ブータンで1番お得な方法な両替方法2020年版|ブータンの両替事情

ブータンで買い物をするには、あらかじめ両替所で現地通貨を両替する必要があります。

しかし、現金を両替すれば、どうしても手数料が発生します。

両替所を利用する際、こんなことを感じたことはありませんか?

・両替するたびに、多くの手数料をとられるのは、嫌だ・・・。

・お金を両替するのが、あまりにもめんどくさい・・・。

・海外旅行時に、一番お得な両替方法があるなら知りたい・・・。

もし、上記のようなことを感じているのであれば、ブータン旅行の両替時に損をしないためにも、一番お得な両替方法を知っておきましょう。

今回は、はじめてのブータン旅行者に向けて、わかりやすく両替方法をご紹介します。

 

ブータンでのお金のやりくりは両替orカード

ブータン旅行中に使用する現地通貨の調達方法は、主に下記の2通りです。

 

・ブータンの両替所で現金を両替する方法

・クレジットカードで決済する方法

 

ブータン旅行者の多くは、上記の方法を上手く利用しながらブータンの通貨を調達し、ショッピングを楽しんでいます。

ここでは、両替とクレジットカードどちらの方がお得なのか、メリット・デメリットを比較していきます。

両替所で現金を両替するメリット・デメリット

ブータン旅行に行くなら通貨を両替しなくちゃ!と感じるのが一般的ではないでしょうか。

しかし、ブータン旅行時にブータンの通貨に現金を両替する行為は、メリットばかりではありません。

実はデメリットのほうが多かったりもします。

ここでは、メリットとデメリットを比較してみたいと思います。

 

両替時に現金を使用するメリット

  • どんな場所でもスムーズに支払える。
  • ウェイターやウェイトレスに対して、チップの支払いが素早くできる。
  • 不意なトラブルによって、カード利用が全停止しても対応できる。

 

両替時に現金を使用するデメリット

  • 現金を両替するたびに、手数料を支払わなければいけない。(3〜10%)
  • 現地住民によって盗難されると戻ってこない。
  • 自分自身の不注意によって紛失した場合も戻ってこない。
  • 両替した金額以上に、大きな出費が発生した場合対応できず金欠になる。

 

このように、現金を両替するメリットもありますが、両替所で現地通貨に変えることで手数料が発生するためあまりおすすめできません。

また、不意に盗難などの被害にあっても、ほとんどの場合、回収する術がないため、諦めるしか選択肢がありません。


クレジットカード決済を利用するメリット・デメリット

現金を両替するのが面倒だという方は、クレジットカード決済orクレジットカードのキャッシングサービスの利用がおすすめです。

実際に、ブータン旅行時にクレジットカード決済を利用するメリットとデメリットは、下記の通りです。

 

クレジットカードで決済するメリット

  • 多額の現金を持ち歩く必要がない。
  • 近場のATMを利用すれば、すぐに現地通貨を引き出せる。
  • 盗難の被害に遭っても、カードをすぐに停止できる。
  • 盗難によって第3者に不正利用されても、補償されることがある。
  • 両替額を気にすることなく、買い物ができる。
  • 手数料が安い(1.63%)
  • (おまけ)ブータン旅行中に空港ラウンジが無料で利用できるものもある。

 

クレジットカードで決済するデメリット

  • 感謝の気持ちを表す、チップが現金で支払えない。
  • 必ずしも使えるとは限らない。

 

このように、クレジットカードのキャッシングサービスを利用すれば、現金で両替する必要がないため、ショッピング時に非常に便利です。

クレジットカード決済時かかる手数料は1.63%なので10万円使っても手数料は1,630円です。

両替の場合は手数料が3〜10%なので同じ10万円を使うにしても手数料が3000円〜1万円かかります。

クレジットカードの手数料がどれだけ優れているかおわかりいただけたでしょうか。

また、海外旅行保険が付帯しているカードを作れば海外旅行保険代も浮くことになるのでかなりの金額得することができます。


ブータンの両替まとめ

屋台とかカードが使えないところもありますが、そういう場所以外はクレジットカードで決済して両替を最小限にして手数料を損しないようにしましょう。

海外旅行保険付きのカードであればさらに節約効果アップなのでおすすめ!

