マレーシア3つのエリア西海岸・東海岸・ボルネオ島の気候と服装

マレーシア3つのエリア西海岸・東海岸・ボルネオ島の気候と服装

マレーシアは日本人に人気の観光地でもあり、亜熱帯気候の常夏の国です。マレー半島に位置する国で北側にはタイ、南はシンガポールとの国境に面しています。
多民族が暮らす首都クアラルンプールには、大人気アーティストでもあるガクト(GACKT)さんが大豪邸で暮らす街としても、テレビで大豪邸が紹介されています。

常夏のマレーシアですが、実際滞在してみるいろんな発見がある国です。この記事ではマレーシアの気候について、詳しくお伝えしています。これから観光や長期滞在を考えている人は、参考にしてください。

マレーシアのは大きく3つのエリアで気候が変わる

penang, malaysia, national park

マレーシアを気候で分けた場合、大きく3つ分けることができます。
マレー半島の西海岸・ペナン島、マレー半島の東海岸・レダン島・ティオマン島・キャメロンハイランドそしてボルネオ島の東マレーシアのエリアです。

マレーシアの気候はエリアによってモンスーン(季節風)の影響が異なるため、温度や湿度には地域により多少違いしかありませんが、乾季と雨季の間隔や期間などは地域により大きく違うのがマレーシアの気候のポイントです。

また熱帯気候の雨季の特徴はスコール、日本のシトシトと一日中降っている雨とは違い、だいたい1~2時間で止むスコールがよく降ります。

日差しの強さは日本の夏以上

マレーシアしは、赤道近くの国です、日中の日差しはとても強く、肌がすぐに赤く焼けてしまいます。そのため、熱中症の対策は欠かせません。日中はサングラスや帽子、敏感肌の方は日焼け止めなどを用意しておきましょう。

現地でも色んな日焼け止めは入手できますが、日本製品とは違うので肌にあわない可能性も考えて、日本から持参するのをおすすめします。

また水分不足もしっかり行いましょう、ココナッツジュース・サトウキビのジュース・南国フルーツのジュースは、水分不足の体にとっても効果的にエネルギー補給できます。

マレーシア気候と服装

赤道近くの位置するマレーシアは、熱帯気候に属します。その為に一年を通してTシャツに短パン、サンダルのようなラフな服装で過ごすことができます。

最高気温は一年を通して35度ぐらいまで高くなりますが、平均して30度前後、朝夕になると温度が25度ぐらいまで下がり風がとっても気持ちよく過ごしやすいのが特徴的です。
ただ湿度が高い国なのでハワイのようなカラッとした暑さよりかは、少しジトジトした暑を感じます。

通気性重視の服装

マレーシアの気候は、なんと言っても高温多湿です。日中になると日本の真夏の同じぐらいの暑さになり、湿度も高いのでエアコンのない室内は蒸し風呂のようになります。

ただし朝夕でグンと気温が下がれば、動きやすくなります。日本と夏と変わらず、通気性重視で服装を選んでみるのがいいでしょう。

ただし、ホテル・レストラン・モール・公共交通機関などではエアコンがかなりきいている場合もあるので、そのような場合に備えて上着を用意しておくと役に立ちます。

宗教施設を訪れるときの注意

マレーシアは多民族国家であり、イスラム教・仏教・ヒンドゥー教・キリスト教などいろんな宗教を信仰している人達がいます。
特にイスラム教は国教であるので、女性はあまり肌をろしゅつした服装を控える傾向があります。

観光地では服装に特に気にすることはありませんが、もしもモスクなどの宗教施設を訪れる場合は肌のろしゅつが多いタンクトップやミニスカートなどは避けましょう。

マレーシアの首都クアラルンプールの気候

kuala lumpur, malaysia, asia

マレーシアの首都でもあるクアラルンプールの気候は年間平均気温は約27度、一年を通してあまり変わることがありません。年間降水量は約2,400mmで東京に比べても1,000mmほど多く雨が多い都市であることが伺えます。
乾季になってもスコールはよく降ってくるので、降水量も高くなっているのでしょう。

マレー半島西海岸の気候

マレー半島西海岸は、南西モンスーンの影響を受けるエリアで5月~9月にスコールが振り降水量があがります、ただスコールなので旅行に影響がでることはないので安心してください。

クララルンプール
最高気温(1~12月):32度~34度
最低気温(1~12月):25度~26度
湿度(1~12月)  :約77~84%
雨季:10月~2月
乾季:3月~9月

