マレーシアの言語は?英語は通じるの?マレー語力0でも大丈夫?

マレーシアに旅行や留学、または移住を考えている人も多いのではないでしょうか?

マレーシアは物価が安く治安も良いことから、世界的にもかなり人気の移住地になっています。

気候的にも温かい日が多く、寒さに弱い人でも1年を通して快適に過ごすこともできますが言語はどうなのだろう?と不安にもなってしまいますよね。

マレーシアでは、英語が通じるのでしょうか?

今回はマレーシアの言語について、みていきましょう。

マレーシアで英語は通じる?

マレーシアは「マレー語」と呼ばれるマレーシアの言葉を使う国です。

しかし現代では、マレーシア人のほとんどの方が、マレーシア語を話すことができると言われています。

マレー語を話せるに越したことはありませんが、英語が話せればマレーシアで苦労することはないでしょう

 

マレーシアで英語が通じる場所

マレーシアの観光地と言えば、首都の「クアラルンプール」と「ペナン島」です。

この2個所であればレストランやホテルでの会話や、タクシーも心配ありません。

逆に地方のマラッカなどでは、人によれば英語が通じない可能性があるので注意しておきましょう

英語表記なども都心部に比べて少ない印象です。

しかしマレーシアには世界各国から来たたくさんの人がたくさんいるため、英語が通じなければインドや中国の人を捕まえて英語で質問してみるのも良いかもしれません。

マレーシアに来ているほとんどの中国人やインド人は、英語を話すことができます。

 

マレーシア人の英語は聞き取りやすい

マレーシア人の英語は日本人にとっては、聞き取りやすいと言われています。

これはマレーシア人も日本人同様に、英語がネイティブでないことが考えられます。

たまになまりがひどい人と遭遇しますが、マレーシア人は気さくな人が多いのでジェスチャーなどで上手にコミュニケーションを取ってくれるはずです。

 

マレーシアには英語を学べる学校もある

マレーシアはマレー語だけではなく、英語を学べる語学学校が多数あります。

海外に留学しようとすれば語学学校は非常に予算が高いですが、マレーシアであればアメリカに留学する費用の約半分で留学できるので非常におすすめの留学先です。

語学学校だけではなく大学も格安で、なんと年間30万円で大学に通えてしまいます

語学習得に留学を考えている方はぜひ、マレーシアも視野に入れてみてくださいね。

 

マレーシアで移住するには英語力はどれくらい必要?

マレーシアは英語力がある程度あれば、現地の会社で働くことができます

中には英語がほとんど話せなくても大丈夫な職場もあります。

マレーシアでのビジネス英語

英語があまり得意ではないけど、マレーシアで仕事をしたいと考える人におすすめなのはコールセンターでの仕事です。

コールセンターでの仕事は日本人相手に話をするので、英語は必要ありません。

始めはこのような英語が必要ではない仕事につき、空いた時間は勉強していくことをおすすめします。

逆に英語の得意な方は営業職がおすすめです。

マレーシアには日系企業がたくさんあるので、社内では英語、取引は日本語などと言葉を使い分けられる日本人は珍しいのでかなり必要とされるでしょう。

そして給料も高い額がもらえる会社が多いことから、英語ができる人は幅広い求人を選ぶことができます。

マレーシアで英語を活かした仕事をするにも、英語が苦手な方が仕事を探すにも求人数が高いのは圧倒的にクアラルンプールなのでまずは首都クアラルンプールで求人を探してみましょう。

ちなみにTOEICでいうと、650点もあれば十分すぎるほどでほとんどの会社で苦労しないはずです。

 

マレーシアでの生活での英語

マレーシアで生活するには、生活に必要な英語の文法を知らなくても単語さえ知っていれば大丈夫のようです。

郵便局や役所を利用する場合は、さすがに無理がありますが買い物や食事簡単なやり取りであれば問題なく生活できるでしょう。

マレーシアの英語力はアジア圏ではシンガポールに続く第2位と言うだけあって、町の中も英語表記が多いので単語が読めれば行きたい場所にも行くことができますよ。

しかしもちろん話せるに越したことはないので、マレーシアで今後も生活する気があるのなら英語勉強は必ず続けましょう

そして英語に合せて、あいさつなどの簡単なマレー語ができるようになるとさらに生活しやすくなるでしょう。

 

まとめ

マレーシアでは英語が通じると言うことが分かりました。

観光でマレーシアに行くのであれば、クアラルンプールやペナン島であれば全く問題ありませんが地方に行く場合は注意しましょう。

そして英語ができれば高収入の仕事もできることから、マレーシアで生活することも可能です。

もし英語に自信が無くても、給料はあまり高くはありませんがコールセンターなどで働くことも可能ですので、安心してください。

さらに格安の英語が学べる語学学校も多数あることから、語学留学にマレーシアを選ぶのもおすすめです。

海外旅行おすすめクレカ1位

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

海外旅行おすすめクレカ2位

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

26歳未満の人にとっての海外旅行用のカードはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード一択です。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは通常年会費が3,000円(税抜)かかりますが、26歳未満の人は26歳になるまで年会費が無料で、有料会員と同じ特典を受けれます。

特に海外旅行保険は手厚く、補償額は年会費無料のカードの5〜6倍にもなります。(傷害死亡・後遺障害で比較)

その他にも26歳未満であれば年会費無料でゴールドカードクラスの特典を多数受けられますので詳しくはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイトをご確認ください。

カテゴリー