【2018年版】タヒチの季節・シーン別服装|タヒチの服装

●タヒチ旅行中どんな服装が気候的に快適なのかわからない

●タヒチ旅行中は避けたほうがいい服装とかあるの?

こういった疑問にお答えします。

タヒチの季節別服装

タヒチの気候


フランスのポスト印象派の画家で世界的に有名なポール・ゴーギャンが晩年移り住んだことで知られるタヒチは、年間平均気温が27℃の常夏の島です。

一年の基本の変化が激しくなく月別平均気温では、最も気温が高い3月で27.7℃で反対に最も低い月の7月は25℃なので、数字の上でもとても安定していることが解ります。

タヒチは年間を通じて太平洋から吹いてくる貿易風の影響により日本の夏と違って気候が爽快で、滞在中は快適に過ごせるでしょう。


タヒチは日本のように明確な四季は存在せず、3月~11月の乾季と12月~2月まで雨季の2つの季節に分かれています。

雨季のスコールといっても短時間で30分以上雨が降り続くことはほとんどないので、観光でそれほど問題ではないです。

南国を実感できると言った意味でもスコールと触れ合うのは、旅の思い出となりお友達と共通の話題で盛り上がる場合も少なくないでしょう。


乾季がベストシーズンと言われていますが、雨季は植物が美味しい季節でもあるので、南国のトロピカルフルーツを満喫した人にはおすすめのシーズンです。

日本でも実は雨が豊富なところには、果物や野菜が美味しい地域が多く、それだけ熟すということでしょう。


タヒチの乾季の服装(3月~11月)


タヒチの乾季の平均最低気温が23℃なので、とても過ごしやすい季節です。朝晩は涼しくなるので、薄手のアウターやカーディガンを準備しましょう。


ビーチでは必要な分だけ小銭入れお金を用意し、財布を持ち歩かずにコインケースや少々濡れても問題ないような防水ケースがあると安心です。

南国で紫外線が強いので、日焼け止めクリームやお肌が気になる人は水泳用のロングスパッツがあると、助かります。


また、タヒチではホテルによって多少異なりますが、ホテルには歯ブラシと歯磨き粉がないところもありますので、事前に用意していると安心です。


タヒチの雨季の服装(12月~2月)


日中の気温が30℃ぐらいまで上がる日もあり、タヒチの雨季は高温多湿と言われていますが、日本の夏ほど暑くはないと言われています。

スコールの時期でもありますが雨具はレインコートが便利で、雨はそれほど長くはないので降っている最中はカフェタイムなど、ちょっとひと休みをしてみましょう。


南国の花々が咲き乱れる美しい季節なのがタヒチの雨季で、マリンスポーツも一年を通じて楽しめます。

海に出かける際に長時間海にいることになりそうな場合、雨季乾季問わずウインドブレーカーがあると身体も温まるので安心です。



タヒチで注意すべき服装

タヒチの面積1,048 km²なので、沖縄本島よりひと周り小さくてやや佐渡島より少し大きい程度です。

沖縄のように都市が各地に点在しているわけではなく、人口も国全体で約18万人です。

夢の中に出て来るタヒチの自然景観を活かした素敵なリゾートホテルが多数あるものの、ショッピングがメインの観光地ではありません。


タヒチ滞在中には、お気に入りのデザインや自分に合ったサイズの水着や水泳用で日焼け対策になる長袖のスイミングウエアなどが、見つからないケースも多くあります。

日本で好みの水着やリゾートウエアを購入して、荷物に入れる方が安心だといえます。


言い換えると「汚れなき自然」を求めて晩年長くゴーギャンが暮した地域であり、今でも世界の観光客を魅了するタヒチは理想郷としての姿が残っているからこそ物資が溢れていないのでしょう。


日中の服装や朝と昼の食事はTシャツやショートパンツでもほとんど問題ありませんが、ディナーではドレスコードを設けているところがあります。

セミフォーマルを意識して襟付のシャツにチノパンやワンピースが基本で、中にはサマードレスといった場合もあります。


ドレスコードがない高級なお店で、サンダルや露出度が高い服でも入店禁止にならないことがタヒチでは少なくないですが、浮いてしまいますのでTPOに合わせた方が望ましいです。



タヒチの服装に関する持ち物リスト

トップス・ボトムス

タヒチの季節に応じて服装を調節しましょう。

タヒチで宗教施設等を訪れる予定がある場合は露出のない服装を用意しましょう。

圧縮袋

圧縮袋があると衣類の体積を劇的に減らすことができるので、衣類の量が多い方におすすめ。

下着

タヒチ滞在日数分あることが望ましいです。
タヒチに長期滞在する場合は宿での洗濯も検討しましょう。

パジャマ

タヒチの場合、宿によって用意されているがあります。

その他ツアーに必要な服装

タヒチでマリンアクティビティ等自然体験型のアクティビティなどをされる方は、アクティビティに必要な服装は別途準備しましょう。

ツアーでアクティビティ参加を検討されている方はタビナカで探すのがおすすめ。

タビナカのツアーは種類が豊富で日本語ガイドもついているので海外旅行初心者でも安心して楽しむことができます。

首枕・腰枕

タヒチまでの行き帰りのフライトで寝る場合は首枕があると快適に寝ることができます。



タヒチに必要な持ち物

クレジットカード

タヒチ旅行ではパスポートとクレジットカードが2大必需品です。

■ネットの意見

名無しさん@おーぷん :2018/03/09(金)10:07:54

クレカとパスポートあればいい

名無しさん@おーぷん :2018/03/09(金)10:11:20

この前おんJに海外旅行にクレカ必要ないって豪語してる奴いて引いたわ

無しさん@おーぷん :2018/03/09(金)10:08:57
最低限はスマホ・クレカ・パスポート・現金やろな。あとはどうにかなる

それほどクレカが必要と言われる理由は

  1. 両替するよりも手数料をかなり低く抑えられる。
  2. 手持ちの現金が減るので盗難の被害を抑えられる。
  3. 金欠になる心配がない。

です。

クレカを持っていくのはほぼ常識なので1枚は用意しましょう。

海外旅行用最強クレジットカード

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 8,000円分ポイントがもらえる(7/31まで期間限定)
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える8,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\7/31まで期間限定で8,000円分ポイント獲得できます!/