アンデルセン公園で便利な持ち物、持ち込み禁止の持ち物をご紹介!

千葉県船橋市にあるアンデルセン公園は広大な敷地が5つのゾーンで構成されていて、親子連れに人気の公園となっています。ゾーンはそれぞれ「ワンパク王国ゾーン」、「メルヘンの丘ゾーン」、「子ども美術館ゾーン」、「自然体験ゾーン」、「花の城ゾーン」です。

迷子センターや授乳室が完備されているので、子どもを連れて訪れやすい人気の施設となっています。実際に、トリップアドバイザーの「世界の人気観光スポットテーマパーク部門」ではUSJを抜いて日本で3位に選ばれました。1、2位は東京ディズニーランドとディズニーシーです。

アンデルセン公園を訪れる際にあると便利な持ち物や持ち込み禁止のものについてご紹介します。

アンデルセン公園に持っていくべき持ち物とは

 

アンデルセン公園は東京ドーム8個分の敷地面積があるので一日中外遊びを楽しむことができます。忘れ物があると後悔することになるためしっかり持っていくべきものを確認しておきましょう。

あると便利なもの、反対に持ち込みが禁止されているものを詳しく見ていきます。

アンデルセン公園で便利な持ち物

instagram-image

m.tsukurioki

・飲み物
・お菓子
・お弁当
・クーラーボックス
・絆創膏
・虫よけスプレー
・子どもの着替え

公園内にはレストランや売店がありますが、土日や大型連休中は多くの家族が訪れるため大変混雑します。行列に並ぶと時間がかかり子どもがクズる可能性が大きくなるので飲み物やお菓子、お弁当は持参した方が良いでしょう。夏場は傷んでしまうのを避けるためクーラーボックスに入れておくと安心です。

公園に入る前にコンビニやスーパーで購入しようと考えている場合は、なるべく自宅近くで購入しておくことをおすすめします。アンデルセン公園付近は道が狭く、コンビニもあまりありません。慣れない道で迷子になるくらいならあらかじめ用意しておいた方が良いのです。

子どもと一緒に訪れるのならば絆創膏を準備しておきましょう。アスレチックや散策路で滑ったり転んだりして怪我をする危険性があるためで、絆創膏があれば怪我にすぐ対応できます。

夏に訪れるのなら虫よけスプレーと子どもの着替えは必須です。園内には噴水や池があるので夏の暑い日に訪れれば子どもが水でびしょびしょになるのは容易に想像できます。もし水で濡れなくても汗で洋服が濡れてしまうことが考えられるので着替えはあると便利といえます。

アンデルセン公園で持ち込み禁止の持ち物

instagram-image

nutsumama

アンデルセン公園には持ち込みが禁止されているものがあります。

・テント(幅2.2m以上、奥行2.2m以上、高さ1.5m以上)
・ローラースケート
・自転車
・一輪車
・三輪車
・金属、木製バット
・スケートボード
・キックボード

アンデルセン公園は広いので、ローラースケートなどで遊びたくなってしまいますが持ち込みが禁止されています。子ども同士でぶつかってトラブルになる可能性も考えられるため、禁止されているものは持ち込まないようにしましょう。

テントは幅2.2m以上、奥行2.2m以上、高さ1.5m以上を超えない大きさであれば持ち込み可能です。ただし金属製の支柱で建てるものやロープを張って固定するものは対象外です。テントがあれば夏は日よけ、冬は寒さをしのぐために利用できるので持っていくことをおすすめします。ただし貴重品をテントに置いたままにしないよう気を付けてください。

アンデルセン公園に必要な持ち物

instagram-image

kon.builsuppo

アンデルセン公園に持っていくと便利な持ち物についてはご紹介しましたが、必ず持っていくべき持ち物についてもご紹介します。

・お財布
・スマホ
・タオル
・ティッシュ

お財布とスマホは必須アイテムです。アンデルセン公園は大人900円・高校生600円・小中学生200円・幼児(4歳以上)100円の入場料がかかります。前売り券を購入すると10%引きの値段になるので、公園に行くことが決定したらあらかじめ券を買っておいた方がお得です。

園内ではクレジットカードが使用できないため注意してください。ただしクレジットカードはおでかけに必ず持っていくべき持ち物です。道中コンビニやスーパーで買い物する可能性は十分に考えられますし、出かけるときは荷物が少ない方が良いためお財布には必要最小限のお金とクレジットカードを入れておきましょう。

タオルは汚れた手を拭いたり汗をふいたりするときに使えます。ティッシュも同様に、汚れをふき取ることができるのでカバンに忍ばせておくべきでしょう。

まとめ

instagram-image

kokoro__e

デンマークをイメージしたアンデルセン公園は大人も子どもも楽しめる場所です。夏は水遊び、冬はイルミネーションのイベントが開催されるのでイベントに合わせて訪れると、より公園を満喫できます。

近くにコンビニが少ないため出かける前に持ち物を確認して忘れ物のないようにしましょう。事前にしっかり確認しておけば思いっきりアンデルセン公園を楽しめます。可能であれば前売り券を購入しておき、お得に公園を利用してください。

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

26歳未満の人にとっての海外旅行用のカードはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード一択です。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは通常年会費が3,000円(税抜)かかりますが、26歳未満の人は26歳になるまで年会費が無料で、有料会員と同じ特典を受けれます。

特に海外旅行保険は手厚く、補償額は年会費無料のカードの5〜6倍にもなります。(傷害死亡・後遺障害で比較)

その他にも26歳未満であれば年会費無料でゴールドカードクラスの特典を多数受けられますので詳しくはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイトをご確認ください。