ゼロの多さに驚くベトナム通貨!!実はベトナム通貨は計算しやすい

グルメにショッピングに観光にと、どなたでも楽しめるベトナム。また物価も安いことからバックパッカーにも人気ですよね。

ベトナムに行ってまず驚くのが、通貨の桁の多さだと思います。両替すると一気にお金持ちになった気分になりがちですが…。一体日本円でいくらなのか計算が難しそうと思われる方!
そんな不安を解消しましょう。

ベトナムの通貨はVND(ドン)

まずベトナムの通貨の話からさせてもらいます。ベトナムの通貨はドンといい、表記はVNDになります。
どの紙幣にも、ベトナムの英雄ホー・チン・ミンさんの肖像画が載っているので、絵柄だけで判別するのは少し難しい!紙幣の色も似ているものもあります。そしてベトナム通貨には硬貨はほぼ流通していないので、硬貨に出会うことはないに等しいです。よって全て紙幣での利用と思ってください。。

ベトナム通貨は種類が多い

日本だと紙幣は3種類しかありませんよね?ベトナム通貨の紙幣は種類が多いことでも有名。
日本円は硬貨も合わせて7種類ですが、ベトナムにはこんなにも種類があります。

ベトナム通貨の紙幣
100200500
1,0005,000
10,00020,00050,000
100,000200,000500,000
1,000,000

なんと紙幣だけで12種類もあるんです。この種類の多さも苦手意識が出てくる要因の1つ。
紙幣の主流は10,000~200,000ドンですが、1,000ドンと5,000ドンもお釣りとしてもらうことがあります。
特に5,000ドン以下はうまく使い切るようにしてください。理由は次の項目で詳しく説明します。

ベトナム通貨で悩まされる桁数!でも計算はとても簡単

先ほどの表を見て頂いても分かるように、ベトナム通貨はとにかくゼロが多く桁数も多いのが特徴です。紙幣1枚で100,000ドンとか、ピンときませんよね?

一番簡単な方法はこれ!
ゼロ2つ取って÷2をすれば日本円に換算できます。例えば、10,000ドンであれば
10,000⇒100÷2=50円。なんと10,000ドンは日本円だと50円なんです。
大きな数字のため錯覚をしがちですが、実は50円玉と同じという…。逆に日本円がベトナム通貨だといくらになるのかなっという時は、×2にゼロを2つ足せばいいだけです。なのでベトナム通貨に両替をするとお札の量も増え、高額?紙幣をたくさんもらうことになります。

この÷2や×2を覚えておけば、ショッピングやレストランなどでも簡単に計算することが可能。暗算で出来る範囲だと思いますので、ベトナムでは計算機いらずですよ。

そして先ほどお伝えした5,000ドン以下は使い切るようにというのは、この計算をするとお分かりだと思いますが、25円以下の価値なんです。もちろん日本円に両替は出来ません。それなら使い切った方が良くないですか?

参考までに日本円に換算した時の金額を載せておきます。

ベトナムVND日本円
1001円以下
2001円以下
5002.5
1,0005
5,00025
10,00050
20,000100
50,000250
100,000500
200,0001000
500,0002500
1,000,0005000

ベトナムではこのような表記をされる場所もある

ベトナムの通貨はドン(VND)とお伝えしましたが、もう1つの表記があります。それは「đ」です。dの上に横棒が入ったベトナムのアルファベットですが、この1文字で表示されるお店もあります。
なので、お店によっては10,000VNDという表記があったり、10,000đという表示と入り混じっています。さらにもう1つ。「K」という表記もあります。これは桁数が多くなった数次に使うものですが、10,000ドンなら10Kと表示するお店も。
この「K」はゼロ3つの代わりとなる単位で、200,000ドンはら200K。レストランやお土産屋さんに多くみられる表示ですが、これも支払いの時に悩みそうですよね?でもゼロ3つの代わりの単位なので、単純に200にゼロ3つ加えればいいだけ。桁数は多いけどとても簡単ですよね。



ベトナム通貨は様々な場所でゼロが省略されている?!

桁数の多いベトナム通貨は、数えやすいよう、そして分かりやすいように色んな場面で省略されています。
レストランやショッピングなどはもちろんですが、旅行者が最も利用するタクシーもその1つ。メーターには下3桁のゼロは表示されません。つまり「K」と同じ表示方法ということ。
ベトナムで安心とされているマイリンタクシーやヴィナサンタクシーは、親切にも日本語でその説明書きが車内に貼ってあります。最初は戸惑うかもしれませんが、タクシーではゼロを3つ足すということを覚えておくと便利ですよ。

また100単位のドンはほぼ流通してないため、支払う時のお釣りで発生した場合は切り捨てされた金額でもらう場合が多いです。ちょっと得した気分になりますよね。



ベトナム通貨をお得に両替するには、貴金属店がベスト

ベトナム通貨の両替は必ずベトナムでするようにしてください。日本で両替するとレートがあまりにも悪いためかなり損をします。
同じ空港で両替するとしても、ベトナムの空港でした方が断然レートがいいです。
でももっとお得に両替したいという方には貴金属店をおすすめします。
主要な都市には貴金属を取り扱っているエリアがあります。そこで両替をするとかなりの高レートでベトナム通貨を受け取ることが可能。せっかくですから1枚でも多く紙幣をもらいたいですよね?

貴金属店の人は両替になれていますので、日本円紙幣を見せればすぐにいくらになるか分かっています。目の前で電卓をたたいていくらになるか提示。その金額で良ければ両替が成立するという形です。もっと親切な所はレシートがない分、メモ用紙にレートといくらになったかということを記入してくれます。

空港での両替は5,000円ぐらいに留めて、街中の貴金属店で両替をしてみましょう。



ベトナム通貨が心配な人でも大丈夫!クレジットカードが便利

計算しやすいとはいえ、心配な人も多いはずです。両替すると大量の紙幣を手にすることになりスリの原因ともなりかねません。そんな時こそクレジットカードがとても便利。
ベトナムでクレジットカードは使えるのか?と思われる方、実はベトナムではクレジットカードが使える場所が多いんです。屋台やローカル店ではまだ使えないこともありますが、観光客が行く場所はたいてい使えます。

そして桁数が多い分、お釣りを間違えられることもあるんです。特に日本人がよくする支払い方法。例えば日本円で3,150円だったものを5,150円提出して2,000円をお釣りでもらう方法ですが、この端数を出す方法があまり主流でなく引き算が苦手な人も多いのです。ここでお釣りの間違いが発生します。受け取った私たちも、一瞬桁数が多いため合っていると思いがちですが実際にはお釣りが足りていなかったということも。
こういったトラブルを避けるためにもクレジットカードで支払った方が有能でもあるんです。

また両替の手数料のことも考えれば、クレジットカードを利用した方が断然お得。

海外旅行用最強クレジットカード

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

 

まとめ

ベトナム通貨はとても計算しやすいので、どんどん実践していってもらえると嬉しいです。また豆知識ですが、ベトナム通貨は紙幣がほとんどなのでマネークリップを持っていくと便利ですよ。

それではベトナムライフを満喫してください。