ブータンに最も適したクレジットカード

海外旅行保険代を無料にするコスパ最強カード

エポスカード

クレジットカードは海外旅行の必需品とはいっても、どのクレジットカードを作ると得するのかわからないという人も多いのではないでしょうか。

そんな方に胸を張っておすすめできるのが、百貨店マルイが発行しているエポスカードです。雑誌やトラベルブロガーに海外旅行用コスパ最強カードとして頻繁に取り上げられています。

海外旅行に行く際は海外旅行保険に加入する必要があることは理解しているけど、実際お世話になることはないと思いながら海外旅行保険代として渋々5,000円程度払っていませんか?

また、持っているカードに海外旅行保険について記載があったとしても、旅費をそのカードで決済した場合に限るといったややこしい条件がついていて、海外旅行保険が適応されているのか不安に思う場合もありますよね。

エポスカード年会費が永年無料であるにも関わらず、海外旅行保険(三井住友海上火災保険提携)が無条件・無料で付帯しているのでカードを作ってしまえば、カードを使う使わないに関わらず、これらの悩みを今後将来に渡って解決してくれます。

年会費無料のカードで海外旅行保険が自動付帯しているものはほぼなく、下記のメリットもあるので、エポスカードは海外旅行に最適かつ国内でも使えるコスパ最強カードと言われています。

  • 海外で一番普及しているVISAブランド
  • 即日発行可能(ネット申し込み→店舗受け取り)
  • 今なら2000円分のポイントが貰える
  • デザインがスタイリッシュ
  • 継続利用でゴールドカードの年会費が無料になる可能性あり

クレジットカード選びや海外旅行保険選びのために時間を毎回使い続けるのをやめるために、年会費無料のエポスカードをサクッと5分で作りましょう。

\今なら2000円分ポイントもらえる/

コラム:ブータンに関する両替情報

ブータンで両替可能な場所とレートが良いところは体臭料理店です。
食堂の場合、個人店なのでそこまで大々的な売り上げがなく両替できないところが至る所にあります。
ブータンの国民性として観光客に優しい人が大多数で、何とかして両替に協力したいと考えているのですが、その良心的な気持ちとは別に現実的に貨幣や紙幣がなければ意味がありません。
少しでも彼らの気持ちに残念だという印象を与えないよう両替を依頼する場所を間違えないようにしましょう。
高級料理店でも確かに両替は出来ますが、豪華な料理をコースで頼まないと両替だけ行ってもらうのは虫が良すぎます。
周りの目もそれまで好印象を抱いていた外国人に対してお金にがめつい人という印象を抱くことになり、その後の旅がしづらくなるので非常に危険です。
あらかじめツアーガイドに確認して大衆食堂であることを確認しましょう。
大衆であることのもう一つの利点として店側が十分交換できなくても多く集まっているお客さんとの交換が出来る可能性があります。
ブータンには近年観光客が激増しているので、他の日本人がたまたま食事に来ているケースが少なくないのです。
交換レートもお互いの財布事情を察して決めてくれるので安心です。

海外旅行保険代を無料にするコスパ最強カード

エポスカード

クレジットカードは海外旅行の必需品とはいっても、どのクレジットカードを作ると得するのかわからないという人も多いのではないでしょうか。

そんな方に胸を張っておすすめできるのが、百貨店マルイが発行しているエポスカードです。雑誌やトラベルブロガーに海外旅行用コスパ最強カードとして頻繁に取り上げられています。

海外旅行に行く際は海外旅行保険に加入する必要があることは理解しているけど、実際お世話になることはないと思いながら海外旅行保険代として渋々5,000円程度払っていませんか?

また、持っているカードに海外旅行保険について記載があったとしても、旅費をそのカードで決済した場合に限るといったややこしい条件がついていて、海外旅行保険が適応されているのか不安に思う場合もありますよね。

エポスカード年会費が永年無料であるにも関わらず、海外旅行保険(三井住友海上火災保険提携)が無条件・無料で付帯しているのでカードを作ってしまえば、カードを使う使わないに関わらず、これらの悩みを今後将来に渡って解決してくれます。

年会費無料のカードで海外旅行保険が自動付帯しているものはほぼなく、下記のメリットもあるので、エポスカードは海外旅行に最適かつ国内でも使えるコスパ最強カードと言われています。

  • 海外で一番普及しているVISAブランド
  • 即日発行可能(ネット申し込み→店舗受け取り)
  • 今なら2000円分のポイントが貰える
  • デザインがスタイリッシュ
  • 継続利用でゴールドカードの年会費が無料になる可能性あり

クレジットカード選びや海外旅行保険選びのために時間を毎回使い続けるのをやめるために、年会費無料のエポスカードをサクッと5分で作りましょう。

\今なら2000円分ポイントもらえる/

その他持ち物は、ブータン の持ち物をご確認ください。

カテゴリー