トランジットが便利で快適!香港国際空港での乗り継ぎを楽しもう!

香港国際空港は、アジアでも有数のハブ空港のひとつです。香港は観光、ショッピング、グルメと、旅行先としても人気の都市なので、世界中から香港を訪れる人も多くいますが、香港国際空港をトランジット(乗り継ぎ)で使用するという人も多くいるのも特徴です。

日本からは格安航空会社のLCCも多く直行便を就航しており、香港トランジットでヨーロッパ各地へ安く行くことができるので、ヨーロッパ旅行の際にトランジットで使用する人も多いかと思います。

今回は、香港国際空港でのトランジットについてご紹介します。

香港国際空港でのトランジット事情は?

トランジットでの利用がかなり多い国際空港

香港国際空港は、近隣の東南アジア方面のみならず、ヨーロッパや中東、北米方面などへもかなり多くの便が運航されている、アジアでも有数のハブ空港です。

日本からはLCCも多く運航されているのに加え、ヨーロッパ方面への格安航空券を購入すると香港乗り継ぎ便も多くあります。

また、香港を経由することで、日本を夜から深夜に出発し、香港でのトランジットを経てヨーロッパ現地へ早朝に到着できる便も多くあるので、利便性が高い点でも香港経由を利用する人もいます。

ヨーロッパだけでなく、北米への経由便も多いので、アジア各地からの利用客だけではなく、欧米からのトランジット客の利用者も多いです。

トランジット客が多い国際空港ならではの充実した空港設備

香港国際空港はグローバルに見てトランジット時間を過ごす人が数多くいる巨大ハブ空港であるため、空港内の設備も豊富です。

スカイトラックス社が行っている、世界ベスト空港 2019 (World’s Best Airport in 2019)にもランクインしており、香港国際空港内はショッピングはもちろん、グルメもとても充実しています。空港内のラウンジも充実しており、利用するエアライン、ステイタスに関係なく、利用料を支払えばだれでも利用できるクオリティーの高いラウンジもあります。

トランジット時間が4時間以上ある場合は、香港に一度入国し、トランジットエリア外のターミナルを楽しむ方法もあり、空港内だけでも十分に楽しむことが出来ます。

香港ならではのトランジットを楽しもう!

instagram-image

susana518

香港市内へ出て香港観光

トランジット時間が6時間以上ある場合は、空港内で過ごすという選択肢以外にも、香港の街中に出かけるという選択肢もあるのが香港国際空港でのトランジットの魅力でもあります。

香港は公共交通機関も充実しており、香港国際空港から市内までの移動もスムーズであるため、ある程度のトランジット時間がある場合には簡単に香港観光も可能です。

香港国際空港ほどの大きな国際空港の場合、大きな都市にある空港でも、市内からの移動時間がかかるかなり外れた土地にあることも少なくありません。しかし、香港国際空港は市内へは一番速いエアポートエクスプレスでは30分もかからないため、香港市内への観光も十分検討可能です。

そのため、格安航空券や格安ツアーを購入するなどで致し方なくトランジットする必要がある人だけでなく、意図的にトランジットを利用して、旅や出張の一環として香港市内への観光やグルメを楽しむという人もいます。

香港ディズニーランドにも行ける

トランジット時間が10時間以上ある場合は、ゆっくり市内観光をするほか、香港ディズニーランドに行くという選択肢もあります。空港からは1時間以内に行くことが出来るので、長いトランジットを使ってディズニーランドを楽しむのもいいですね。

手荷物はどうしたらいい?

空港を出て観光をするとなると、手荷物が気になるところです。

利用する航空会社や当日の運行状況にもよりますが、目的地まで同一航空会社を利用しての香港国際空港でのトランジットの場合、基本的には出発地で預け入れた荷物は自動的に乗り継ぎ便へ移されるので、目的地まで受け取る必要はありません。つまり、トランジット時には荷物の受け取り、再度預け入れをする必要がなく、身の回りの手荷物のみの状態なので、大きなスーツケースの心配をする必要なく、身軽に香港観光をする絶好の機会です。

ただこれは目的地まで同一航空会社を利用する場合のみです。例えば香港まではLCCなどを利用し、香港からは別の航空会社を利用する場合、日本から手荷物を預けた際は香港国際空港で受取り、香港から利用する別の航空会社でのチェックイン時に荷物も再度預けることになりますので、このケースではチェックインが出来れば荷物を預けるか、空港内で保管する方法を考えることとなります。

香港国際空港内にはコインロッカーはありませんが、手荷物一時預かり所があります。早朝から深夜まで営業しているので、トランジット時間内の利用には困ることはありません。時間ごとの料金となっており、サイズが大きなものや30kgを超える手荷物に関しては別途超過料金がかかります。

まとめ

instagram-image

katochin.travel

香港国際空港は、世界有数のハブ空港としてトランジットにとても便利な国際空港です。空港内の施設も充実しており、空港内で楽しむこともできますし、トランジットの時間によっては、香港市内観光にも簡単に出かけられ、ディズニーランドに行くという選択肢もあり、トランジットを楽しめる都市です。

航空券購入などで香港でのトランジットをどうしようか迷っている人や、香港でのトランジットが決まった方はぜひ参考にして楽しんで下さいね。

海外旅行おすすめクレカ1位

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

海外旅行おすすめクレカ2位

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

26歳未満の人にとっての海外旅行用のカードはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード一択です。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは通常年会費が3,000円(税抜)かかりますが、26歳未満の人は26歳になるまで年会費が無料で、有料会員と同じ特典を受けれます。

特に海外旅行保険は手厚く、補償額は年会費無料のカードの5〜6倍にもなります。(傷害死亡・後遺障害で比較)

その他にも26歳未満であれば年会費無料でゴールドカードクラスの特典を多数受けられますので詳しくはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイトをご確認ください。

カテゴリー