ワーホリで必要な持ち物は?最善の準備をして現地に行こう!

ワーキングホリデー(通称ワーホリ)は、日本とワーホリの協定を結んでいる国に対して長期間渡航し、語学学校で勉強したり、仕事をしたりする事のできる制度です。

現在では英語圏の各国を始めとして、ヨーロッパ諸国にもワーホリでいくことが可能になっています。

18歳から30歳までの人が行く資格を有しており、開始以来多くの日本人が利用しています。

観光をするために利用することのできるワーホリですが、若いうちに海外での経験を積むことにより人生をより豊かなものにすることができます。

ワーホリは海外旅行とはまた違うものであり、滞在期間も含めて通常の観光感覚で行くことはできません。

しっかりとした準備をしておかないと、ワーホリ自体を有意義なものにすることができません。

今回は、ワーホリで準備すべきものについて解説していきます。

ワーホリで必要な持ち物は?

instagram-image

agurikawashima

ワーホリでは長期間海外に滞在することになるため、忘れ物をしてしまった場合に取りに帰るということはできません。

以下では、ワーホリで準備すべきものについて解説します。

手続き関連の書類は特に入念に

 

ワーホリは長期間滞在することになりますが、特に手続き関連の書類は入念に準備しておかなければなりません。

まず第一に必要なものとしてパスポートがあります。

パスポートがなければ出国することができませんので、ちゃんと準備しておいてください。

パスポートに関してありがちな問題として、有効期限をよく確認していないということがあります。

パスポートの有効期限は5年と10年ですが、取得もしくは更新してから何年経過したかを忘れてしまっているということはよくあり、特にあまり頻繁に海外にいかない人ほどこうしたトラブルが発生しがちです。

パスポートの申請・更新は1日でできるものではないので、事前に確認しておきましょう。

その他必要な手続き関係の書類として、ビザがあります。

渡航する国によってビザ取得の要否や要件が変わってきますので、こちらもしっかり確認しておきましょう。

ビザの取得にあたっては身分証明書の他にも資金証明も必要となりますので、お金も準備しておきましょう。

その他学校や職場に提出する書類が無いかどうかを確認しておいてください。

インターネット環境

instagram-image

rakudahouse1

海外での生活においてもインターネットは欠かせません。

滞在する場所のインターネット環境を確認しておくことはもちろんですが、いつでもネットに接続できるように事前に準備しておきましょう。

今お使いのスマホを持っていって、日本にいる時と同じように使い続けていると、信じられないほどの額の通信料を請求される可能性があるので、事前に海外SIMを契約する、もしくはWi-Fiを持っていきましょう。

Wi-Fiも日本で使用できるものを持っていくのではなく、外国での使用が可能なものを別途契約して持っていくようにしましょう。

空港で受け取り、返却できるタイプのものもあるので、事前に予約しておくことをおすすめします。

衣類

衣類に関しては、あまりかさばらないようにしたいところです。

そこで、滞在する期間の気候を事前にチェックしておきましょう。

不要な衣類はなるべく少なくしておくことで、行きはもちろんですが、帰りの際にもお土産を入れてもかさばることがなくなります。

帰るときのことも考えた上で衣類を用意しましょう。

もし寒すぎるor暑すぎるというようなことがあり、適した服が無い場合には現地で購入するというのもありです。

クレジットカード

クレジットカードも持っていくと便利です。

海外での生活では、ほぼ毎日のように何かしらの買い物をしますが、そこでクレジットカードを利用できると決済がスムーズです。

現地の通貨を使うとどうしても財布がかさばってしまったり、日本円と混じってしまうということもあります。

財布をスリムにし、さらに決済をスムーズにすることができるのがクレジットカードのメリットです。

海外での決済に対応しているクレジットカードを使用する必要があるので、まずはお使いのクレジットカードが海外で使用可能かを確認し、もし対応していないという場合には、1枚契約しておきましょう。

海外旅行おすすめクレカ1位

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

コロナの影響もあり、なかなか旅行に行けないかと思いますが、日常使いでもかなりお得なカードなので、旅行を見据えて海外旅行保険がついたクレジットカードを前もって用意しておきましょう。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/


海外旅行保険に加入しておく

instagram-image

world_journect

旅行保険への加入をお忘れなく。

長期間の滞在になると、何かしらの問題が生じても不思議ではありません。

病気や怪我をしてしまった際に、高額な医療費を請求されるような可能性もありますが、海外旅行保険に加入しておけばそうした費用も補償されます。

その他にも貴重品の紛失や荷物の遅延に対しても補償してくれるので、とにかく入っておいて損することはありません。

まとめ

ワーホリは人生において貴重な体験になります。

最高の時間を過ごせるように、事前の準備はぬかりなく行いましょう。

必要になるものをピックアップした上でリストを作成し、忘れずに持ったかどうかを確認することで忘れ物がなくなります。

しっかりと準備して、万全の状態で向かいましょう!

カテゴリー