【2018年版】スウェーデンの季節・シーン別服装|スウェーデンの服装

●スウェーデン旅行中どんな服装が気候的に快適なのかわからない

●スウェーデン旅行中は避けたほうがいい服装とかあるの?

こういった疑問にお答えします。

スウェーデンの季節別服装

スウェーデンの気候


高緯度に位置していて北欧といった言葉の響きでスウェーデンは寒さが厳しいイメージがしますが、北極圏を除くとメキシコ暖流の影響により比較的温暖です。

一年を通じて湿度が低く冬季は気温が氷点下になりますが、数字以上に暖かく感じます。


四季が明確なものの日本と違って梅雨がなく、年間を通じて雨が少ないのも特徴に挙げられます。

5月までは幾分肌寒く、6月頃から夏の兆しが見えてきます。

8月半ばを過ぎると秋風が吹き、11月には積雪を観測して本格的な冬の到来となります。


スウェーデンの春の服装(3月,4月,5月)


3月から春の息吹を感じるものの平均最低気温が氷点下になり、日によってはマイナス10℃を上回る日もあります。

4月過ぎには最高気温が1℃~10℃になり、次第に暖かくなってきますが、寒さ対策はまだまだ必要です。


日本の初冬ぐらいのイメージの服装が望ましく、雪の中を歩くこともあるのでスノートレッキングシューズがあると便利です。

5月でも肌寒く感じる天気の日もあり、セーターや厚手のカーディガンが必須となります。

温暖な年もあるので旅行で訪れる際には天気のチェックをしながら、現地ではフリースやトレーナーなどを持って行って体温調節をすると良いでしょう。


スウェーデンの夏の服装(6月,7月,8月)


スウェーデンの夏はテレビでもお馴染みの白夜を体感でき遅い時間まで明るいので、一日を長く楽しむことができるので、旅行でもお得感があります。

太陽が中々沈まず夜は10時頃まで、朝は4時頃から明るくなりますので明るい中で寝むれない人は、日本でアイマスクを購入しておくと良いでしょう。


6月末から8月いっぱいまで昼間は半袖で観光ができるものの、朝晩は冷えることもありますので、薄手のセーターを準備しておいてください。

スウェーデンの夏は観光のベストシーズンで、日本のように暑くなくてカラッと爽快な気候です。


スウェーデンの秋の服装(9月,10月,11月)


かつての日本はお盆が過ぎると夕方は爽やかな風が吹いていましたが、今では9月でも残暑が厳しい年がありますので、スウェーデンとは少し様相が異なります。

8月半ば過ぎから秋めいた気候となり、気温もぐっと下がってストックホルムの平均最高気温では10月が10℃、最低気温が5℃なので日本の12月ぐらいの服装が望ましいです。


11月には雪が降り始めるので、滑り止めのついた靴の用意をしておいてください。

スウェーデンは晩秋が温かく暖冬の年もあるので長袖のシャツやトレーナー、セーターなど荷物にならないように重ね着できる服装を準備するとことをおすすめします。


スウェーデンの冬の服装(12月,1月,2月)


スウェーデンの感動的な風景を見ることができることで人気のオーロラのベストシーズンは夜が長くなる、9月~3月と言われています。

オーロラやクリスマスが楽しみのスウェーデンの冬はほぼ同じ緯度に位置するアラスカと比較するとメキシコ暖流の影響で比較的寒くないものの、日本よりは確実に冷え込みます。


耳が隠れる厚めのニットの帽子や日本で買っていったがいい使い捨てカイロ、暖かい靴など完全フル装備で防寒対策を行なってください。

上着は暖かいコートやダウンが必須ですが、室内は雪国使用なので暑く感じる事も多いので、重ね着できる服があると便利です。



スウェーデンで注意すべき服装

ノーベル賞で知られるストックホルムでは、授賞式の晩餐会と同じメニューを楽しめるレストランが人気となっていますので、機会があれば行ってみましょう。


高級レストランではドレスコードを設けているところがあり、館内では正装と同様に大きな声での会話や音を立てて食べるなどを避ける最低限のマナーが必要です。


スウェーデンには日本人と同じ感覚の以心伝心のようなものがあって空気を読んで生活をしている人が多いです。

コンベンショナルな節度を重んじる国民性で派手目の色を好みませんので、食事の際にはドレスコードがないところでも落ち着きのある色合いの服装が望ましいです。



スウェーデンの服装に関する持ち物リスト

トップス・ボトムス

スウェーデンの季節に応じて服装を調節しましょう。

スウェーデンで宗教施設等を訪れる予定がある場合は露出のない服装を用意しましょう。

圧縮袋

圧縮袋があると衣類の体積を劇的に減らすことができるので、衣類の量が多い方におすすめ。

下着

スウェーデン滞在日数分あることが望ましいです。
スウェーデンに長期滞在する場合は宿での洗濯も検討しましょう。

パジャマ

スウェーデンの場合、宿によって用意されているがあります。

その他ツアーに必要な服装

スウェーデンでマリンアクティビティ等自然体験型のアクティビティなどをされる方は、アクティビティに必要な服装は別途準備しましょう。

ツアーでアクティビティ参加を検討されている方はタビナカで探すのがおすすめ。

タビナカのツアーは種類が豊富で日本語ガイドもついているので海外旅行初心者でも安心して楽しむことができます。

首枕・腰枕

スウェーデンまでの行き帰りのフライトで寝る場合は首枕があると快適に寝ることができます。



スウェーデンに必要な持ち物

クレジットカード

スウェーデン旅行ではパスポートとクレジットカードが2大必需品です。

■ネットの意見

名無しさん@おーぷん :2018/03/09(金)10:07:54

クレカとパスポートあればいい

名無しさん@おーぷん :2018/03/09(金)10:11:20

この前おんJに海外旅行にクレカ必要ないって豪語してる奴いて引いたわ

無しさん@おーぷん :2018/03/09(金)10:08:57
最低限はスマホ・クレカ・パスポート・現金やろな。あとはどうにかなる

それほどクレカが必要と言われる理由は

  1. 両替するよりも手数料をかなり低く抑えられる。
  2. 手持ちの現金が減るので盗難の被害を抑えられる。
  3. 金欠になる心配がない。

です。

クレカを持っていくのはほぼ常識なので1枚は用意しましょう。

 

エポスカード

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 作ると2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\期間限定!WEB申し込みのみポイントでポイントプレゼント中/



海外旅行用最強カード

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 作ると2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。