申請するメリット

事前にオンライン申請する上でのメリットを5つお伝えします。

  • オンライン上なので、確認しながら入力しやすい
  • プルダウン方式の欄が多いため、入力の手間も省ける
  • オンライン上でデータ送信するだけで完了。プリントアウトの必要なし
  • 本人じゃなくても、代理の人でも申請は可能
  • 台湾への入国時の時間短縮にもなる

オンライン画面上は、中国語での表示ですが、繁体字での表記なので日本人にも読みやすいという利点もあります。

やはり最大のメリットは時間の短縮と、確認しながら申請できること。

実際に入国カードを記入する場合、分からなければその都度調べたりしないといけないため時間もかかります。

また機内で書いてたら、インターネットが使えないので調べるわけにもいきません。

何よりも、安心して申請できるのはいいことですよね。

台湾のオンライン申請は航空券の購入後がいちばん

オンライン申請は、いつからでも申請は可能です。ただし航空便の記入が必要となるため、実際には航空券を購入した後ということになります。

宿泊先の入力も必須なので、航空券と宿泊先が決まってから申請するようにしましょう。

また申請期限も当日、台湾への入国日でも可能。

ただしギリギリでの申請は、インターネット上で問題が起きるといけませんので、前もっての申請をおすすめします。

台湾の入国カードの申請方法

Business trip concept. Accessories on desk table

それでは、入国カードのオンライン申請方法についてご紹介します。

項目も多くないですし比較的簡単に申請ができるので、10分もあれば申請は終わりますよ。

台湾のオンライン申請(入国カード)はこちら

申請前に、パスポートと航空券・宿泊先の準備を

スムーズに申請ができるよう、パスポート・航空券・宿泊先情報はあらかじめ準備しておいてください。

先ほどもお伝えしたように、航空便と宿泊先の明記は必須

ここが怠っていると、入国はできませんので注意してください。

必要なのはの項目のみ入力

いたってシンプルな台湾のオンライン申請画面。

12ある項目のうち、5つはプルダウンで対応可能となっています。

必要な項目は次のとおり。

  1. 名前(姓・名)
  2. 誕生日
  3. 性別
  4. 国籍 ※
  5. 旅券番号(パスポート№)
  6. 航空便名
  7. 台湾への到着予定日
  8. 職業 ※
  9. ビザの種類 ※
  10. 旅行目的 ※
  11. 現在の居住地 ※
  12. 台湾での滞在場所

※印は、プルダウンで選択する項目となっています。

オンライン申請だけど、プルダウンでの選択項目が多いので、実際には入力する部分も多くありません。

また英語入力する箇所も少ないという点もいいですよね。

セキュリティコード入力すれば申請完了

必要な項目を埋めれば、申請終了は目の前です。

つぎは

  1. Verify Codeをクリック
  2. 表示された数字を入力
  3. Applyをクリック

この後、ぶじ「success」と表示されれば申請は完了したことになります。

とても簡単なのがお分かりいただけましたでしょうか?

オンライン申請の職業欄は、多種多様に分かれている

職業欄は、便利にプルダウン方式。

実際にプルダウンで開いてみるとわかりますが、とても珍しい職業までが選択できるようになっています。

たとえば

  • 潜水夫(DIVER)
  • 家庭主婦(HOUSEWIFE)
  • 作家(WRITER)

など。主婦が職業として入っているのは嬉しいですね。

万が一、フリーターやアルバイトの人で当てはまるものがないと思った場合は「職員(CLERK/EMPLOYEE/STAFF)」で問題ありません。

ビザの選択について

日本人の台湾への入国は、90日以内であればノービザで入国が可能。

なので、90日以内の滞在であれば「免簽證(Visa-Exempt)」を選択すれば大丈夫です。

「免簽證(Visa-Exempt)」は、ビザ不要という意味。

ちなみにビザの種類は、ほかに6種類設けられています。その中でも、91日以上の滞在でよく使われるビザを載せておきますね。

  • 停留(Visitor)・・・91日以上180日未満の長期滞在用
  • 居留(Resident)・・・180日以上の長期滞在用

とくに語学留学をされる人は、上の2種類どちらかのビザを別に取得する必要がありますので、注意してください。

台湾周遊する場合の滞在先について

台北など、1都市だけに滞在する場合は問題ないですが、中には台湾周遊を考えている人もいますよね。

その場合に、困るのが滞在先の入力ではないでしょうか。

基本的には、周遊先の中でも長く滞在する場所を入力すれば問題ありません。確実に宿泊する場所を入力すれば、神経質になることもないですよ。

オンライン申請で間違った場合の対処方法

オンライン申請でいちばん怖いのが間違った場合ですよね。

たとえば旅券番号を間違うと、入国すらできないのではとおろおろしてしまいます。

でも、台湾のオンライン申請は間違っても安心。

再度、同じようにオンライン申請をすれば問題ないようになっています。最終的に、いちばん最後に申請したものが通る形になっているんです。

アメリカのESTA申請だと間違って申請したら、しばらく再申請できないというのとは違うので、大丈夫です。

それでも申請は慎重にしましょう。

オンライン申請を忘れても台湾で入国カードの記入も可能

instagram-image

rjooja8322

直前までバタバタしていてオンライン申請を忘れた場合でも大丈夫です。

結局は、フライト中に機内で入国カードが配られるのでこちらに記入すれば問題ありません。

ガイドブックなどで確認しながら、記入するようにしましょう。

オンライン申請と違って用紙に記入するタイプは、すべて自分の言葉で書く必要があります。

職業欄は、フリーターやアルバイトの人も上記の職員を表す言葉を書くか、「OFFICE WORKER」と記入するようにするといいですね。

ちなみに記入する

場合、英語もしくは中国語(繁体字)に限定されます。

 

また、すでにオンライン申請を済ませている人は、入国カードが配られても受け取る必要はなく「オンライン」または「インターネット」とCAさんに伝えれば理解してもらえますので、安心してくださいね。

台湾だから可能。日帰り滞在の場合の入国カード

instagram-image

masa105_jp

日本⇔台湾間のフライトは毎日は当たり前、1日に何便も運航しているので、日帰り旅行もかなえられる場所。

弾丸で台湾日帰り旅行を考えている人も、日帰り出張の人も、滞在先はどのように記入したらいいのか迷いませんか?

その場合、台湾での滞在場所は

  • One Day Trip

と記入すれば大丈夫です。

帰国する航空便の記入も忘れずにしましょう。

まとめ

九份

台湾のオンライン申請での入国カードは、とても簡易的で分かりやすいのがお分かりいただけたでしょうか?

英語がわからなくても、繁体字での表記は日本人にもなじみがあり、漢字だけでも理解ができる項目はたくさん。

オンライン申請は無料でできるので、ぜひおすすめします。

台湾への入国時間も短縮して、そのぶん観光に時間を回しましょう。

カテゴリー