マレーシアの主要な空港をご紹介!ラウンジの有無も解説!

日本からの観光客が多く訪れるマレーシアには50以上の空港があります。日本から直行便が出ている空港やハブ空港として機能しているところなど規模はさまざまで、滞在する地域によって使う空港は異なります。今回はたくさんの人が利用する機会の多い規模の大きな空港についてご紹介します。

マレーシアの空港を利用する前に知っておくこと

instagram-image

malaysiayourshot

マレーシアはかつてヨーロッパに支配されていたためマラッカやジョージタウンのように、ヨーロッパの影響を受けた建物が残されています。また、自然が豊かで貴重な生態系を見ることのできるキナバル公園やグヌン・ムル国立公園は世界遺産に登録されており、観光名所がたくさんあります。

マレーシアに仕事や観光で訪れるために空港を利用する際、あらかじめ空港の設備などを理解しておくとスムーズに行動できます。一番利用者が多いのは首都のクアラルンプールにあるクアラルンプール国際空港で、二番目はコタキナバル国際空港です。

マレーシアの主要空港をご紹介

マレーシアの主要空港はクアラルンプール国際空港・コタキナバル国際空港・スナイ国際空港・ペナン国際空港の4つです。それぞれの空港について詳しく見ていきましょう。

マレーシアのクアラルンプール国際空港

instagram-image

ry.whatever

クアラルンプール国際空港は首都のクアラルンプールにあるマレーシアの玄関口で、ハブ空港として機能しています。日本から直行便が出ていて、フライト時間は約7時間30分です。ターミナルは2つあり、ひとつ目のターミナルはフルサービスキャリア専用のKILA1、ふたつ目のKILA2はLCC専用です。

移動するためには電車に5分ほど乗るか無料のシャトルバスに乗るか選ばなくてはなりません。そのため場所を間違えないように気をつけてくださいね。

空港内は日本語の案内板もあるので迷わずに移動できるでしょう。空港から首都クアラルンプールへは、特急列車に乗る方法がわかりやすいです。市街地へ行くとマレー系やインド系などさまざまな文化が融合した独特の雰囲気を楽しめるでしょう。

空港にはマレーシア航空ゴールデンラウンジサテライトやプラザプレミアムラウンジなどのラウンジがあります。搭乗時間に余裕がある場合にゆっくり過ごす場所としておすすめです。ラウンジによって軽食の充実度や施設の充実度が違うのでよく確認してから利用しましょう。

マレーシアのコタキナバル国際空港

コタキナバル国際空港はボルネオ島に訪れる人が利用することの多いところで、旅客数はマレーシアの空港の中で二番目です。

ターミナルが2つあり、かつてはメインのターミナルとLCC用のターミナルに分かれていました。現在は1つのターミナルにまとめられたのでLCC用だった場所は貨物専用となっています。日本から直行便が出ていてフライト時間は約6時間です。空港内にはプラザプレミアムラウンジとMASゴールデンラウンジがあるのでくつろぐことができるでしょう。

空港からボルネオの市街地までは8キロほどあるのでタクシーを利用するのが一般的です、ツアーなどに申し込んでいれば空港から送迎してくれる場合があるので事前に確認しておいたほうがよいでしょう。

マレーシアのスナイ国際空港

スナイ国際空港はジョホールバルというシンガポールに近い都市にあります。日本からの直行便は出ていませんが、スナイ国際空港からはインドネシアやタイに行くことができます。シンガポールに住んでいる人がよく利用する空港です。

プラザプレミアムラウンジがあるのでドリンクサービスを受けたりテレビを観たりすることができ、シャワーの利用も可能です。

空港からジョーホバルの中心地までは20キロほどですが、さらに20キロほど進むとシンガポールになります。街にはモスクや宮殿などがあり観光を楽しむことができるでしょう。

マレーシアのペナン国際空港

instagram-image

midnight_express_7

ペナン国際空港はペナン島にあり、リゾート地にあるため近代的な造りとなっています。日本からの直行便は出ていません。しかしインドネシアやタイ、香港などさまざまな国へ便が出ています。

空港内にはプラザプレミアムラウンジがあります。軽食には現地の料理、ココナッツカレーヌードルなどがあり種類が豊富です。アルコールを飲むこともできるので飛行機に乗るまでに一息つけるでしょう。

ペナンには世界遺産に登録されているジョージタウンがあります。さまざまな民族が交流した場所なので、イスラム教のモスク、中国の寺院など造りが全く異なる建物が混在していて面白い場所です。

まとめ

instagram-image

mayu3_zhenyouguang

 

マレーシアの主要な空港にはそれぞれラウンジがあることが分かりました。旅行中は時間に余裕を持って行動することが多く、早めに空港についてしまう場合があるのでその際にはラウンジを利用するとよいでしょう。

訪れる地域に合わせて空港を利用してマレーシアを満喫してくださいね。日本から直行便が出ている空港は2つだけなので、乗り換えが必要なのかどうか事前に調べておきましょう。

海外旅行おすすめクレカ1位

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

海外旅行おすすめクレカ2位

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

26歳未満の人にとっての海外旅行用のカードはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード一択です。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは通常年会費が3,000円(税抜)かかりますが、26歳未満の人は26歳になるまで年会費が無料で、有料会員と同じ特典を受けれます。

特に海外旅行保険は手厚く、補償額は年会費無料のカードの5〜6倍にもなります。(傷害死亡・後遺障害で比較)

その他にも26歳未満であれば年会費無料でゴールドカードクラスの特典を多数受けられますので詳しくはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイトをご確認ください。

カテゴリー