ガーナで旅行でこれだけは注意して。2018年版|ガーナの注意事項

ガーナ旅行で現金の持ち歩きは危険?注意すべきお金のマナー

最近は、ガーナ行きの航空券の格安化が進んでおり、気軽にガーナに行けるようになりました。

その際、注意すべきは、ガーナ旅行時のお金のマナーについてです。

治安を日本と比較したとき、日本人の感覚ではありえないことも普通におきたります。

 

そのような状況で多額のお金を持ち歩いていると、トラブルに発展してしまう可能性が高いです。

 

ガーナ海外旅行前に、こんな不安を感じていませんか?

・はじめての海外旅行。盗難に遭わないか不安・・・。

・ショッピングを楽しむため、現金の持ち歩きを検討しているが不安・・・。

・海外旅行時のお金の持ち歩き方について安全な方法があるなら知りたい・・・。

もし、上記のことをお考えであれば、ガーナ旅行前に現金の持ち歩き方について最適な方法を知っておきましょう。

今回は、はじめての海外旅行者向けにお金の持ち歩き方をご紹介します。

 

ガーナ旅行時は、犯罪に注意しよう!

海外は、決して治安の良い国ばかりではありません。

治安の悪い国は、日本よりも非常に多く警察組織が正しく機能していない国もたくさんあります。

 

たとえば、下記のような犯罪は、日本よりも頻繁に多発しています。

 

・盗難

・薬物

・殺人

・誘拐

・強姦

 

このような犯罪は、日本でも発生していますが、海外の発生率と比較すれば、比べものになりません。

特に、盗難の犯罪発生率は非常に高く、旅行者をターゲットとしたものが多いため注意が必要です。

盗難などの犯罪が発生しやすいことがわかっていれば、私たちはどんな点に注意すればよいのでしょうか。



ガーナで多額の現金は持ち歩かないよう注意する

そもそも、ガーナ旅行中に日本人がターゲットになる原因は、現地人よりもショッピングを楽しむため、多額の現金を持ち歩いているからです。

犯罪者も現金を持っていない現地人よりも、現金をたくさん持ち歩く旅行者を狙った方が多額の現金を手にできると考えているので注意です。

人通りのない小さな路地裏で多額の現金を持ち歩いていれば、「盗んでください!」と言っているようなものです。

万が一、ガーナで盗難に遭遇した場合は、抵抗することなく手持ちの現金を渡しましょう。

なにもしないことが命を守ることにつながります。

 

ガーナ旅行中に使用できるお金の種類と注意点

多額の現金を持ち歩くことが盗難などの被害につながるなら、その行為を海外旅行前に見直す必要があります。

ちなみに、ガーナ旅行中に使用できるお金は、現金以外にもさまざまな種類があります。

たとえば、ショッピングの決済時に、現金以外にも、クレジットカードが使用できます。

現金とクレジットカードなら、どちらの方がおすすめなのでしょうか?



どっちがおすすめ!?現金とクレジットカードの比較と注意

ここでは、ガーナ旅行で現金とクレジットカードの使いやすさや安全性を比較してみます。

どちらの方が、使いやすく安全なのか確認してみましょう。

 

現金の使いやすさや安全性・注意点

現金は、ガーナ旅行中どんなときでも確実に使用できます。

そのため、クレジットカードの決済システムが壊れていても、問題なく決済できます。

ガーナ旅行中チップを払いたければ、現金があれば簡単に支払えます。

しかしながら、ガーナで盗難の被害に遭遇した場合、取り戻す手段がありません。

現金は、盗難の被害に遭いやすく非常に危険な側面を持っているため注意が必要です。

 

クレジットカードの使いやすさや安全性・注意点

一方で、クレジットカードは、ガーナで使用できるものの、取り扱っていない店舗では使用できません。

しかし、盗難などの犯罪に遭遇してもガーナから電話1本でクレジットカードを停止できるため、犯罪の被害が拡大することがありません。

常に、現金を持ち歩く必要がないため、安全性が高く安心してガーナを楽しめます。

 

現金を持ち歩くよりもクレジットカードがおすすめ

クレジットカードがあれば、ガーナ旅行中多額の現金を持ち歩く必要がなくなります。

また、ガーナで現金が必要なときはATMで簡単に引き出せるため、柔軟性にも優れており、非常におすすめです。

そのため、両替した手持ちのお金がなくなっても、クレジットカードがあれば、すぐに対応できます。

 

海外旅行中にトラブルに遭遇した場合は、電話でクレジットカードのデスクサポートに助けてもらえるため、非常に安心です。

海外旅行中に自分自身の不注意によって紛失してしまった場合でも、すぐにガーナから電話1本で利用停止にできるため、被害の拡大を未然に防げます。

 

ガーナに最も適したクレジットカード

 

旅行時に使えるカード

エポスカード

ガーナ旅行用のカードでおすすめなのはマルイが発行しているエポスカードです。
控えめに言っても旅行用のカードといえばエポスカード一択です。

条件が良すぎて旅行サイトや雑誌で取り上げられており、旅行好きの中では圧倒的人気のカードになってます。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 作ると2,000円分ポイントがもらえる

通常ガーナ用に海外旅行保険に加入すると5000円程度とられるのでポイントと合わせてエポスカードを作ると7,000円くらい得することができます。


 

コラム:ガーナでのその他注意事項

チョコレートの原料となるカカオ豆が豊富に栽培されていることでも有名なガーナは古くから日本との交流もあり、野口英世がガーナで黄熱病の研究中に自ら感染して亡くなったというエピソードは極めて有名です。
この話からも分かる通り熱帯の国であることから、多くの病原菌への感染に特に注意しなければなりません。

現在ガーナで発生が確認されている感染症で最も多く報告されているのはマラリアで、1年間で400万人もの発症者がいると報告されています。
そのために旅行者も感染予防について十分な注意を払う必要があります。
特にガーナの雨季である4月から8月に感染者が増加する傾向にあります。
感染源となる蚊に刺されないように防虫剤を使用すること、肌の露出の少ない服を着用することなどを心がけましょう。

衛生状況もあまり良い状況ではなく、不衛生な飲料水が原因となる下痢の症状が多く発生しています。
市販されているペットボトルに入った衛生的な水を飲むようにし、加熱が十分ではない食品を食べないということにも注意してください。

都市部では比較的医療体制が整っていますが、医師の水準に大きな開きがあることも指摘されています。
重症の場合には外国への搬送となるケースもありますので、特に健康の維持には気を配りましょう。



▼ガーナ用おすすめクレジットカード

\期間限定!今年度最大金額ポイント還元キャンペーン中/