ペナン島
最高気温(1~12月):31度~32度
最低気温(1~12月):25度~26度
湿度(1~12月)  :約76~83%
雨季:8月~10月
乾季:11月~7月

シンガポールの伝統文化が楽しめるコタバルの気候

instagram-image

tenjinbashi5

タイの国境に近いコタバルは、人口約50万人ほどがくらすマレー半島東海岸の港町です。マレー人が多く住む街でり、マレーシアの伝統文化が楽しめる街としても有名です。

マレーシア東海岸には、どのような気候の特徴があるのでしょうか。

マレー半島東海岸

マレー半島東海岸では北東モンスーンの影響を受けるエリアで、は11月~3月にかけて雨季になります。
東海岸では西海岸に比べてスコールも激しく降ることがあり、またモンスーンの影響で波があれることもあり海のアクティビティを予定している場合はこの時期は遊泳禁止になる場合もあるので気をつけましょう。

コタバル
最高気温(1~12月):29度~33度
最低気温(1~12月):24度~25度
湿度(1~12月)  :約79~88%
雨季:11月~3月
乾季:4月~10月

キャメロンハイランドは常春

キャメロンハイランドは一年を通じて平均気温が23度、朝夕になると20度を下回ることもあります。

キャメロンハイランド
最高気温(1~12月):29度~32度
最低気温(1~12月):19度~25度
湿度(1~12月)  :約80~85%
雨季:11月~4月
乾季:5月~10月

マレーシアボルネオ島のコタキナバルの気候

sunset, borneo, water

マレー半島東部やボルネオ島のマレーシア領土では、10~3月雨季になります。マレーシア半島西部ではコタキナバルに比べてスコールが強くふるのが特徴です。西部では、雨季の期間が東部に比べて若干短くなります。

大自然あるふれ、ボルネオ島の気候をみてみましょう。

ボルネオ島の気候

ボルネオ島の北部の約四分の一がマレーシアの領土、東北部のサバ州はキナバル山がモンスーンを防いでくれるので、マレーシアで一番キレイといわれるコタキナバルのビーチなどは一年を通して波があれず、海のアクティビティがたのしめます。

コタキナバル ボルネオ島北東部
最高気温(1~12月):32度~33度
最低気温(1~12月):24度~25度
湿度(1~12月)  :約78~86%
雨季:11月~3月
乾季:4月~10月

猫の都市として有名なクチン(マレー語で猫)のサラワク州の州都ですが、東部に比べて激しいスコールが多くいのが特徴的です。

クチン ボルネオ島北西部
最高気温(1~12月):31度~33度
最低気温(1~12月):23度~24度
湿度(1~12月)  :約80~87%
雨季:11月~3月
乾季:4月~10月

まとめ

マレーシアの気候は熱帯気候で、とっても過ごしやすいのがポイントです、湿度が少し高いですが朝夕は涼しい風が吹いて気持ちいいです。
日中は強い日差しが照りつけるので、熱中症対策だけはしっかりとしてください。また急にスコールが降ることもよくありますが、そんな時は近くのカフェなどで一休みしていたら、すぐにカラッと晴れてきます。

熱帯気候で一年中気温がほとんど変わらい常夏に住むマレーシア人は、おおらかで、優しい人ばかり。またボルネオ島の大自然は、マレーシアの気候が与えてくれた宝物です。
日本とは全く異なる常夏の気候を楽しんでください。

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

MileagePlus JCBカード

MileagePlus JCBカードは海外旅行用のカードとして人気が急上昇しているカードです。

  1. 海外旅行保険が自動付帯で最高2000万円とかなり手厚い
  2. 作るだけで1000マイルもらえる 
  3. 買い物時に200円につき0.5マイル貯まる
  4. 20%キャッシュバックキャンペーンを実施

MileagePlus JCBカードはカードの名前の通り、マイルがどんどん貯まっていくカードです。

作った時点で1000マイルもらえて、HPにあるように後は日常利用すれば1年で東京⇔札幌や東京⇔大阪の往復航空券分(往復10,000マイル)と余裕で交換できます

日常利用でも得するように今流行りの20%還元キャンペーンも行っており、メインカードとして利用できる優秀なカードです。

年会費が1250円かかりますが、年会費無料のクレジットカードと比べると海外旅行保険の保証が圧倒的に手厚いところも人気の理由です。