ベトナムの物価は安いと言われているけれど・・・本当に安い?実は高い?

東南アジアらしい鮮やかな文化とのんびりした人々が暮らすベトナム。日本からの観光客も増え続けており、今一番行きたい東南アジアと言っても過言ではありません。
おいしいベトナム料理に南国らしいフルーツ、美しい海の側のリゾートなど日本ではできない体験が目白押しのベトナムでは、なんとなく物価が低いと言うイメージがありますよね。しかし、近年発展の続くベトナムでは一概に物価が安いと言い切れない一面も。今回はベトナムの物価を詳しくご紹介していきましょう。



ベトナムの通貨を知ろう!

物価を比較する際にまず知っておくべきなのはその国で使われている通貨。ベトナム通貨はドンと言う単位で表されます。他国の通貨であれば1ドル=130円と言った具合に表示されますが、ベトナムのドンに直す場合そう簡単には行きません。と言うのもベトナムのドンは桁が大きく、1ドンを日本円で表すことができないからです。

2019年4月現在、27000ドン=100円程度です。桁が大きすぎて分かりにくいですよね。はじめてのベトナム旅行では、慣れるまで計算機が必要かもしれません。下の表を参考にして、2万ドンから200万ドンで何ができるのか感覚をなんとなく掴みましょう。

日本円ベトナムドン買えるもの
100円20740ドンボトル入りのガム
1000円207403ドン観光客向けのレストランで食事
10000円2074030ドンランクの高いホテル1泊



ベトナムの平均月収は?

ベトナムの平均月収は住んでいる場所によって少しずつ異なります。

例えば首都ホーチミンに暮らす人々の平均月収は1,037万ドン。日本円で約5万円ほどです。
5万円と聞くと驚きますが、十分に生活できる高給取りと言えます。
美しいダナン海岸と貿易港を有するダナン市がホーチミンに次いで高く、約4万7000円くらい。第2の都市ハノイは平均月収4万3000円ほどとされています。

月収5万円ほどが日本人の感覚で言うと月収30万円に相当すると言えます。30万円なら十分に生活できるくらいですよね。

ベトナムの物価を詳しく見てみよう

現地に住む人々の懐事情をのぞいたところで、次に実際の物価について見ていきましょう。外食費、交通費、娯楽費などベトナムを楽しむためには一体どのくらいかかってくるのでしょうか。

ベトナムの外食費について

旅行の楽しみである現地の食事。ホテルでの宿泊であれば3食すべてが外食になりますよね。旅行中は食費のことは気にせず過ごしたいものですが、物価の高い国であればなかなかそうも行きません。

対してベトナムは外食費がとても安いことで知られています。地元の人々が通うようなローカルな食堂であれば、一食100円から200円で抑えることも十分に可能です。ただ、観光客向けのおしゃれなレストランや外資系企業のチェーン店などは日本とそこまで大きな差は感じません。食費を抑えたい場合はベトナムの人がたくさんいるかどうか、お店の雰囲気を見てから入店するのが良いでしょう。

ローカル食堂での一食分3万ドン〜5万ドン150円〜250円
屋台での一食分1万ドン〜3万ドン50円〜150円
観光客向けベトナム料理レストラン(ディナー)15万ドン〜35万ドン700円〜1600円
マクドナルド(セット)7万ドン〜350円ほど
スターバックスコーヒー7万5千ドン〜360円ほど
屋台のコーヒー5千ドン〜6千ドン25円〜30円
生ビール(レストラン)3万ドン150円



ベトナムの日用品の価格

ベトナム旅行中、食費は意識しておけばかなり抑えられることが分かっていただけたかと思います。続いて日用品。旅行中、急に必要になって買い物に出かけたり、お土産としてベトナム雑貨などを探しに出かけることもあるでしょう。

日用品はベトナム国内で作られているものは安く、輸入品は割高になっています。ベトナムらしさが欲しいお土産物などであればお安く購入できるので嬉しいですよね。ベトナム国内で作られているお菓子などは1つ20円くらいから購入可能です。

お水を例にとってみても、国内産ならペットボトル500ミリリットルで約4千ドンほど。約20円位で購入可能です。しかし、輸入品のお水になると値段が跳ね上がり、2万4千ドン、約120円くらいになります。日本とあまり変わらないか、ちょっと高いくらいですよね。日用品こそベトナム産のものを探すことをおすすめします。

ベトナムの交通費はどのくらい?

ベトナム旅行中にとても便利な足になってくれるのがタクシーです。日本ではタクシーに乗ると最低でも1000円くらいはかかってしまいますが、ベトナムは割安。積極的に活用しましょう。タクシー料金は10キロで高くても400円ほど。この価格なら一人旅でも十分に利用できますよね。

もうひとつ、目的地まで迷わず運んでくれるのがバイクタクシーです。バイクタクシーも使いこなすと便利なのですが、やはり言葉の壁が。英語はほとんど通じませんが、目的地を伝えて先に金額を表示してもらって利用しましょう。バイクタクシーを利用すれば10キロで150円ほどです。

街の中を網羅している市バスもとても便利で安いのですが乗車にはコツがあり、ベトナム語を話せないとなかなか難しいのが現実。ローカルな旅を楽しみたい、トラブルも旅行の1つと考えられる旅慣れた方にはおすすめです。約25円ほどで乗車可能ですよ。

ベトナムでの宿泊はどのくらいかかる?

次は観光客が利用するホテルの金額を見ていきましょう。ローカルの人々が使うことのないホテル、やはり観光客向けの値段なの?と気になるところですよね。ランクによって大きな差が出るホテルの価格を見ていきましょう。

ベトナムのホテルは安く抑えようと思えばなんと一泊1000円前後から見つけられます。1000円以下なんて泊まるのが怖い!と私達の感覚では思ってしまいますが、格安で設備も整っている掘り出し物ホテルも多いのがベトナム。防音設備などはないので音が気にならなければ1000円以下のホテルを選んでも良いでしょう。

高級と言われるランクの5つ星ホテルでも2万円も出せばかなり良いお部屋に宿泊できます。
以下、ホテルのランクと大体の相場を表にしてみました。費用を抑えて寝るだけにホテルに戻るも良し、格安でホテルライフを楽しむも良し。好みで選びましょう。

ホテルランクホーチミン日本円
高級五つ星ホテル(パークハイアットなど)2百万ドン〜

    6百万ドン

1万円〜3万円ほど
4つ星ホテル150万ドンくらいから6000円くらいから
3つ星ホテル40万ドン2000円〜
2つ星ホテル40万ドン2000円〜
1つ星ホテル30万ドン1800円〜
ゲストハウス・ドミトリー14万ドン700円〜

 

見ていただくと分かるように、1つ星ホテルから3つ星の間にはあまり価格差がありません。そのため、ベトナムのホテルを選ぶ時には3つ星クラスに宿泊するのがおすすめ。価格の割にお得感を味わえます。3つ星ともなるとプールが付いていたり、スパやレストランなどホテル内の施設も充実しているものが多く、サービスも洗練されているのでホテルでのんびり過ごしたい派の方もきっと満足します。



物価は安い!ベトナム旅行を楽しもう

2019年現在、ベトナムの物価は日本よりもはるかに安いと言えるでしょう。

私達日本人にとって、ベトナムは旅行しやすいと感じる国です。初めての海外旅行先としてもおすすめなベトナムへ出かける計画を立ててみましょう。

 

海外旅行用最強クレジットカード

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/