ベトナムの公衆トイレは有料?!ベトナムのトイレ事情を詳しく知りたい

日本のトイレ事情は世界一といっても過言ではありませんよね。公衆トイレも無料、レストランやカフェなどで借りる時も無料。コンビニもトイレだけ借りても何も言われません。
これだけ恵まれた環境にいると、外国のトイレ事情って気になりませんか?特に東南アジアのトイレは清潔でないというイメージが強い人も多いはず。

今回は目覚ましい発展を遂げているベトナムのトイレ事情を分かりやすく解説していきます。ベトナムではお金が必要かもしれませんよ?
日本とは少しシステムも違ってきますので注意してください。

日本とは違うベトナムのトイレ!大きく分けて2パターンあるベトナムのトイレ方式

近年は女子旅にも大人気なベトナム。観光をする時に一番困るのがトイレ事情ですよね。
一体ベトナムのトイレはどんなタイプなのでしょうか?

日本人も安心な洋式タイプのベトナムのトイレ

最近主流になりつつある洋式タイプのトイレがベトナムにも普及しています。観光客が泊まるホテルやレストランなどは、基本的には洋式タイプと思ってもらって大丈夫。
洋式タイプでも、便座の形が日本のような楕円形のタイプや、高級ホテルなどで見られる四角いタイプもあります。

洋式タイプですがベトナム特有のトイレ事情が備わっています。
まず、トイレを流す場合はタンク上部になるボタンを押して流します。大小のボタンがあると思いますが、これは日本と同じ「大」「小」を指しますのでボタンの大きさで判断。

次にシャワーのようなホースも一緒に付いています。
これは日本で言うウォシュレットのようなもの。ウォシュレット感覚で使ってもらいますが、水の勢いが激しいので日本の水量とは違います。下から直接当てると大変なことになりますので、前方から斜め下に向けて使えば問題ありません。
また、トイレを流しただけでは落ちない汚れも、このシャワーで落とす役目も持っています。

このベトナム式のウォシュレット、実はこの文化は日本のウォシュレットよりも前からあったのはご存知ですか?

ベトナムにも和式タイプのトイレがある

実はベトナムにも和式タイプのトイレがあります。ただし水洗ではありません。和式タイプのトイレには横に水が入ったバケツと杓子が添えつけられています。
用を足したら、その水で便器を洗い流すタイプ。

和式タイプが多いのはローカル店やスーパーなど地元の人が多く行く場所にあります。通常の観光であればあまり出会う機会は少ないと思いますよ。

ベトナムの公衆トイレは有料が基本

まず覚えておいてもらいたいのが、基本ベースとしてベトナムの公衆トイレは有料だということ。博物館や施設内にあるトイレは無料で使えますが、街中に突如現れる公衆トイレのほとんどは有料です。
利用料としては3,000VND前後(約15円)と高くはありませんのでご心配なく。

また公衆トイレに限らず、レストランやカフェでも同じことが言えます。
トイレは貸してもらえますが、そのまま退店するのはマナー違反。ドリンク1杯でもいいので、お店の商品を注文するようにしてください。
急いでいるなどで注文出来ない場合は、トイレの利用料として3,000VNDほど店員に渡せば問題ありません。

トイレを使うだけでお金を払うのかと日本に住んでると驚きますが、海外ではよくあることです。それだけ日本が恵まれているということですね。

公衆トイレの使い方

それでは公衆トイレの使い方をご説明します。

  1. 公衆トイレの入り口にいる係の人(もしくは添え付けのBOX)に料金を渡す
  2. トイレットペーパーはないため係の人からもらう

以上、これだけです。トイレットペーパーがもらえない場合も考慮して、あらかじめティッシュペーパーなど持っておくことをおすすめします。

公衆トイレは洋式タイプが多いですが、直接便座に座るのは躊躇するもの。そんな時のために携帯用の除菌シートもあると便利ですよ。

リゾート地として名高いベトナム・ダナンはトイレが無料開放?!

リゾート地として力を入れているダナンは、観光業に力を入れています。現在ビーチ沿いに公衆トイレがありますが、こちらは有料。
ただし、より多くの観光客を見越して無料でトイレを利用できる場所を順次開放しています。これは公衆トイレではなく観光客が多く集まるレストランやカフェが、トイレだけ借りてもお金を取らないシステムを取っているということ。

日本と同じシステムがこのダナンでも行われているため、トイレ事情は一番優しい都市かもしれませんね。

一番の心配!ベトナムのトイレは清潔なのか?

さて、誰もが一番心配なベトナムのトイレの清潔度。清潔で安心して利用できる場所として

  • ホテルのトイレ
  • ショッピングモールのトイレ
  • スパ

は、ほぼ日本と同じレベルとなります。
ホテルも中級クラス以上であれば全く気にすることはありません。
またショッピングモールですが、ベトナムにあるショッピングモールはどれも新しいものばかり。なのでトイレも清潔で清掃も行き届いています。

最近ではおしゃれなカフェも多くなったため、そのようなお店であれば不快な思いをすることはないでしょう。

逆に清潔でない場所も多々あります。
先ほどお伝えした公衆トイレも、ダナンビーチ沿いの公衆トイレは清潔とは言いがたいのが現状。お金を払う=清潔という方式には結び付きません。
またローカル店や地元のスーパーは、地元の人が利用する場所。ベトナム人はトイレを綺麗に使えないので必然的に汚くなります。便座があってもその上に立って中腰になって用を足すため、便座がないトイレもよくみかけます。

ガマン出来るのであれば、退店後にショッピングモールなどを利用した方が良さそうですよ。

ベトナムのトイレのトイレットペーパーは日本よりも厚い!

トイレットペーパーも日本製は最強ですよね。
ベトナムのトイレットペーパーは、日本製よりももっと暑いタイプになります。ただし紙質は日本のものより固めとなっています。心配な方は日本から持っていた方がいいかもしれません。

1ロールそのまま持っていくと場所を取りますので、中の芯だけ潰した形で持っていけば荷物も気になりませんのでおすすめです。実は携帯用としての持ち運びにも便利なんですよ。

ベトナムでトイレットペーパーを使う時の注意点

ここでトイレットペーパーを使う時の注意点があります。これはベトナム方式なのでよく覚えておきましょう。

まずベトナムの下水処理能力はまだまだです。よってトイレットペーパーはトイレに流さないようになっています。使い終わったトイレットペーパーは大きめのダストボックスが備え付けられていますので、そちらに捨てて下さい。
これは下水処理能力以外に、トイレットペーパーの紙質にも原因があります。
日本のトイレットペーパーは水に溶けるタイプなため、詰まりの原因として考える必要はありませんが、ベトナムのトイレットペーパーは水に溶けるタイプではないんです。溶けないまま下水され、さらに下水処理能力が不十分とくれば間違いなく詰まりますよね。

また女性の方はサニタリーボックスはありませんので、同じくダストボックスのゴミ箱に一緒に捨てて下さい。

まとめ

ベトナムの主要な都市を訪れるのであれば、神経質にならず使うことは可能といえます。ただしホテルやショッピングモール以外でトイレを借りる場合は「お金を支払う」ということは忘れないでおきましょう。
チップと思ってもいいかもしれませんね。トイレを借りたお礼を支払うと思えば、いやな気持になりませんよ。

カテゴリー